アラフォー独身女子の心と体をほぐすブログ:ふくログ

30代で離婚。おひとりさまになって仕事や将来の幸せを考えすぎて疲れそうだ | 35歳プレ更年期をセラピストとゆるりと迎えましょう

ひとりきりの暮らし方

マイナンバーでカードの申請を忘れているんだけど。作らないわけじゃないのよ

突然でもないですが、マイナンバー、使っていますか?

 

2016年から、各企業さんでもマイナンバーの回収が始まりましたね。

私も派遣会社から、マイナンバーを提出するように言われました。

 

その方法が

スマートフォンのアプリで、あなたのナンバーを撮って送信するだけ!

 

なんと1分で終わった!

 

なにか、怪しい商法のように思えるけれど、これが現代のやり方なんですね。
もちろん、撮影して送信しました。
この送信にhttps(暗号通信)は使われているだろうかと、訝しげにならずにいられません。

スポンサーリンク



マイナンバーが届いてから、何もしていない

皆さんのお手元に、マイナンバーのお知らせが届いたのはいつですか?

 

私は、

2015年の12月ごろに届いたところまでは覚えているんです。

もちろん、封も開けて番号を確認したところまでは覚えているんです。

好きなアイドルの誕生日すら入ってない数字にへこんだのも覚えているんです

 

 

それから、

 

それから、

 

引き出しにしまい込んだまま。ろくに説明も読まなかった人がここにいます!

友達から医療の時に必要だよ!と言われて思い出す

以前、お勤めしていた職場で、ご懐妊した友達が

「マイナンバーを提出できないと、今は母子手帳がもらえないんですよ!診察してくれても、その先がないんですよー!」

と力説したときに、ふと思い出しました。

 

しかも、母子手帳の時は、マイナンバーと身分証明書の2つが必要なんですよ!

まぁ、私にはしばらく関係のない話ですが……

 

住基カードも作らずにいたら、しょっちゅう市役所行って面倒だったなぁ~と思い、もう一度封筒を見てみました。

カードを申請したいが、市役所に行ってもムダ?!

派遣会社へのナンバー登録もあって、再び封筒をみることに。

カードの作成には、郵送が便利そうです。というか、郵送かインターネットしかない。

あれ? これって市役所で申し込みをして、受け取るんじゃないの?

 

保険証や、免許証と勘違いしている私。

日本の制度は面倒くさい

自宅にマイナンバーのお知らせが届く(昨年)

書面でカード欲しいよの申請(県外の別の企業)

カードを作ってもいいよ!
「個人番号カード交付申請書」が自宅へ届く(まだカードはない)

市役所や区役所で交付をする(なんと予約制!)

数週間経つとカードが手元に届く

ミッションコンプリート!

私は、まだ上から2番目で止まっています。
周りの友達でも、カードを作った人はまだいません。身分証明書もあるし、保険証もあるから困っていないのだそう。

財布の中がカード地獄になりつつあるから、増やすのは嫌だな。

スポンサーリンク



申請してから手元に来るまでに1カ月はかかるみたい

aa3149a0efc445735f9f85fa6236b8af_s

気になるのは「カード作るね!」の案内がきた後に、市役所に単身乗り込んでみても、カードが発行してもらえないということ!

 

なんで?

 

作るよって申請しているんだから、市役所にカード来ているんじゃないの?

首都圏のほとんどが「事前予約制」でマイナンバー用の臨時窓口を設けているようです。
先で書きますが、申請方法がパソコンやスマートフォンのオンラインで申込ができるため、820万件の申し込みが行われているそうです(2016年2月9日現在)

2016年3月末で1000万枚を配布予定でしたが、予想を上回る申し込み状況に、急きょ配布予算を広げたようです。

あなたの住む場所は、予約制かもしれません!

調べておきましょうね!

マイナンバー総合サイト
https://www.kojinbango-card.go.jp/tsuchicard/jokyo.html

申請はオンラインが便利

カードの申請には、証明写真が必要になります。

無料で作れるのに、証明写真を撮ったらお金がかかるじゃんか!

 

そんな人は、スマートフォンで「自撮り」をして申請することも可能です。
背景は無地とか、笑顔がダメとか条件はあるようですが、若い人なら自撮りでも可能かもしれませんね。

申請方法

①郵送

切っても不要なので簡単。しかし写真を用意するのが手間。

②スマートフォン

自撮りが可能なら(自信があるなら)やる価値があります。

③パソコン

入力がしやすい。顔写真はデジカメの写真をパソコンから送信可能

④証明写真機  ←なななんとー!

証明写真の機械で、申請できる場所もあるということ!

シミとか、シワの補正もきちんとしてくれそうなので、証明写真の機会を探す旅にはこちらのリンクをクリックしましょう!

印刷業界の最大手!大日本プリンティング(以下DNP)が開発している、証明写真機「Ki-Re-i」にて撮影が可能です。

こちらのページの真ん中ほどに、全国の設置場所の検索が可能です。
http://www.dnpphoto.jp/products/kirei/mynumber/

おわりに

おひとり女子なので、国がタダでやってあげるよ~なことは極力参加してみようと思います。

近頃は、大きな法改正や、マイナンバーのような新しい国のサービスが実施されると、地方自治体で講習会がたくさん開かれるのをご存知ですか?

無料で1時間ほどの講座らしいですが、話題が鎮静化すると無くなってしまうのが難点。

マイナンバーの仕組みを忘れたアラフォーのための講座もやってほしいです

カードがあることで、住民票や戸籍謄本など、いつ結婚を迫られても夜中でも戸籍がとれるようにカードだけは準備しておこうとおもいます。(きっとこない~)

そういえば、結婚していたときに印鑑証明を作っちゃって、いざ要らないってなったら「ハサミでカード切り刻んで捨ててくださいね」と窓口で言われました。
こ、こわいな~。

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

Twitter で

ここを読んだ人はおいしいぞ!



独身でアラフォー
バツイチでもちょっとだけ
楽しく日々を楽しめている
ゆたんぽせらぴすとの

ブログでは書けない!?

リアルなあんな話を
メルマガのみで配信中

-ひとりきりの暮らし方
-, ,