おひとりさま練習帖:アラフォー独身で将来が不安なままでもいいと生きていくブログ

離婚した最低人生にリセット!アラフォー独身でアニオタのゆたんぽせらぴすとが転職と仕事にたった一人で悩むおひとり女性の心と体を一緒にほぐします

35歳の仕事・転職

職場の人間関係=友達?周りに合わせない「時間制」の付き合い方でストレスフリーな仕事をしたいものです

こんにちわ。

 

おひとり女子のゆたんぽせらぴすと、イクミです!

 

職場や、友達に悩み事って相談しますか?

 

先日、「I♡ME プロジェクト」の打ち合わせをしていたら、こんな会話がありました。

「こういう話って、話す相手を選ぶよねー」

悩みというよりも、何気ない会話でもあったけれど、意外と私たちって話す相手を「自然と」選ぶ傾向があると思ったのです。

 

でも、選べない場合もある。

それが、仕事での付き合いだったり、面倒な女子会のメンバーだったり、相手から「話を引き出されてしまう」こともあるから怖い。

 

そういうとき、ついつい・・・まじめに、自分の答えを言ってしまい「えー」と言われて凹む・・・

 

だって、あなたが「○○さんの仕事、遅くない?」って言うから「そうですねぇ」なんて話したら逆切れされたり。なんなのよーと、神経を無駄に減らして気落ちする人に、今回の記事を送ります!

スポンサーリンク



マジメな人ほど人間関係に悩みすぎる

おひとり女子って、両極にいるような気がします。

「コツコツまじめに物事をとらえてしまう」人

「一線を越えて、べっつにーと自分の世界を持てる」人

 

前者の方が圧倒的に多いですね。後者は、どこかで「自分の強みに気付けた」り「将来が描けている人」に多かったりです。結構これは難しい。私も、両手を上げて前者の頃がありました。

今は、割と「そういう考えもあるよね~ふふふん」って考えています。

 

全員に100%の愛情は注げない

話しかけてくれる人、全員に100%の付き合い方ってとっても疲れます。

よくあることが、職場の人間関係を、友人と同じように接している人。

 

悩みも全力で話しちゃうし(聞いちゃうし)

昨日のテレビの話題が出たら全力で回答する(しかもチェックしまくる)

 

実は、友人と同じような感覚で接している人、多いのです。

今は、SNSのツールも充実しているので、どこにいても会社のメンバーから「何してるの?」なんて連絡が入って、うっとおしい。自分の1人呑みの時間を大事にしたい人にとっては、邪魔者でしかないわけです。

でもね、律儀に返しちゃうのよね。寂しいのもあって。

 

んで、気付かないうちにストレスフルパワーで、辛くなっているのです。

職場は職場の関係。友人は友人。自分の中の割り切りが、あなたを変えていくのです。

その人に好かれたい!気に入られたい!そんな願望が深いところにあることが多いのが特徴。

ある特定の人が嫌い、苦手だ。怖い。そう思ったら「その人にどう思われたいか?」と問いかけてみてください。

怖いあの人、私のことが嫌いなんだろうな・・・でも、認めてほしい!本当の私はそんなんじゃない!と思う、勇敢なココロがあるなら、しっかりと立ち向かう準備が必要。

私のことが嫌いか・・・嫌われたままでも、特に問題ないなーと思ったら、荷物を降ろして付き合い方を考えていきたいですね。

スポンサーリンク



 

24時間一緒にいるわけじゃない

Unsplash / Pixabay

 

「○○さんがイヤだ」

「一緒にフロアにいるのも息がつまる」

新入社員の人から、こんな相談を持ち掛けられたことがありました。どうやら、意見が合わないらしく、自分のことを分かってもらえなくて、歯がゆくなっているようです。

でも、社員同士。イヤだと言っても仕事はしなくてはいけません。

 

そのときに、私がかけた言葉はこんな感じ。

「じゃあ、1日24時間じゃない? 一緒に居たくない○○さんと、どのくらい一緒にいるの?

「・・・朝8時からだから、10時間くらい? あ、でも嫌いだから、実際は2時間も一緒にいないかも」

 

そうなのです。ここ、ちょっと考えてみましょう。

1日24時間あって、そのうちの10時間ってちょっと多く感じます。

でも、嫌いだから実際には、隣同士で仕事するのは、たったの2時間。

 

24時間のうち2時間てどう? 他は●●さんの自由な時間じゃない?」

「案外短い・・・」

 

しかし、ここで思い出してほしいのは、嫌いな気持ちが話しているとき、考えているときは心の120%を占めているということ。

会社で仕事をしている10時間は嫌いな人のことを考えているんです。

その時間、もったいないと思いませんか?

嫌いな人との解決しない関係を考えているより、好きな人(職場のカッコいい人とか)をどうやってランチに誘うかとか、寄り道のお店とか、飲み屋のこととか考えている方が、良くない?

 

私はそんな風に、悩める新入社員さんに話したところ

「確かにそうですよねー。考えても嫌いなものは変わらないし! もったいない時間でしたよ!」

と、とりあえずその場はおさまりました。

 

好きな人はたくさん、苦手な人はちょっとだけの配分

最初は、きっと「苦手」「嫌い」「好き」の順序が分からないです。

私も、職場で仲良くしてくれるひとは全部「友達」だと思ってましたから。でも、裏切られrたり、一緒に居ても仲良くなれそうな雰囲気がなかったりしたら、無理に合わせる必要はないと思います。

 

50人のいいね!がつくよりも、たった一人に悩みを打ち明けられれば、ちょっとだけ前に進めると私は思っています。

もちろん、悩みを逆手にとって説教してくる人はダメですよ!

 

おわりに

私も、八方美人なところがあって、嫌いな人にも100%の対応をしてしまいます。どこかで好かれたい、そんな気持ちがあるのかもしれません。

どこかで、これは疲れるな・・・と感じたら、一歩引いて「どんな仕事仲間でいたいのか」と考えるようにしています。

 

タッグを組んでビジネスをするなら、自分も多少頑張らなくてはいけないけれど、遠くのデスクの人なら別にいっかーと思えてきます。悟り、なのかもしれません。

職場の人間関係を、ちょっと見直してみたいけど、どこから手を付けて良いかわからない!と思ったら、ぜひ無料メルマガに登録してみてください。

・人間関係の棚卸しができる、対面セッション

・悩みがふわっと軽くなるようなお茶会 などの先行予約もやっています(ブログだと情報がちょっぴり遅いので、メルマガが一番ですよ)

ぜひ、登録してみてくださいね(今なら無料手書きマガジンをプレゼント)

登録ページはこちら!

 

ではでは! 今日もありがとうございましたー!

スポンサーリンク



ひとりじゃないメールマガジン



アラフォーで独身で・・・

たったそれだけなのに、なんで転職も将来もダメだって決めつけてるのー!!


分かっているけど
ダメだったら・・・って気持ちが大きくなちゃうあなたが、

「こんな私でも、転職できるかも」

と勇気を出せる電子書籍をつくりました。

動けない私を変える4つのひみつを読んでみる

-35歳の仕事・転職
-, , ,