35歳の仕事・転職

怒ることは仕事なの?もっと他にやるべきことがあるよね?

こんにちわん。通りすがりの凡才iuminです。

 

 

アナタは人を呼ぶときに、真剣に言ったことがありますか?

 

バカ!

 

お前!!!

 

 

真剣と書いてマジにです。 冗談じゃないですよ?

冗談との境目はどこかって? うむ~、声の出し方とか。表情とか。あとで笑ってないとか。

 

なぜに急にこんな話をしているのか、それは腹が立つからです。

 

私が経験して、ムカムカしてたまらないのです。

今日は、そんなちょっと明るくない話です。

 

そんな話ならいいわ~って方は本日スルーしてくださいね。

 

スポンサーリンク



言葉は暴力とはよく言ったもの

「お前さー、こんなんで月末処理できると思ってんのかよ! バカ! 死ね!」

 

電話口で上司が放った言葉。しかも何回も。

私も社会人になって5回の転職をしていますが、こんな発言はじめて聞きました。

しかも、女性(でお子さんもいらっしゃる)

うーーーーーん。これを聞いて、自分を顧みてください。

どうですか? 後輩に対して、これほどの言葉を言ったことはありませんか?

言っちゃったわ~(汗)って思ったら、ちょっと立ち止まってみましょう。

 

まずは、発言するTPOを考える

私は、バカとか発言することには異論はありません。

もちろん、怒るときは言いますけど、1年に数回あるかないかだし。

もー、ばっかじゃ~~~ん、たまに言います。テレビに向かって……一人で……鉄腕ダッシュで……(TOKIOはファンクラブに入るほど好きです)

 

まず、その暴力的な発言をするときにTPOを考えてほしい。

TPO、TPOって何でしょう。覚えていますか?

次の3つからお選びください!

① 東京フィルハーモニー交響楽団(Tokyo Philharmonic Orchestra)の略

② Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語

③ テラヘルツ波パラメトリック発振器(THz-wave Parametric Oscillator)の略

はーーーーい!

 

答えは……②!

 

 

当たり前ですね!怒らないでください!

ちょっと面白かったので書いてみました。ごめんごめん。

 

TPOは、時間、場所、場合。この3つで成り立っているんですね。

本気で、バカ!とかお前できねえな!と発言する、上司について詳しく考察してみましょう。

 

そして、部下や後輩が居る人は、叱り方を考えてほしい。

 

あなたは、ヒステリックだと思われているかもしれませんよ?

 

時を考えて 間をあたえる叱り方はないのか

writing-1170142_640

否定するときは過去を引っ張り出さない

バカ!って怒鳴って、間をあける人ってあまりいませんよね。

 

「お前さーバカだよね~~~」

それだけでは終われない人ー!(手を上げてほしい)

 

すぐに次の怒りの原因を、つらつらと話すのが多いそうです。

しかも原因は1つなのに、必要のない過去も一緒にひっぱって「だからお前は~」となり始めるのがオチ。

芋づる式に過去を出すなんて、ちょっと女子っぽいですよね。

悪く言うと女々しい……

 

私が直撃した、電話口での発言もまさにソレです。前もこういうのがダメなんだ!だからお前ダメなんだ!となる。

こういう人って、バカと言って自分を正当化したいだけですね。

もちろん、仕事もできるすごい人なので、その方を否定するつもりはありません。むしろ効率よく仕事が回せる方法を知っていると思うくらい。

TPOのTimeは時間。怒る人は、自分の言いたいことを言うまで離しません。

そうじゃないですか? 上司が自分を叱るとき、1分で終わったことがありますか?

ないよねー!

短い時間で、要点のみを指摘する叱り方ができたら! ちょっとカッコイイですね。

常に現行犯にする

失敗例

・計算ミスで、取引先へ過剰に発注してしまった
・電話で上司の役職を付けずに名前を呼んでしまった

この2つしか、原因はないのに、昨日のデータが遅かったとか、いつも仕事が遅いとか、余計なことを引っ張り出して叱るのは、はっきりいって「違います」

 

今、必要なのは「取引先に迷惑をかけたこと」「名まえの呼び方」なのです。

過去を出して、その人を否定するのはダメですよ。

なぜ、過去のその時間に、注意していないのですか?

 

私も人を叱るような管理職だったときは、過去や今やってないことは出しません。

その人の行動に注視して、間違った行動をしたらすぐに「それは違うよ」と注意するようにしていました。これって、彼氏彼女でも言えることですね。腹のうちに貯めていると、いつか爆発するという彼女側のあるあるですよ~。

誰もが聞いていることが優越感になるのか

mark-804935_640

TPOのPは「場所」です。

 

「お前!」と呼ぶ人ほど、もしかすると、部署の全員がいるような仕事をする場所で言いませんか? 人前で暴言を言うほど、せっぱ詰っているんでしょうか?

 

せめて、声は小さくしてほしい(逆上していたら無理だけど)
せめて、会議室でやってほしい(これはできるよね)
せめて、言わないでほしい(これが本音)

 

公衆の面前で、という言葉がありますが、人前で叱って本人に恥をかかせるのは「公開処刑」と同じこと。自分は言うだけですが、言われる側にとっては、レベル1がレベル50以上の勇者に切り刻まれちゃうようなもの。

 

1対1で向き合って言える場所を作ってください。

叱っているあなた、言われている後輩は他人です。

同じだと思わないこと。

スポンサーリンク



それは本当にバカなことなの?

TOPの最後は「場合」です。

場合ってなんだろう? 今回の叱る行為の時は「Occasion」状況にしてみましょう。

大声でバカというほどか、一度冷静になる

状況確認ですね。

怒りたいときは、頭の中は叱ることでいっぱいです。まず声に出して「お前はダメだ」と言ってしまいたい気持ちを飲んでほしい。

 

叱って直ることかどうか、判断してほしい。

ちょっとでも褒められることはなかったか、判断できますか?

褒めながら、叱ってほしい。

叱るということは、頑張れってことだと思うなら「ここは出来ていたけれど、ここがダメだったから、こういう風に直してね」

 

解決策は自分で探せ、自分でなんとかしろよ、は絶対やめてほしい。

私が遭遇したときにも、休日にも関わらず来いと言ったり、まったく関係ない「お前は○○だから~ダメなんだよ~」と話していて周りで聞いている他の職員は全く持って気分が悪いものでした。

冗談か本気なのか分からない。
優しさなのか、成長させたいのかもわからない。

伸びてほしいなら、伸ばす方法も伝授してくださいね。

叱り上手な人ほど周りから信頼される存在になる

私が思うのは、人の欠点に向き合っていける上司や先輩ほど、厚い信頼関係があるということです。

できないことに、一緒に取り組む。

 

叱りっぱなしで、あとは自分でやってみろ、終わってから見せてみろ、は全くの責任放棄です。そんな人いませんか?

下から慕われる人ほど、過程を大事にしています。おごってくれる先輩だからいい人、というわけではないですよ~!

後輩が失敗する、その現場にたちあって「違い」を一緒に指摘してくれる。
厳しさと優しさが同位している人ほど、周りから慕われていませんか?

そこに、ちょっぴりのおもしろさが加わると最高なんですよね。

まとめてみる

私が一番怖がっていることは、自分がバカ!って言われるのではないか、ということ。

悲観的になっている自分と

 

人を見下して、暴言を言うことで自分を保っている人なんだな

と楽観的になっている自分がいます。

 

人から怒られるのは、アラフォーだとうと40歳越えていても怖いものですね。

気が弱い小心者なので、怒られたらしばらくは引きずりそうです。怖いです。

でも、その人から学べることは、人を叱るタイミングや内容、解決策はあるのかなと多角的に見れるといいな。多分、そんな気持ちになるのは後日のことでしょうけど……

 

 

本日もありがとうございました!

仕事で悩む? 人で悩む? この3記事も読んでほしいな

ランスタッドの派遣登録に行くときの服装で1週間悩んだ話

上司として退職する人からの印象を10倍アップさせる気づかい

女の転職!未婚でアラフォーで再就職なんて無理なんだろうか

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

Twitter で

♥お知らせ

~おひとり女子の我慢しないお茶会~

2/24 都内下町でゆるっと


最新情報はメールマガジン、facebookでお知らせしています。
ぜひご登録ください。

お問い合わせ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【悩めるおひとりさま女子限定】

Skype 体験セッション30~60分

詳しくはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

おひとりさま女子の
周りに流されずに「ちょっとだけ」楽しく生きていけるメルマガを発行しています
【限定プレゼント付き】

登録は無料です。こちらからどうぞ

-35歳の仕事・転職
-, , , , ,