私の心を支配する不安な気持ち…幸せって続かないものだと夜中に泣きたくなる

なんでもない日の日記

おこんにちわ、アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

あら、1ヶ月近くブログ更新してないわ・・・

せっかく1月になって、新年だ目標だ頑張るぞ!と気合を入れたのに、日々の不安は消えないまま。

むしろ不安が大きくなって、目の前の楽しいことに

逃げて

逃げて

目をそむけてました

フリーランスという仕事柄、本当に気持ちも収入も不安定になる中、一番信用してあげなくちゃ行けないのは自分自身だということに気づいたお話し。

スポンサーリンク



幸せな時間は続かないという法則を信じている

幸せになっちゃいけないと、いつも疑っている

離婚して、一人暮らしと独身生活が再開してから4年が経とうとしています。

出会う人もいれば、別れる人もいて、その中で良い出会いやいい言葉をくれるお客さんとか、今まで感じなかった繋がりを実感してきました。

オタク活動も、楽しくて「あと30回の円環に耐えられるぞ」と何度も何度も映像と音楽を繰り返す私。

 

でも、ふとしたときに思うのです。

[voice icon=”https://jyoshinokaimono.xyz/wp-content/uploads/2018/03/img1521165873132.png” name=”” type=”l”]いつまでこの場所にいるの?[/voice]

仕事もとても都合よく働いているけれど、もうすく40歳で体力だって落ちてくる。

好きだ!だけで仕事ができるのはいつまでなんだろうと、ふと考えてしまう時があるの。

 

どうしても自分を否定したがる私は「幸せって自分には無理なもんだ」とか、冷めた目で不幸と過去を押し付けてくる。

「誰かを不幸にしたキミに幸せになる権利はあるの?」

私を不幸にしているのは8割の悪魔 「パレートの法則」だった

誰も言ってないのに、勝手に自分が悲劇のヒロインになっているときありませんか?

誰も言ってないのに、自分は何もできない、将来なんてない不幸ものだと蔑んだ悪魔が出てくることありませんか?

私なんて・・・って、ブログでは仲間の更新頻度を見て落ち込み

セラピストではお客さんの表情が優れなかったときに、向いてないんだと思う。

 

そんな時に考えるのは、師匠から聞いた「2と8の法則」です。

人間、2割と8割でできているよということ。

 

 

例えば、私のマッサージがお客さんに受け入れられて指名が来る確率は10人中2人もいればいい。むしろ1割かもしれない。そのくらい低い確率で日常は回っているよということ。

言葉足らずな日も、365日のうち8割=292日は上手く行かない日なんだと思ったら、ラクになるということ。

どうやらこれは「パレートの法則」と呼ばれる経済の法則らしく、調べていくとこんなことが。

1897年にイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した法則。全体の2割の要素が、全体の8割の数値を生み出しているという法則です。

8割の売上を生み出す、2割のお客を探す
8割の愛情を生み出す、2割の行動を探す
8割の成果を生み出す、2割の仕事を探す
8割の人生の豊かさを生み出す、2割の行動を探す ※ferret 「パレートの法則とは」より引用

難しい・・・けど、私の抱える悩みも2割しか解決しないかも〜くらいに考えたらちょっとラクになったり。

私は、2割のしあわせを追いかけていけばいいんだろうなぁと思いはじめました。

スポンサーリンク



東出昌大さんの言葉「好きなものを見つけ続ける」

定期的に読んでいるFlying Postman Pressというフリーペーパーがあって、最近みつけた俳優の東出昌大さんの言葉がとても支えになりました。

嫌いなモノに抗いつつ妥協と我慢を繰り返すのではなく、好きなものを見つけ続けることが、嫌いなものから最も遠く離れる最良の道なのかもしれないと、考えさせられます。 ※Flying Postman Press222より引用

8割の嫌なことをずっと考えてムダに神経をすり減らすことよりも、2割の好きなことをもっと増やし続けていこうよという話し。

東出昌大さんは、女優の杏さんの旦那さん。夫婦でかなりの読書家なんですよね(杏さんはJ-waveのBookbarという本を紹介する番組を長年やっています)言葉の選び方や、センスがとても素敵で難しくない言葉の端に東出さんの優しさも垣間見えました。

 

もちろん生きていてれば、困難も苦労も悩みも一生ゼロにはなりません。

好きなものを見つけて、増やしていくことって実は簡単で。それでも忍耐や根性を美学にしすぎている私たちは、楽しいことは2の次にしています。

デジタル情報時代は、嫌なことも自然と耳に入ってくるし、いくらでも不幸になれる。

 

そこで自分を楽しくする、嬉しくする、好きなものに囲まれる時間を愛おしく思う心があれば、多少の困難も越えていけるような気がしました。

 

しめのひとこと

私の好きなもの、それは書くことや作ること、創作する妄想の時間です。

あとパックした後の復活した潤い肌とか、イケメンを見た時の滾る感じ。

そのひとつひとつ、私が好きなものは私を裏切りません。

 

自分が落ち込んだら、お金を出してテンション上げたっていい。

そういう時に節約とか倹約な気持ちがあると、更に不幸が舞い込んできちゃう。

 

自分を甘やかしていいと思っています。

だって38年も生きているんだもん、1日甘い顔したって不幸にはならない!!! 早寝しても次につなげて頑張ればいいし、出来なきゃまた次ー!!

そのくらい軽い気持ちで生きていこう!!! と書きながら自分を鼓舞しています!!

 

ではでは、お付き合い頂きありがとうございましたー!

スポンサーリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました