もう居なくなってしまいたいと毎晩思っては目が覚めて、そしてまた朝がくる

大声でひとりごと

今日の内容は本当に誰の得にもならない、ただただ心が病んでる記事です。

 

だって、もう私ってダメなんじゃないのかなって思うから。

努力は才能を越えるというけれど、努力が自己満足になったら全く無意味なものになり替わるよねってひとり言。

スポンサーリンク

暗い過去もなく、ただ平凡な私でしかない

mohamed_hassan / Pixabay

私は人に共感してもらえるような、何か良い人じゃないんです。

本当は何も持っていないし、コツコツなんて全くしていない。

 

本当に平凡で、なんの取り得もないから常に自分がイヤです。

 

結婚したけど、結局自分の都合で離婚をして相手をパニック障害にまで追い込んで離婚した事実は覆らないし今でも居なくなった方がいいんじゃないかとかふと考えたりもしてる。

でも死ぬという選択肢は、自分ひとりじゃなくて、絶対誰かに迷惑をかけるものだから使ってはいけないし、お金だってかかる。

 

だから、そんなことしちゃだめだろうという気持ちを抱えながら生きています。

 

去年と比べたら、私もフリーで仕事を頂けているけど、朝の4時5時まで仕事をして3時間眠る生活でいいのかという自問があって、永続的なものはなにひとつ今ない状態です。

睡眠不足は太るし痩せない体質を作るって、身をもって体感している真っ最中です。3キロ太った。

 

マッサージしか能のない、ただの妙齢のおばさんなのです。

ブログでお仕事するということに、甘ったれた感情を持ってて自分に厳しくできない人です。

 

だからいつまでたっても進まないし、周りを困惑されるようなことばかりしているような気がします。

 

私がフリー体制で仕事をして、週に3日勤務しているのは会社がイヤだとか、社会になじめないからではないんです。

他のブログを読むと結構多いのだけど、私は会社勤めでもいいと思っている人で、いいなり体質なところもあるからきっと合っている。

 

でも、両親だけの現在で兄弟も居ない私が自由に動いて、実家に帰ることで孫の顔も見せれない親不孝を埋めてあげたいという思いが強くあってこの変則的な仕事をしています。

私自身が自立・独立したいのはその部分がほとんど。

 

でも本当にできるの?

引き返すなら今だよ?

本当にいいの?ってたまに聞こえてくる。

 

結婚していないフリーな女性でサロンを開いている人はほぼいないのです。

彼氏や、出資してくれる人がいたり、旦那さんのお給料でお仕事しているひとが多く、難しい分野なのだ。

 

今いる場所を手放すときが来るのも、きっと目の前で、そうしたら裸一貫になった私は何もできなくなって社会に逆戻りするのではという恐怖がある。

 

能天気に空をみて感情に浸ってる時間なんて微塵もなくて、毎日もっと自分を追い込まないとダメだと思う。

どうなりたいのか、もうよくわかんない。

5年後どころか、1年後の自分すら想像できなくなってきた。

 

このブログを読んで、私のメルマガなつぶやきの配信を読んでくれる方には頭が上がりません。

私は何の特別な人でもないし、同じように人を見ては羨んで自分を凹ませている一人の人です。

通帳をみては溜息も出るし、相変わらず白米だけの日だってある。

 

同じように生きている。

どうしようもないやり場のないドロッとした嫉妬で生きてるおなじ人間です。

 

結局、努力して勉強していくしかないんじゃん?という結論なのだけどね。

 

 

こんな気持ちのままではいられないので這い上りました

その人生絶望的…夢をあきらめたアラフォーが辛いから立ち直る方法

スポンサーリンク