ひとり暮らしで見落としがちな電気代!節約するアンペア変更方法を申込から解説

女ひとりの暮らし方

1人暮らし出戻り歴3年目。

 

ずっと損してました!!!

 

計算すると怖いけれど、損は3年で10800円くらい。

毎月ヒーコラと暮らしているアラフォー独身女性にとっては、1万円って大きいのです。年額3000円もぉぉぉう。

そんなときに、読んだブログ記事に「電気のアンペア数を下げて、基本料金を節約する」ってあったんです。

 

ハッとして、電気の請求書を見たらなんと!!

基本料金が1123円、40アンペア。1人暮らしなのに!

これを少しでも安くするために、アンペア数を下げる手続きをすることにしました。

 

今日は東京電力への手続きと、当日の流れ、節約できたかどうかの結果報告のご紹介です。

スポンサーリンク

独身。一人暮らしの電気代って平均いくら?

  • 関東 4000円~5000円
  • 関西 5000円~5500円

一人暮らしの電気代の平均はこちら。

住んでいる地域や、年代、電力会社によっても大きく価格差があるようですね。

うーん、私はこの平均値を下回って年間で大体2000円~3500円くらいです。

5000円は行かないけれど、ペットが居る人はやっぱり高額になりますよね。

40Aの電気料金でこのくらいなので、基本料金1100円を引いたら、毎月1500円くらい使用していることになります。

 

私は、一人暮らしですが家が2DKなんですよ。ファミリー向けの家に一人で住んでいるのでアンペア数が高いんですね。

一人暮らしの1Kだったら、多くは20~30Aくらいがほとんどだと思います。

だったら独身の私もアンペア数下げて、少しでも電気代を減らしたい!!と東京電力のサイトに駆け込みました。

 

東京電力でアンペア数変更。ネットだけで申込みが完了!

東京電力のホームページに行ってみましょう。

東京電力のサイトはこちら

インターネットでのアンペア数変更には、毎月の請求書に書かれているお客さま番号が必要になります。

手元にない方はカスタマーセンターへ直接問い合わせ電話をしてください。

サイトキャプチャより

トップページから《電気のご契約》をクリック。

《各種手続き・サポート・お問い合わせ》をクリックすると出てくる《インターネットでのお手続き》の中にある《ご契約内容の変更》をクリック

すると、いくつかの契約内容の変更項目のなかに、契約アンペアの変更があります。

インターネットでのお申し込みに進みましょう。

お客さま番号を含めた、名前や住所の入力をします。

そして、変更の希望日程を入力します。最短で翌日にも対応してくれるそうですが、私は2日後に設定しました。

アンペア数変更は、ブレーカーの中にある部品を取り換える作業があるため、契約者本人の立ち合いが必要です。

必ず自分が対応できる日を入力しましょう!

契約変更のメールを送ったら返事がないので注意

びっくりしたことが、希望日を入力したあとに確認メールが1通届くだけで、「希望日が本当に確定しているのか」の連絡がありません。

自分が入力した日程が通ったなら、確認メールのみで特別な連絡は入りません。

日程を決めたら必ずメモを取って控えておきましょう!

賃貸の不動産屋に連絡したほうがいい?

アパートやマンションが賃貸だった場合、大家さんや不動産屋さんに連絡したほうがいいのか気になりますよね。

私は連絡していません。工事費が発生したり、何か問題があったら連絡すればいいなぁと思っていました。

もし、不安で気になるなら連絡した方が良いと思います。

 

一人暮らしのアンペア変更で30Aに改定!当日の流れ

女性の一人暮らしだと家の中に入ってくるのは怖い・・防犯はしっかりとしよう

私は作業日を午前中に設定したところ、当日の午前9時すぎに電話が入りました。

着信は携帯番号なので、作業員の方からあと○分ほどでお伺いしますという連絡です。

 

作業開始前に、今日はどんな工事をするのかの説明があります。

どうやら、アンペアブレーカーを新しいスマートメーターというブレーカー機能が内蔵されている箱に変更するらしいのです。

作業時間はおよそ20分ほどで終わりました。めっちゃ早い!

その間電気が使えないので、スマホで遊んでいた私・・・

 

最初に外のメーターを交換して、その後家の中で、新しいスマートメーターというアイテムを設置。

そんなに大きな音はでなくて、ちょこっとキュイイイイイイインて鳴る位。

作業中は、電気を完全に切っているので、冷蔵庫、Wi-Fi、電気ケトルなどすべての電源が切れます。

 

取り付けた瞬間から、もう30Aが開始になっています。

以前の料金は日割り計算で請求されるようなので、待ちましょう。

ブレーカーがバチーン!はもう終了。スマートメーターとの違いは?

いままでは分電盤(ブレーカー)が全ての電源を担っていました。

ドライヤーと電気ケトルを使って、ばちーんと落ちるって事件は何度も経験しています。

 

新しいスマートメーターになったら、どうやらすごいらしいのです・・・

  • ブレーカーが落ちても10秒後に自動で復旧する
  • 遠隔操作でアンペア数の変更が可能

ブレーカーが落ちると、真っ暗闇の中を手探りでツマミを上げに行ったことありませんか?

それが、約10秒待てば自動で電気が入るようになるそうです!おおーすごい!文明開化!

電気に何かトラブルがあったときは、カスタマーセンターで色々対応してくれるそうなので、電話してくださいとのことでした。

スポンサーリンク

アンペア変更後に節約できたのか?

毎年夏のクーラーの電気代が基本料の増加で3500円を越えていましたが、今は2700~3000円ほどに抑えられています。

ひとり暮らしなので、大きく変わった感じはまだありませんが、年単位で考えたら節約になっているかなと思います。

今は電力自由化で様々な電力会社が選べますが、お得な特典がもらえるのが40アンペア以上だったりするので、会社の変更には注意が必要です。

 

しめのひとこと

今回は、他のブログさんの記事を読んで「すぐにやってみよう!」と、変更してみました。

いままで3年間暮らしてきて、全く考えてもこなかった光熱費の節約。

基本料金が値上げしたのは、単なる電気料金の値上げだと思っていたらアンペア数が関係していたなんて・・・

 

独身アラフォー女性で、1K以上のお部屋に住んでいる人は家の電気明細を見直してみると意外と多い契約になっていることがあるかもしれません。

特に、以前住んでいた人が同じ世代でなかったり、高齢の方がいるとアンペア数が上がる傾向があるようです。(ブレーカーが落ちないように、最初から多めに契約していることがあるようです)

ただ、アンペア数は1度変更すると1年間はそのままなので、自分の生活環境や光熱費、電気代とも相談しつつ契約を見直すのも良いですね。

 

今回、東京電力さんにネット申込みをしてわずが3日間ほどで終わってしまいました。

書類も特になく、サインもなく、本当にラクな変更手続きでありがたいー!

 

あまり節約に必死になってこなかった私だけど、こうして身近なところからバッサリ切れるものを見つけて、快適な一人暮らしをしたいと思います!

読んでいただきありがとうございましたー!

東京電力の公式サイトはこちら

 

もう1記事読んでみる? アラフォー女性のこっそり楽しむひとり暮らしを読むならこちら▼

あったか充電式湯たんぽを口コミ!お湯との使い方の違いを知って節約と冷えから体を温めよう
こんにちわ!足が冷えたら、朝から足湯をしながらアニメを見ている・・・アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。いえい!前回、充電式湯たんぽを買ったことを書きましたが、もっと詳しい口コミを知りたい!持続時間は?捨て方?廃棄の仕方は?...

 

独身一人暮らし、快適に過ごしたいですね!

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました