30代の独身女性が幸せになるための方法。友だちがうらやましくなった時に妬まずにいられるには婚活じゃなくて◎◎なのよ

ひとり暮らし

おこんにちは!

 

おひとりさま女子のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

女子会をしたあとの、ほろ酔いで一人になった時、あたまをかすめちゃうのが「あー私ってダメなやつた」って思うんですわ。誰かを嫌いになるとかではなくて、自分と友達を比べては落ち込む。

人には「自分は他の誰とも違う」なんて言いながら、私が一番落ち込んでいるんです。

 

良くある【隣の芝生は青い】状態。

その「あ~私ダメダメ」状態から抜け出すには、アラフォー独身女性としてどんな思考を持ったり行動を起こしていけば良いのか、勝手に書いてみます。

今日の記事は、お役立ちでもなんでもありません。ネガティブ思考丸出しなのでお気を確かに持ってくださいね。

スポンサーリンク



30代で幸せになることが全てじゃないよ

30代はライフステージに明暗があるような気がします。

もちろん結婚して暗くなる人もいるし、明るくなる人もいる。私自身、1度離婚しているのもあって、結婚が全てだと思わなくなった。もちろん恋愛していることや、パートナーがいることはとても良いことだし憧れる気持ちは間違っとらん。

 

で、私が「落ち込みが発生するとき」を分析してみたのがこちら。

 

① 年収を自慢すると落ち込みます

これは、今のアラフォー世代だとまだ「学歴」での就職が大きく出てくるのかな?と思う。起業女性でトップを走っている人も年代だと80年生まれがダントツ多い。

だから尚更「はぁ~↓」ってなる。

 

年収=職業の図式は少なからずあるかなぁ。

ただ、お給料が高い人はそれだけどこかで頑張っている期間が絶対あることを忘れてはいけないのですよ。

例えば、とっても難しい資格取得や昇格試験も受けている。

私の友人は、自分の経歴を売り込んで、給料をアップする転職に成功した人もいるから、やっぱり皆どこかでがんばってるんですよ。

 

寝っ転がってあは~んではお金は降ってこないんだス。ネットで一攫千金なんて絶対ないのです。

私はずっとアルバイト職ばかりで、この劣等感は強いです。社員になりたい!と頑張ることがなくて、現実から逃げてばかりの自分だから今こんな感じで生活しちゃってます。

 

② 独身女性の前でイベントを強要すると落ち込みます

クリスマスに旅行へ行く、バレンタイン、スノボ、誕生日・・・

 

全く関係がないのです。

 

SNSで盛り上がっているのを見ると「私何してるんだろう」と、ふと虚無感に恐れて虚無僧になっています。ボー――――(尺八を吹く素振りで)

自分がイベントで盛り上がるタイプなので、ふり幅が大きい分溜息が出ます。なので、最近SNSを辞めたくなることもあるほど。

 

子どもが出来なかったときは、芸能人の妊娠出産ニュースすら落ち込んでいたくらいでしたわ。

 

海外旅行も、いいな~と思うよりも先に「余裕があるってすごいな」と思うようになってしまいました。

お金の余裕もあるけれど、気持ちとか一緒に行く人的なよゆーですね。

一人旅は好きなのでやりたいけど、気持ちに余裕が全くないから、ダメなんだなー。それで、私ってなんでこんなことやってるんだ?とか思ってしまうのです。

③ 独身女性の前で恋愛の話をすると落ち込みます

こんな見出しですが、私の周りでは恋愛大好き~♡な女子がおらず、割と幸せなのかもしれません。

 

独身でアラフォーなんて、行き遅れとかいう人がいたら、鼻フックしときます。みんな事情があるんです。一応!

ただね、30代にもなると恋の話もちょっと面倒なことが多かったり、不倫とか人に言えないようなこともでてくるから、独身の私からみたら結構面白い展開もあるような気がします。

決してタブー話ではないけど、アラフォーだからって夜の性生活まで言われると引きます。あっそー……ってなるし、よかったね、Hしてるから肌ツヤツヤなのね、あぁ良かったねと落ち込みます。

④ 自立して生活できて彼氏もいると落ち込みます

これまた「タラレバ」になって落ち込むんです。

過ぎたことを振り返っても何も起こるはずはないのに、あの時こうしてれば、もっと素直に言えてたらってループしてる。その時間を取り戻す気はないのに、想像しては凹んでます。

 

でもって、自立してある程度の収入も確保しているし、彼氏と旅行もバンバンいって思い出も作ってる。なのに私はここでブログ書いて、冷蔵庫は空っぽで職場でおなか一杯賄いを食べてくるわけですよ。

 

あーあ、何してんだろ。

スポンサーリンク



独身女性の幸せになれない悩みから脱出する4つの勝手な方法

私自身、友だちを自分を比べては叶うはずがないのに比較してます。

 

「私ってなんで生きてるんだろう?」

 

そんなこと思っても救ってくれる人は誰もいません。悲しいけどね。

 

だから自分で何とかするしかないから、落ち込み過ぎないように這い上がる術を身につけましたよ。

 

1 ネイルや服で自分を格上げする

特にネイルは効きます。爪に艶を出すだけで気持ちが変わるんです。

アラフォーでもネイルサロンで気持ちが爆上げになった話

 

私は、ダメだ―と思ったときはネイルチェンジします。

セルフでペディキュア(足)をやっているので、めちゃくちゃ明るい色にして気持ちを上げます。ストーンを置いたりラメにしたり、キラキラしているもので自分を包むと、あぁかわいい~って気持ちが前に向きます。

服は、通常パンツスタイルばっかりなのでスカート履いたり、家でもちょっとカワイイ恰好してみたりするのです。

2 好きな友達に会いに行く

この場合のカテゴリは「独身女性」「前向きな女性」が多いです。あと笑顔がめっちゃいい人とか、夢を語れる人と会うと、がんばろうかなって思えます。

バカな話で大笑いできる友達を誘って飲みに行くのも◎ 将来の話で暗くなったり、オタク属性のない人とはこの時期には会えません。

3 SNSを全てシャットアウトする

何にもみません!!!!!!

facebook、Twitter。全部見ないし、ブックマークも消しちゃいます。時にはアプリを消してしまうことも。

それで死ぬわけじゃないし、どうしても連絡したい人はLINEなりメッセンジャーなりで絶対連絡してくるはずです。私みたいな、暇人には電話もかかってこないので、SNSがなくなっても大したことはありません。

 

SNSをみて落ち込む自分がいるなら、遠ざけてみればいいのです。

4 他の人には出来ない経験をさがす

自分は自分。

比べた相手と自分は生活も、仕事も、親も違うんですよ。

 

だからしょうがないーと思えたら簡単ですが、そうも上手くいかないのがネガティブ思考さん。

そんなときは、独身の私は、他の人とは違うことを経験出来てると思うようにしています。たとえば、今このブログを書いていることもそうです。

1年ちょっとで200記事を越えることができたのは、自分が頑張ったから。どんなに下手くそな文章でも、日々1000人くらいの方が見てくれている、そんなブログ作りが出来てる自分は「なんとかやってるじゃん」と思うようにしたら、少し楽になったんです。

 

自分を優位に立たせることで、満足感を得てるだけじゃん!と言われたら・・・ですが(汗)

 

独身で、仕事も楽しくないし、恋愛もしていない人は、そのことがすでに経験だと思います。

他の人には絶対に経験できないことだし、ましてや恋愛依存症のような女性には絶対無理でしょう。その経験がちょっと得をしているんです。仕事がつまらない、そう思った気持ちも人にはまねできないし、つまらないから妄想できる。

 

それが、他の誰にもまねできないことで他の人には絶対できない経験だと私は思います!

 

迷っても悩んでも隠さないでくだされ

私も、セラピストに復帰して「やっぱり無理かも」って毎日思っています。

でもムリかも~って努力しないのは何も生まないし、なりたい私には奇跡が起きても無理。

 

だからノロマでも進むしかないし、やるっきゃない。

やってみてダメならやめるか、やめるのを決めるのは自分しかいないのです。落ち込んでもいいし、凹んでもいいから、這い上がるために「自分をほめてあげる」のが大事かなーとおもっちょります。

 

私のメルマガで案内しているワークショップ「いろり会」も、私なんて無理だ―と悩むおひとり女子とお話しがしたくてやっています。

気になる方はこちらの記事を参考に、ぜひメルマガに登録してくださいね。

いろり会の詳細はこちら

 

では!今日はこの辺で!またー!

 

スポンサーリンク