女性フリーランスの在宅ワークチラ見せ。シンプル仕事デスクで効率アップ

フリーランスのつぶやき

おこんにちわ。

私のパソコン遍歴は、マッキントッシュG4にはじまり、デスクトップ型iMacG5など色々といじっていた頃があります。

独身に戻った私は、お金はないけどインターネットはやりたい。

インターネットはやりたいけどMacを買うお金はない。

 

ガマンできずに、今のパソコンを買いそのまま家で仕事をするスタイルになりました。

フリーランスとして、普段どんな場所でブログ更新や仕事しているのか、仕事デスクまわりを公開します。

スポンサーリンク

安いパソコンデスクを買わずに木製にこだわった理由

オタクグッズを探せ!

女性のフリーランスって、みんなどんなデスクなんだろう。

木製のデスクは引き出しがない

私がパソコンよりもこだわったのが木製机。唯一のこだわりが「木製の机でずっとパソコンしたい!」でした。母親の影響があって、オーク材のような濃いブラウンにパソコンがある風景がめちゃくちゃオシャレだったわけなのです。

このデスクは、ヤフオクのハンドメイド作家さんから送料込1万円で購入しました。

木の机は、無印良品のものと2択で悩んでいました。無印は白っぽいパイン材だったし、安かったけどなんだか即決できなかったのよね。

やっぱり自分の気に入ったブラウンがほしい!と選んだのが今の引き出しナシの机です。

そう、引き出しが無いの!

不便!下にクリアボックスを置いたり、ワイン箱を入れてもしっくりしない。

結局「全部出す」「モノを減らす」ことにしたら丸く収まりました! わーい!

画像処理するにはギリギリのPC

  • Lenovo 14インチのノートパソコン
  • 実装RAM 4GB
  • Windows 8.1
  • ロジクールのミニマウス(2代目)

2015年の価格で3万円くらいだったと思います。

  • Word
  • Excel
  • Inkscape
  • FireAlpaca

officeが入っているので、動作が緩慢です。

よく「応答なし」って表示と共にツーテンポ遅れて反応するので、写真加工ソフトはオンラインで全て補正しています。

小さな女性の手にもすっぽり馴染むミニサイズマウスは手が疲れないし持ち運びもできるので重宝しています! 壊して2代目使用中。

デスク周りに置く文房具

引き出しが無いので、よく使うペン類は一つにまとめてあります。

蛍光ペン、フリクション、修正テープ、ボールペンと休日につける指輪もここにあるの。洗濯バサミの持ち手に5つくらい引っ掛けてあります。

ハサミやカッターは、梱包で使うので別の場所で待機。

ノートやバインダーが置けるようにグッズは少な目にしています。思い悩んでくるとすぐに荒れます。

イスはIKEAのスツール。腰が痛い

イスとデスクが合ってないので、実はけっこう疲れます。

だって背もたれのないイケアの踏み台! 本来イスではなく踏み台なの。

オシャレな家の写真を雑誌で読むとたまに出てくるので、意気揚々と「私なんて初期ものだぜー!」とイケア大好き魂を吹かせています。

やっぱり机とイスはセットで購入するのがいいですね。

関連記事>>1人が楽しい!イケア立川に駅から徒歩で行く方法。オタクにうれしいあの聖地にソワソワ

スポンサーリンク

オタクな机まわりも一人ならいいじゃない

コーヒースナイパーも最高

なかなかフィギュアとかを机の前に並べるのができませんでした。

机が狭いから、ちょっと足がガンっって当たるだけで全部なし崩しになるのが怖かったし、オシャレな自分で居たかったからあんまりグッズを並べるようなことはしませんでした。

でも、ちょっとまっとくれ。

1人暮らしって自分の城、それなら歌仙兼定のねんどろいどぷちを置いても、誰にも文句言われないじゃん!と最近やっと気づいたのです。

うはうはした海洋堂の恐竜ガチャとかが目に入ると嬉しい。

そうかー!好きなモノってどんどん目の前においてあげればいいのか!と気づいたわけです。

アラフォーおひとりさま、1人暮らしのオタク気質がある女性は好きなものをいつでも目に入れるのがいいと思います。うん!

 

しめのひとこと

ちなみに、プリンターやノート類は大きめスツールに乗せています。(これも変わった収納方法・・)

箱にすると、モノを詰め込んでしまうので見えるようにしてワザと軽量化させました。減った気がしません。おかしい。

 

机っていう、プライベートゾーンが昔から好きで机に対しては異常なこだわりがあった20代のころ。

今はコンパクトさと、長く使えるのかが重要で、安さよりは5千円高くてお気に入りになるならそっちを選べる大人の選択が出来るようになりました。

多分、個人で仕事をする人は1日のなかでいちばん長く向かうのが机かもしれません。

自分の好きな(オタク)ものに囲まれて、ニヤニヤして仕事に邁進していきましょうね。

 

フリーランスのバッグの中身も見てみる?▼
働くアラフォー独身女性のバッグの中身はメイクだけじゃないよ、見てみる?

スポンサーリンク