一人暮らしの家に排水管清掃がやってきて説教されたら、仕事が丁寧だった。

ひとり暮らし

おこんにちはー!

アラフォーおひとり女子のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

今日、家に見知らぬ男の人が来ました。しかも2人。

そう、たまにくるらしい「排水管清掃」です。いやいや、びっくり。掃除してくれるなんてうれしいな~って思ってたら、何だか思わぬ方向に言ってしまった話です。

※今日は転職とか、得する情報がないですよー。

 

スポンサーリンク



1人暮らしと排水溝の戦いは永遠に続くのです

どんな部屋に住んでいても絶対あるでしょ、あるよね?な排水溝。

  • 台所
  • 洗面所
  • 洗濯機

1ヵ月くらい前に、不動産屋から「排水溝の清掃をするから家に居てね」という招集おたよりがきました。

実は、今年人生で初めての家の更新をしまして。初めて同じ場所に3年住んでいます。
去年はなかったから2年に1度くらいの割合で実施するんでしょうか。

しかも在宅してなくちゃいけないって、よっぽどですよね。

独身は水回りの掃除も全て自分でやらなくては

結婚していたときに、神経質だった私は排水管はめちゃくちゃ掃除していました。

あのゴミ受けカゴの下のカバーみたいなやつ、アレも取ってビニル袋に入れて漂白かけていたんですよ。月に1回くらいかなー。
ビニル袋にお湯を貯めて、ハイター濃いめで入れて生ごみカゴとか、色々放り込んで数時間放置・・・手の込んだことをやっていました。

今は、そこまではガッツリやらないけど、たまに気が狂ったようにシンク周りを掃除します。

ちなみに、私のおすすめ漂白はコレです。

[amazonjs asin=”B00S7ZNGHY” locale=”JP” title=”NEWキッチンハンズ 30g 2個入×2個”]

 

生ごみウケに吊り下げるタイプで、ヘドロっていうの?変な匂いもないしメッチャ良かったです。ただ、ステンレス受けな(なんかオタクみたいな発言)私の家は、ステンレスが変色してしまったので途中であきらめることに・・・

プラスチックのお家なら大丈夫かも!です。

 

排水溝清掃はどこをキレイにしてくれる?

magica / Pixabay

 

事前に、棚の下を全て片づけておくように指示があったので、ごっちゃりしている荷物に溜息をつきつつ出していきます。

 

1人暮らしなのに、調理器具多すぎだろう・・・

 

ほぼ定刻どおりに、掃除のお兄さんとおじさんが来ます。彼らの通路代わりの毛布がてきぱきと広げられて、台所と浴室をつなぎます。短い花道の完成です。

 

ずるずると小さなホースが伸びて、ひとりの男性の方が浴室のゴミ受けとか、普段ああいやだ―と思って放置してた排水溝を掃除しているではありませんか!!

 

神か!おじさま神か!

 

遠くから眺めていると、薬剤の匂いが無かったのでほぼ流水で掃除していたようです。はわー。前日に髪の毛だけ取っておいて良かった・・・

すると、上司的な男性がずかずかと上がってきて、説明をしてくれました。

上司に怒られる独女

排水管のすべてを見ることは不可能なので、あくまで表面的に掃除しているとのこと。
蛇腹の部分は掃除でもやりきれないので、パイプフィニッシュを使ってヘドロを取ってくださいと教えていただきました。

 

しかし、台所の排水カバーと持ち上げながらアレコレ解説してくると

 

オマエさー、女なのにこんなところも掃除してないのかよー

 

怒られている気がしてくる。
なんだろう、この感じ。独身だとバレてるのか。

いや、普段掃除を怠っている私が悪い。
でもさ、1ヵ月まえに掃除したからいいじゃんか。
今朝、ちゃんと生ごみ取ったからいいじゃんか。

だんだんとふてくされた適当な返事になる私を置いて、上から目線で話してくる上司。

 

すると「排水溝のすき間が埋まってますけど、何避けですか?虫?」と聞いてきたので、ああそうですとそっけない返事。

昔っから、排水溝のすき間から何者かが上がってくるのが怖くて、新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めてガードしています。あとはこれも使ってます。


【第1類医薬品】アース製薬 バポナ ミニ殺虫プレート 1枚入(※薬剤師からの問診メールに返信が必要となります※)

 

バポナは劇薬指定なので、購入前に確認があったりするほどもモノ。ちょいとお高いけど定期的に買っています。

 

虫避けだと伝えると、タッパーを取り出して「じゃあパテを詰めておきますね」とてきぱき作業してくれたのです。

神か!虫よけの神か!

と思ったのもつかの間。

 

「これ、サービスなんで取れたら自分で何とかしてくださいね」

 

・・・・・・はい。

スポンサーリンク



 

見逃しがちな洗濯機の排水溝も掃除してくれた

Wokandapix / Pixabay

 

洗濯の排水カバーを取って、初めて見た洗濯機の排水口。すんごい小さい。

女性は洗濯機にピアスやヘアピンを流してしまうと、排水口に詰ってしまい最終的に水を溢れさせてしまうので定期的に掃除するようにも言われました。

 

ニオイに悩むようなこともありませんでしたが、今年で3年目の1人暮らし。引越す予定も考えつつの暮らしだけど、こうやって定期的に掃除に来てくれるサービスはありがたいです。

ちなみに、この清掃は全て無料でした。

お金のない独身女子にとってサービスはありがたいなー。どうせなら有料でお風呂のエプロン内部も掃除してくれないかなぁと考えている私です。

 

しめのひとこと

掃除のためにシンク下の調理器具を取り出すと、その多さに愕然。

職場でご飯を食べることが多いので、料理をする時間は今までの半分以下。こんなに調理器具あってもどうだろうか・・・と悩みつつも、今は戻すしかないと配置を変えつつ元の場所へ。

鍋3つとかね・・・多いよねぇ。

独身なのにモノが多い私、断捨離できるのか心配です。

ではでは、今日はこの辺で―!

スポンサーリンク