保険の見直しでわかった!独身女性に必要なのは掛け捨てよりも貯蓄型【FP相談編】

保険について考える

おこんにちわ!

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

保険の見直し連載も3回目!
今日はメインになる「ファイナンシャルプランナーとの面談!」に行ってきました!

保険の見直しって「そんなの入ってちゃダメダメ!」とか「保険をゴリ押しされて契約させられるんじゃ」ってメチャクチャ怖い印象がありますよね。

私が独身女性を代表して、ファイナンシャルプランナーさんに会ってきましたよ。

スポンサーリンク

保険見直しにかかる時間と場所について

あたしゃ男性FPだった

私が保険見直しをしたときはこんな流れでファイナンシャルプランナー(以下FPさん)とお話ししましたよ。

  • 今の時代と保険のありかた
  • 加入する保険の内容を詳しく説明

時間は90分ほどで終了です。
短い人だと60分くらいで終わることもあるそうです。

ファイナンシャルプランナーさんの印象は?

45歳の男性で、FPとして10年以上お仕事をされている見るからに営業トークが上手そうな男性でした。

見た目の印象も良く、派手さはなくて人が好さそうな方です。

 

唯一気になったことといえば、面談中何度も胸ポケットのスマートフォンを見ていたことでしょうかね。
腕時計すればいいじゃない・・・?

早く終わってほしいのかな?と思わずにいられませんでした。

駅チカのカフェで面談です

面談場所は駅ビルにある普通のチェーン系カフェでした。

規定ではファーストフードなどうるさいところはNGです。
コーヒーなどの飲み物代はFPさんが経費で支払いをしてくれました。

要するに、地元駅なら出費0円で面談できるということ!!お得ですね。

面談が開始されるとFPさんが話しっぱなしになるため、トイレを言いだせる隙がありません。
もし緊張でトイレに行きたくなるアラフォー女性は、先にすませておきましょう!

選択が2つあるアラフォー女性の保険選び

私が加入している保険の契約内容を見ながら、その内容を教えてくれます。

 

私は現在2つの保険に加入して月に約2万円支払っています。

  • 養老保険・・60歳満期で1万円ちょっと
  • 年金保険・・60歳満期で9000円ほど

正直いって内容が分からなかったんですよね。保障あるな~くらい。

FPさんと一緒に保険をひも解いていくと驚きの事実が!

保険料を満期までいくら払うのか

支払いを続けていると毎月の金額で精いっぱいになって、満期を迎えた時に「なにがあるのか」ということに目を向けられません。

目ん玉飛び出るくらいの金額払ってる!ということに気づくのですが、私が加入している養老・年金保険は両方とも貯蓄型保険だそうです。

貯蓄の保険でもお金が増えない?

保険って掛け捨てと貯金ができるのがあります。

これ、見直しして「私ってすごい!」と思ったんですよ。そしてFPさんにも褒められました・・・!!!!

良いときに保険に入っていますね~~(*´ω`*)って言ってもらえてうれしかったです。

 

うひょー!ありがとうございますー!
毎月の支払いが苦しいときもあったし、切り崩そうかと何度も思いましたとも・・・

中立の立場で嘘が無く「××円増えますね」って教えてくれました。

今は経済情勢も良くないため、銀行の利率と同じように金利が下がっているので保険も何万倍!と増えないそうです。

ここで教えてもらったのが、独身女性は保険に対して選択するべきポイントがあるってこと!

ずっとおひとり様だと割り切って貯金するぞ!

うーん、結婚したいからその時のために・・・

私も現役おひとり様、答えに迷っていましたがFPさんは無理やり答えを聞くようなことはせずにサラッと流してくれたのが良かった。

スポンサーリンク

保険相談は個人情報のかたまり!

保険って個人情報満載ですよね。住所や名前のほかにも

  • 勤務先
  • 年収
  • 保険の受取人
  • 死亡したときにお金がどれだけ戻るか
  • 人生設計

これ以上の個人情報がわんさか!!

私はフリーランスだし、セラピストなんて不安定な仕事だし、結婚してないし、ねほりんはぽりん人生を聞かれたらどうしよう・・・

面談で色々とライフプランを聞かれたらとメッチャ不安でした。

でもね、以外にも収入すら聞かれないのです!!

事前に相談会社(保険コネクト)に連絡した情報が云っているから?まったくその話が無かったのもちょっとなぁ・・・私の実際の収入とか状況って見てくれてないのかな?という一抹の不安もあります。

 

でも、FPさんとお話しした感じだとあまり関係ないのかな?という気もします。

保険見直ししたい理由が「内容をきちんと把握したい」だったので、必要ない余計なポイントはつついてこないのでしょうね。

見直しする前に署名などもないため、本当に「お茶してお話しする楽な気持ちでいいんだなー」というのが結果です。

保険見直しで分かる弱点!アラフォーは医療保障が必要

mohamed1982eg / Pixabay

私の保険には医療保障がほとんどありません。

2万円のうちの2,000円ちょっとが入院やケガへの補償です。

女性のがんなどに対する補償もうっすーいらしい。
年齢的にも医療保険を見た方がいいですよとアドバイスをもらって、次回また面談をしておすすめを聞くことにしました。

面談で保険に加入することはない

相談では「こんな保険がありますよ」とタブレットで概算をみせてもらうのみ。

特別な資料などはないため、その場で保険加入を勧誘されることはありませんでした。

 

もし良かったら、今の医療保険も見てみませんか?

断ってもいいですよと言っていただいたので面談2回目を約束します。

しめのひとこと

FPさんが話していたことで印象的だったことは

会社で進められたものに入っている人は本当に危ないです!

ということでした。

 

若いときに加入している保険って、あれよあれよで契約していて内容が不明を見直すと「ほとんど捨ててるお金」だったことも多いそうです。

 

特に女性は断れない生きもの。3つ入ってても貯蓄できる保険が1つも無い・・・!!!

とっても多い事例だそうです。

だからこそ、無料だからもっと相談してほしいと話していましたし、CMしてても相談者は少ないんだそうです。

うーん、じゃあやっぱり独身の私たち女子陣は一度詳しく話を聞かなくちゃですよねぇ。
相談して良かったです、ホント!

 

私が体験した他の保険見直しはこちら▼
独身に保険は必要か?見直しで将来の貯蓄を無料診断してもらったよ【保険マンモス】

 

スポンサーリンク