見直しだけなのに…保険の勧誘が怖いときに使えるメールの断り方

保険について考える

おこんにちわ。

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

保険の見直しをして「保険を上手に断る」ことに成功しました。

 

保険の見直しは必ず勧誘がついてきます。
相手もお仕事ですので、どんどん保険を紹介してきます。

意志の弱い女性だとアレヨアレヨ・・と契約してしまうことも。弱みにならないようにしっかりと断りたいですよね。

保険出費に苦しまないためにも、断り方を知っておきましょう。

スポンサーリンク

保険はいらない!しつこい勧誘を断るためのポイント

私がお世話になった保険コネクトさんが紹介してくれたFPさんは良い方でした。

でもね、私がお願いしたかったのは保険の内容見直し。でも加入は希望していません。

前回「1人で生きる独身アラフォーの私が保険加入を断る3つの残酷な理由」でも書いたけど、独身というだけで保険に対して色々目線を変えられるのは本当に腹の立つことです。

 

普通に生きたいだけなのにね。

あいまいな表現は絶対NG

『もうちょっと考えるので・・・』

『時間がなくって・・・』

断るときに、申し訳ない気持ちになったり嫌な気持ちにさせたらどうしよう・・・と相手の気持ちを200%以上先読みします。
だからといって、申し訳ない気持ちばかり出すと逆に突っ込まれてしまうので注意。

断る!と決めたら意志をしっかりもちましょう!

お金に関することは相手の思うツボ

『その金額は無理なので・・・』

『今はお金がないので・・・』

独身女性らしい理由です。ごもっとも!

しかし、相手はファイナンシャルプランナーでお金のプロです。
もっと価格を抑えた保険を提案しますよ?って言われたら断れなくなりませんか?

相手や提案された保険を否定しない

どうしても断りたい!と思って、FPさんの人格を否定するのは完全にタブー。

『保険がイヤだ』って言ったら、なんで相談したのさ?という感じになりますよね。

では、どんな風に断ったら良いのか私の体験を例にご紹介ですー!

相手を嫌な気持ちにさせない上手な保険の断り方

こんなプロセスで断るとキレイ。

断り例

保険相談に乗ってくれてありがとう!(感謝)

今回断ってゴメンね(相手への謝罪)

理由がちゃんとあるよ(ハッキリした態度)

でもまた何かあったらお願いしたい(相手を立てる)

さよなら~

難しいのは3つめの断る理由だと思います。

ちゃんとした理由がないとだめなのかな?とか、単に保険に入りたくない!それで良いです。

入りませんよってきちんと言って、そのあとで相手を立てると上手に見られます。

アドラー心理学からみる相手を立てる断り方

上司から怒られるときにどっちがいいですか?

A「ここ違うでしょ!なんでいっつも間違えるの?もー!」

って言われるよりも

B「いつも計算お願いしているけど、やっぱりここ間違ってるね。わかる?」

後者の方が、怒られてるけど協力的にみえます。

ファンが多いアドラー心理学では、怒る、ほめるということから「勇気づける」ことに注目してるんです。
褒めすぎるとなんだか変。

対等な感じで「今回は提案ありがとう!でも・・」と切り出すと割とスムーズです。

頭ごなしに全部を否定せずに、ちょっとだけ相手を立ててあげることがコツです。

保険の勧誘をやんわり断るメール文例

やっぱり決断は怖いよね

私が実際にFPさんに送ったメールです。

お世話になります。
お返事が遅くなり大変申し訳ありません。

良い医療保険のお話と提案をしていただきとても勉強になりありがとうございました。

ですが、今回は見直しをお願いしたかったのでご提案はお断りさせてください。

状況が変わりご相談することがあったらその時はよろしくお願いします。

これに対して、FPさんは電話をしてくることなく「何かありましたらいつでも連絡ください」とめっちゃ良いお返事をくれました。

 

いやな感じで終わることなく、お互いが気持ちよく終わることができました!

 

断ってもまた勧誘されるのでは?と私も不安でした。

商品を変えて「いやいや、もっといいのがあるから!」と言われたらどうしようかと思っていましたが、このやりとりの後は一切連絡ありませんでした。

 

スポンサーリンク

しめのひとこと

初めての保険見直しでしたが、新しい保険は今必要が無かったのでお断りすることにしました。

勧誘されるのが怖い、収入を公開するのが怖いと思われるかもしれません。

 

私はアラフォー独身女性に必要なことって「プロに相談する勇気」だと思うんです。

きっと一人でブログ書いていたら、私も相談できませんでした。

1人で悩んでいて、その問題に出口はありますか?

ネットの世界は万人向けの答えで、自分にぴったりの回答はありません。

答えをくれるのは、プロのFPさんであり保険相談だと思います。

 

私が潜入取材した保険見直しも読んでください!▼
独身に保険は必要か?見直しで将来の貯蓄を無料診断してもらったよ【保険マンモス】