独身に保険は必要?見直しで将来の貯蓄を無料診断【保険マンモス】

保険について考える

こんにちわ。

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

前回、保険マンモスの無料見直しを申し込みした「人見知りでもできた!保険マンモスの見直し申込はネットがおすすめ」を書きました。

 

いざ面談したら、とても良かった!

いままでの保険見直しで一番かもしれないぞ?

と思わせてくれた面談の様子をお伝えします!

スポンサーリンク

保険見直しが怖い、そんな独身女性におすすめの相談方法

前日までに送付される書類

面談の日の前日までに、保険マンモスから送られてくるものがあります。

  • 家計&保険相談 はじめてガイド(冊子)
  • 面談までの流れ(チラシ)
  • 相談日程のハガキ

本当は別々に来るものなのかな?

私は冊子とハガキが面談の前日に来ました。

 

冊子には保険相談の流れとか、今の自分に必要な保険とは?保険の選び方などがマンガと図解で書かれています。

マンガの絵柄が一般向けで、萌えとか進研ゼミみたいな感じはない分サッと読めます。

 

他の保険見直し会社では全くなかった、ちいさなおもてなしが良かったです。

FPと会う前に不安だったこと

面談日の段取りもテキパキ決まってよかったのですが、実は・・前日までずっと気になって不安がすごかったのが。

 

FPさんからの事前連絡が前日までなかったのです!

 

待ち合わせ場所は保険コネクトからメールで来ているので安心ですが、なんだかFPさんから連絡がないのが不安でした。

メールで連絡は前日。

当日はショートメールと電話。

当日の電話でFPさんの声を初めて聞いたとき、やっと安心できた感じでした。

うーん、前日にでも電話くれたらよかったなと思います。

良いFPさんに出会うには? 保険相談はどんなことを話せばいいの?

rawpixel / Pixabay

そんな不安要素があったまま、当日を迎えたわけですが・・・

 

保険マンモスさんから紹介していただいた男性FPさん都の待ち合わせは、駅チカのファミレスでした。

事前に最寄駅を伝えておき、自宅以外での面談を希望すると、保険マンモスから「ここにしましょう」と連絡が入ります(自分で探す手間が省けて便利!)

FPさんが店に到着すると、私へ電話連絡。入り口で待ち合わせをして「はじめまして」でした。

 

保険見直しは、FPさんによって内容が変わります。

大きな「見直し」という所は変わらないけれど、相談する側が「何を知りたいのか」をきちんと持って行く必要はあります。

 

  • 相談しようと思ったきっかけ
  • 現在の働き方と将来のライフプラン
  • 一番気になること(見直し? 加入?)

 

3つめの気になることから、FPさんが話を膨らませてくれる感じでした。

ここでも年収や、既婚離婚などのプライベートに関する話題は一切なかったので、私は自分から離婚していること、結婚の予定がないことを話したところ意外なことがあったんです!!

 

これには、FPさんと思わず爆笑!

年齢の近い独身のFPさんに出会えた!

スポーツマンぽい、爽やかな感じのファイナンシャルプランナーさん(FP)

私がバツイチで独身と告白すると

 

えっ・・・・

 

僕も(バツイチ)ですよ

 

(プロフィールを見ながら)
あれ、イクミさん酉年?同じ歳ですよ・・!

 

ええー!

びっくりです。思わず恋が生まれるかと思ったほど驚いたよ。

こんなこともあるんだなぁと。もしかしたら保険マンモスのFPマッチングで選んでくれたのかもしれません。

スポンサーリンク

保険見直しを分かりやすく教えてくれるFPがいい

FPさんが書いてくれた図(許可を頂いています)

今入っている保険についてこんなお話をしました。

  • 満期にいくらもらえるか(支払った額に対して増えるか)
  • 医療保障は自分にあっているか
  • 何が将来心配か?

保険の見直しでは、入っている保険の内容を詳しく教えてくれるのは普通です。

以前行った保険見直しでも言われたのが「入院保障が弱い」という点を、保険を買わせることではない点で説明してくれたのがとても良かったのです。

保険に加入させない見直し方法を教えてくれる

私が一番気になっている将来の不安は「入院保障」です。

独身で、一人暮らしで、結婚の予定もないときに入院するような病気になってしまったらどうする?というのが不安でした。

 

FPさんが言うには、

ガンや高度障害なら入院保障を厚めにした方がいいですね、そこはどうですか?
ガンになったら、長期治療よりも病気を受け入れます。長く生きようとは思っていません

独身のFPさんは「覚悟、できてますね」と言ってくれて否定しませんでした。

きっと、相手によっては「いやいや今はがん保険ですよ!」と言ってくるけど引き際が上手な人でした。

 

国民健康保険で使える制度があることや、保険の申請は遡って出来るんだよということ教えていただきました。

このまま一人かも・・女性に必ず見直して欲しい保険を「保険マンモス」で無料相談してみる

毎月支払う保険を「掛け捨て」から「貯蓄」へシフトする

ドリンクバーをおかわりもせずに(緊張してできなかった)FPさんに質問をすると上手に返してくれます。

 

以前の保険コネクトさんでスルーされたこの質問

受取人の親が居なくなってしまったら、兄弟のいない私の保険はどうなりますか?

以前は「調べておきます」と言って、2回目の打ち合わせでもスルーされてしまった過去を持っているのですが今回は答えてくれました。

 

自分から数えて3親等を役所が調べてくれること、受け取り拒否もあること、解約にはならないことがわかって一安心。

これから一人っ子世代が老化していくことで、法律が改正されるかもしれないと言っていました。

銀行にコツコツ貯めることだけが貯蓄じゃない

そのFPさんは、国の施設にもマネー教養のために出向するお仕事もしている方でした。

「若い人は、お金の使い方を知らない!」と、投資から給料の使い方までレクチャーするらしいのです。すごーい。

 

思わず、興味があるイデコやNISAについてもお話しをさせて頂いて良い時間でした。

銀行に預けるなら、ちょっとずつ投資してみるのもいいですよとイデコを紹介してもらいました。

 

保険勧誘一切なし! 相談して安心できるなら見直ししてみない?

nattanan23 / Pixabay

2回目の面談はありませんでした。

 

FPさんから「入院保障の保険、ご紹介できますけど・・? いりますか?」と聞かれたのです。

ちょっと引いた感じで聞いたのは、私が新規の保険加入を考えていないことをはっきりと言ったから。

 

そのため、2回目の面談はなく90分の面談はさっと終わることが出来ました。

 

面談の中で、1回も保険を提案されなかったのは初めてです。

むしろ、投資の話までできて何だか得した気持ちで帰ることができました♪

 

押し売りしてこない姿勢が、無料なのにとっても満足度高かったです!!

 

しめのひとこと

最初は勧誘されるかもしれないとか、独身で年齢もあるのに収入これだけ? と変な目で見られたらどうしようと不安でした。

お金に関することで何か言われるのが怖かったんですよね。

以前、他社の相談でも「結婚するのが当たり前」のような扱いを受けたり、質問をはぐらかされたりした経験があってFPさんは味方じゃない! と考えてしまい涙目になっていました。

 

ネットや雑誌で読めば多少の知識は入ってきます。

そこから「自分のいま必要なもの、そうでないもの」を選び出すのは困難だし、専門的な人に聞かないまま決定するほど怖いものはありません。

何かと一人で決めがちな独身ですが、人に頼れるところは無料をフルに使って相談したほうが得ですしね。

一人で悩んで決めるよりも、誰か信頼できる人が「大丈夫だよ」と背中を押してくれる方が安心できませんか。

 

保険マンモスは面談前に冊子が届くとちゃんとした会社だなと安心できたし、手書きで保険相談の流れが書いてあったのも読みやすかった。

行く前に自分がFPさんに相談しているイメージがしやすいアイテムがあるのも女性にとっては助かります。

 

お会いしたFPさんも、保険入らないとダメだ! と強くいうのではなく、まずは今何が必要かを洗い出してくれました。相談することで、私は先進医療よりも入院が必要だったなと気づけたのも大きなメリットです。

独身だと、お金の不安や保険が正しいのかどうか誰にも相談できずに悩んでしまいます。私も一人になったとき「やったー!」よりも「どうしようorz」な気持ちが強くて、それを誰に相談したらいいか分かりませんでした。

こんな収入を相談していいのかな、とか不安を抱えたままいるよりも一度相談すると、大丈夫かもと思えて私みたいにお金の不安がとれて気持ちがラクになりますよ。

一人でぐるぐると悩んでも解決できないことは、病院と同じように専門家に打ち明けるのが一番です。

お金や保険の不安を1つずつクリアにして、もっと色々楽しみを謳歌していきましょうー!

 

私も体験した「保険マンモス」は下記リンクをクリックで申し込みができます。

独身女性は信頼できる人かが重要! 無料保険相談はこちらから申し込みできます 保険マンモス

 

申し込み方法を詳しく知りたいときは▽
30代の保険見直しにおすすめのサイト【保険マンモス】申込み方法を解説