アプリで予約できる回転寿司で親孝行。魚べいの進化が止まらん!

ひとりあそび記録

突然ですが、お寿司は好きですか?

回る方? 回らない方?

 

私はどっちも好きですが、回転寿司にはうるさいです。

 

以前、徒歩10分のところに大型チェーンの回転寿司がありまして。休日の昼間に行くこともあったなぁ~~~~ひとりでね!

納豆巻にはじまり、納豆巻に終わる。

 

アラフォーになると変なうんちくとか法則が自分の中にできちゃうのよ。

今回は、そんな常識を越えつつある、回転寿司店「魚べい」に行ってきたのでご紹介。

スポンサーリンク



いまや、回転寿司にもハイテクアプリやタッチパネル導入!

Meditations / Pixabay

魚べい(魚米)とは、100円の回転寿司チェーン店のこと。

価格は108円~とリーズナブルで、店内は明るく、清潔な感じになっています。

 

回転寿司のチェーンと言えば、

大手チェーン店の「かっぱ寿司」
奇抜な恵方巻で有名な「くら寿司」
本格寿司にも負けない迫力の「銚子丸」

はま寿司とかね。

などなど、どこの店舗も低価格で競争している業界でもあります。

その営業形態は、どんどんハイテク化になっているのを知っていますか?

そんなわけで魚べいに行ってきた

でででーん。

入店して最初の印象は「明るすぎ!」朝日よりもまぶしい。

 

アイドルを最前列で拝んでもこの明るさはでないでしょってくらい明るい、言うなれば、会議室。

 

席に着くと、メニュー表が貼ってある。

結構、選べるね~おおいね~

デザートも多くて、季節限定モノもあったりする。これはなかなか。

ん?

DSC01411

あれ?

 

お寿司回ってないよ!!!!!!

 

席の真横はこのレール2本しかありません。
どうみても、レールは1直線でなにも動いていない。

お皿は? どうしちゃったのさ!

(この解答は後ほど)

なんとオール電化。タッチパネルで店員いらず

DSC01412

テーブル席に1つ、タッチパネル式のメニューがあります。

タブレット端末がメニューになっています。

 

これで注文からお会計呼び出しまですべて行います。

 

居酒屋に行くとこういった方式のとこが増えていますよね。あんな感じ。

 

今までの回転寿司店だと、席に座ったまま操作して、持ち出せないものもありましたが、魚べいのタブレット端末は、大きめで文字も見やすく家族で見回せます。

ほぼ全てに写真がついているので、食べるものが想像しやすいのも◎

 

うちの両親はiPad使用者なので、とまどいもなく使ってくれたので、サクサク注文してくれました。

むしろ私のも注文してくれるというー、誰よりもハイテクぶりを披露。

田舎の両親に、スマホを買わせたい時は練習でぽちぽちしてもらい、「注文できたでしょ!ならスマホも使えるから!ね!」と説得するものありじゃないかな?

注文したお寿司が超特急レーンでやってくる(回転してない)

注文してしばらくすると、テーブルまでお寿司がやってきます。

そうです、あちらからやってくるんです。

 

お寿司がやってくるんです!!!

 

高速で!!!!!

それではご覧ください。

DSC01416

合成ではないです!

お子様が大好きであろう、フェラーリに乗ったお寿司がやってきます。

 

効果音はアレです、T-SQAREのあの曲です。

フェラーリはお寿司を4皿搭載して、私の元へやってきます。

受け取ったら、タブレットに従って受け取りボタンを押します。

すると、今度は後ろ向きでピット(車庫、基地という意味)へ戻るというなんどもシュールな…

 

注文してから出てくるまでには、おおよそ5~10分以内。

店内は7割くらいの混雑度でしたが、スムーズに出てきましたよ。

 

このレーンは上下に分かれているので、下段には主に茶碗蒸しやうどんなど、ちょっと大きめのお椀が乗るようになっていました。
わかっているね~!さすがだね~!

レーン自体はコンピューター制御されていて、「●番の席まで」と厨房で指示を出すと止まるように設計されています。ちなみに専門業者さんが開発しているそうですよ。

完全に回らない寿司屋じゃん!!!

各チェーン店も導入していた、回らない事情

このレーンをいち早く導入していた、かっぱ寿司もこの上下レーンの店舗を展開しています(一部地域のみ)しかも名称「特急レーン」は特許を取得してるほどの熱の入れよう…!

どんなに店内が混雑しようと、脱線事故などは起こさずに、お客様の元へ新鮮なネタを届けてくれるそうです。特急なので、車体はもちろん新幹線。

 

このレーンを導入することで、一番下げられるコストは、人件費ですよね。

 

厨房のみの人員で良いので、花板さんが要らない。
店内は、お会計できるスタッフ、テーブルを片づける人が居れば最低限良いので、余計な人員が要らない。

人件費が抑えられれば、設備費や、営業時間の延長もできる。企業にとっては利益が見込める作戦ですよね。

私は、花板さんが居て、なにがおススメなのか、壁に今日のおススメがあるようなお店も好きですが(銚子丸はマグロ解体もやるので、エンタメ性が高いですよね。三崎港とか)

魚べいの充実メニューがおいしかった!リピートするね!

魚べいのメニューは、季節の商品や定番メニューは割とおなじみです。

汁ものが充実しているんですよ!

ラーメンやうどんが300円くらいで販売されていて、お寿司が苦手な人と一緒に来ても、楽しめるようなメニューになっています。

 

お寿司が主体のファミレス…と言ったところでしょうか。

その中でも、注文して驚いたのがこちら。

DSC01417

犬 神 家!!!!!!

現場は抑えられました。もう証拠ばっちりなこれは「えび天巻」です。

定番にも「エビ天」がのったお寿司がありますが、あえてのカリフォルニア巻をしたらこんなことに!!

ハイテクだけど、お会計はまだアナログ

アナログが残っているところは、まだあります。

そう、お皿です。

 

くら寿司のような、お皿カウントの機械はないので、積み上げたお皿は店員さんがカウントします。

カウント後には、席番号が書かれた札をもってお会計です。

いつか、お金も席で会計できるような仕組みになったら、もう人なんていらなくなるのかな。それは悲しいので、止めてほしい限りですが。

スポンサーリンク



まとめ

この、回らない回転寿司店。

魚べいのお店の中でも、ごく一部の店舗のみです。(かっぱ寿司も一部の運用)

対面でないのはちょっと寂しいけど、一人でささっと食べたいときは、こういうお店でも良いのかもしれません。

お近くにあったらぜひぜひ~

 

近くの魚べいを探すなら

公式サイト