キンキが20周年ということは、私もアラフォーファン!ジャニの原点はここにあった。

オタクでいいじゃない

本当はとってもジャニオタなイクミです。

どうもどうも。

 

世間では、キンキキッズがCDデビュー20周年ということで盛り上がっていますね。

 

そう20周年!

 

私は半年遅れてファンになっているから19年と半分。

 

ずっとファンですよ!片時も離れたことありませぬ!ホントホントホント!

というわけで、アラフォー独身女子、勝手にキンキ好きなのをココでアピールしておきたいと思います。

私しか面白くない!でも語らせて!

スポンサーリンク



ftrは永遠。そう!永遠に二人なの!

GLady / Pixabay

 

これを書いている横ではMTVアンプラグドライブをやっています。カメラワークの切り替えとか、画質がキレイで久々にライブ気分です。

キンキに至っては、もうファンクラブも入っておらず、ライブDVDも購入していません(本当は欲しい)アルバムとシングルだけは完全網羅しています。

 

ちょうどアラフォー世代が中学生のとき、ジャニーズブームがやってきませんでしたか?

私もその波が押し寄せていたのを、かきわけてオタクでした。うん。

 

ジャニーズ vs ガンダム

 

これで、ガンダムが勝利して私の中学生活はアニメ一色。オタクまっしぐら。

仲の良い女子から、当時のアイドル雑誌(POTATO、WinkUp、Duet)を見せられても「はぁ〜ふぅ〜ん」みたいな。

 

中学校のときに、一緒に役員をやっていた女子がキンキの剛が好きだったんですよね。仲も良いことがあって、1度だけジャニーズのライブに行きました。思えばそれが人生で初めてのコンサートだった!

アラフォーの独女の皆様は、初めてのライブってなんでした?

私はキンキ!そう言い切れる!

横浜アリーナで5月のGWにやっていたんです。確か、年明けのライブの焼き直しで曲目も一緒だったはず。

もうね、ふぉぉーーーー!でした。なんだこれは!みたいな。

そのあと、ズブズブとドラマ「未満都市」を見たり、過去映像をあさったりしてたなぁ。

その後の人生を狂わす出会い

中学生ってお金がないから、何にも出来ないんです。

でも高校生になって、人生が大きく変わるジャニ好きな友達との出会いがありました。これがなかったら、今のオタクな私も絵を描く私も、全部居なかったと思うくらい。

 

 

剛と光一、どっちが好きか問題は永遠

私は光一さんです(真顔)

私は座長が好きですよ?(スっ)

もちろん、つおしくんも大好きです(拳を握りながら)

 

つおしくんは永遠にかわいいの殿堂入りなので、テレビを見るたびに「なんだこれ!かわいいな!」とまるでおっさんのようなセリフをテレビに吐いたりしております。

 

でもね、キンキのどっちが好きって問題はファン歴が長くなってくるとはっきりしなくなってくる。それってライブに行ったら誰を見ているかとか、そういう問題でもないんです。

 

だって、嵐コンに行ったら私は自分の好きな大野さんじゃなくて翔ちゃんと松潤ばっかり見てますもん(理由はきかないで)

キンキの二人は、ピンでのお仕事のときと二人の時のゆるさがまるで違う。

そこが好きだったりします。最近だとブンブブーンのオープニングとかね。

私は3次元で光一さんと剛さんを愛でていた過去があるので、光一さんが喋りながらつよたんを見るときの視線が、ゆるみすぎてて、それだけで白米食べれます。

 

永遠に残る、キンキの好きな曲はなんだ?

stevepb / Pixabay

 

シングルも良曲が多いのがキンキキッズなんだけど、アラフォーで19年見守ってきた楽曲派の私からしたら、

アルバムにこそ隠れた名曲が!

今ではファン投票1位になるほどの「愛のかたまり」も元はカップリングでした。

 

キンキのシングルって、トレンドに流されないんですよね。例えばK-popが流行していたときって、ちょっと打ち込み音が入っていたりするんです。V6にはそれがあると思うんだけど、キンキは独自路線が強い。

最近ではその色がより強く出ているかもな。

有名アーティストとのコラボも、異色すぎることはなくて、ちゃんと馴染む相手がくる。安藤裕子もあまり好きじゃなかったけどキンキに提供した「道は手ずから夢の花」は良かった。

スポンサーリンク