何を目標に生きればいい…不安になる女性が人生を10日間やめた解消法

大声でひとりごと

おこんにちわ、アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

久しぶりの更新になります。

 

実は、ずっと落ち込んでいました。

私は昔から落ち込みが過ぎて人生を辞めたくなると、予定しているすべてのイベントをキャンセルする最悪の行動をします。すごく行きたかったライブも「○○さんなら行ってくれるよな・・そしたら・・」と思い詰める思考グセがあります。

その時のメールマガジンで、弱音も言っています

私も落ち込んで
モヤモヤして、
ブログをやめようか、
マッサージをやめようか
この1週間くらい凹んでいます。
やめないけど、やめないけど・・

まるっと10日くらい、不安が強い時間を過ごしました。

その時、独身の私がどんな方法で自分を解消していったのか。

将来の目標や、ブログを続ける事に悩んだ私が、お金も時間もムダにしつつ「元の自分」に戻ろうと必死になった方法を、こっそり公開です。

 

不安の原因は「褒められたいくせに、自分が嫌いで自信がない」

私がブログの先生に送った1通のメール。

そこには私がずっと抱えている、大きな課題がありました。

ブログもメルマガもどうやって書けば良いのか
自分がどの方向を目指していけばいいのか
よくわからなくなってしましました。

生き方が良いと言われても、自分に自信はないし
お金だってない。彼氏もいない。
そんな底辺な生き方を多分読者さんは知らない・・ということは
私の自己開示は、プライドだけ着飾った記事なのかもしれません。

ひどいネガティブ思考ですよね。これも私なんです。

私も、家に帰れば一人きり。アラフォーの未婚女性です。

ブログを書いている時もメルマガを送っている時も一人ですので、どうしても不安になります。

実は、このメールは悩み初めて3日目くらいで送っています。

その後、思考が完全復活するまでに7日間。

10日経ってようやくブログが書けている状態なんです。恥ずかしいけど本当の話です。

悩みの中枢は

  • この仕事スタイルはいつまで続けられるの?
  • ブログを続けることに意味があるの?
  • あれ、目標ってなんだっけ?
  • もし両親が倒れたらどうしよう
  • この暮らし方でいいの?
  • マッサージうまくできなかった
  • あー野菜食べないと

最後の方が、日常の悩みになってきてるー!

中心で抱えている不安は同じどだけ、台風のように余計なことをワザと問題化させてグルグルと不安を大きくして、ずーっと悩んでる毎日でした。

 

このままじゃいけない。なんとかしなくちゃと、ジタバタやってみたことがあります。

 

落ち込んだ気持ちを立て直したい。ムダな時間も大事

今回、私が落ち込んだ時に1週間かけて色々と実践したことを上げてみます。

買い物に行く(普段行かない場所)

落ち込んだ先に、旅行の計画があったので思い切って買い出しに行きました。

ブランド志向のない私が、唯一ごひいきにしているTシャツ屋さんがあるので、行こう!と電車を乗りついで行きました。

足が痛くてもオシャレして、ヒール履いて、メイクもちゃんとして。

好きなTシャツを買うことが出来て、テンションがあがったんだけど夜にはまた「うつうつ」としてきちゃった。

楽しみな旅行なのに、困った・・

お金を使う(浪費する)

落ち込んでいる時って、お金に対してすごくシビアな考えになります。

「今月は足りないんだから使ったらダメじゃん」

「あー、またお菓子買って」

「○○で代用できるからやめよう」

100均一では買い物できるのに、洋服が買えない。頭の中でムダサイレンが流れっぱなしなので、浪費する瞬間を作りました。

それが上で言っている「旅行用の買い出し」をすることで、お金使って気分転換できないかと思ったんですね。

スーパー銭湯に行く(足が伸ばせる)

これもお金の使い方の一つで、ずっと「700円払ってスーパー銭湯行くなら、家で充分だよね?」と自分に言い聞かせていたんです。

でも、結局それじゃあ同じ気持ちのまま。

行ってみたい場所にお金を使ってみたら、気分が変わるかも!と朝一番でスーパー銭湯に行きました。

予想以上に良いところで、回数券買わなくちゃ!!!とちょっと上向きになれました。

でもまだ本調子じゃありません。

ラジオ体操・ストレッチを毎朝やる

仕事で身体を動かしているけど、運動や体操とマッサージは別物です。

日常生活の中では、同じ動きしかしていないので「動きが慢性化」しています。そうそう、マンネリ化。

身体を動かすと、マッサージのような血行が良くなる作用もあるし良かったです。

やるときはyoutubeを見ながら。独身ってこういうとき便利、誰も見てないもんね。

アニメをイッキ見して泣く(オタクでしょ)

実は、今回の落ち込みの中ですごく重要なのがアニメでした。

人から見たらムダな時間かも・・でもね、私はめちゃくちゃ励まされて、涙して、復活のキッカケになったんです。

いまあdアニメストアに入ってまして、アニメ見放題なのです。

一気見したのは「響け!ユーフォニアム」の一期、二期。2日くらいで全部見ました。

あらすじは、京都の高校の吹奏楽部が全国大会に行くまでの話なんだけど、悩んで上手くなりたい葛藤を乗り越えていく話し(要点のみで!)

 

ユーフォはアニメ二期から見ているので、関西大会への道のりが分からなかったんですよね。二期をリアルタイムで見て、感情入りすぎて最終回ひとりで号泣したくらい好きなアニメです。

一期見たら、やっぱりもー泣いてしまって。女一人で夜中にボロボロ泣いているなんて恥ずかしいですよね、

泣ける場面は同じなんだけど、今自分が抱えている悩みや不安を投影させて見ていると自然と涙が出てきます。

悩んでいる時に、自分の不安以外で感動したりするって難しいと思うのです。

だから、ユーフォニアム見ている間は物語に集中して「悩む」ことを忘れていたのが良かったのかもしれないです。

 

不安が強いと何もしたくない「私なんてさ」から抜け出す方法

不安が強くなるほど、ブログを更新していない自分と禿離して「どうしよう」って落ち込みました。

周りの仲間が頑張る姿や、充実している友人を見て「私は独身だし、お金だってないもん」自虐ばかりになってきます。

 

私は接客業をしているので、そういう自分を責める気持ちの時は本当に悪い引き寄せが起きます。

150分間、ありがとうも言われずにマッサージを受ける人や、スタッフに怒られる、マッサージ上手くできない・・本当に嫌なことばかり。

 

どうにかして不安定な状態から抜け出したい

この気持ちのままでいたくない・・・

どうしたらどうしたら・・・と焦るばかり。

 

そのときに、アニメ見たり買い物をしたり、とにかく小さなことでも動いてみる、考えてみる、感情を出してみることで身体の中のモヤ~っとしたものを出すようにしました。

重たかった霧が晴れたのは悩み始めてから9日目くらい。

 

「このまま悩んでも、最後に背中を押すのは私しかいないよ」

 

読者さんや、仲間から励ましのメールを貰って本当に嬉しかったし、こんな私のために時間を割いて送ってくれて本当に嬉しかった。

でも、何人の人が良い言葉をかけてくれても、結局最後は自分で立ち上がるしかないんですよ。

悩むのは悪いことじゃない、むしろ人間味があるのは分かっています。

でも渦中にいると、その言葉すら届かない。

本当は、励ましてもらったりメールをくれる人がいる事実を喜んで、糧にしたいのに!負のパワーって怖いですよね。

 

あー、無理!私そんなことできない、って思っても起きなくちゃいけない。

薬だってあるけれど、頼っていたらいつまでも自立できない。

どうしたら悩みや不安と付き合っていけるか、何がいま足りないのか、勉強かな、情熱かな、目標かなって常に自分を見ていかなくちゃ。

 

現代って、薬やカウンセリング、療法が増えてて「依存医療」ぽくなっているけど、それと一緒に自分自身もコントロールしていかないと。

 

しめのひとこと

私が、大きな不安から抜け出したのは「悪い引き寄せはもう嫌だ」という仕事で感じた気持ちからでした。

このとき、実は記事でも書いたホルモン剤のピルを飲んでいたこともあり、不安や悪心はホルモンバランスなのかも・・と考えていたけれど、簡単に薬のせいだと置き換えられるほど簡単な不安状態ではありませんでした。

どこかで脱却したい焦りと、何もできないほどの無気力な状態が毎日続いて、あのときは若干うつ気味だったと思います。

 

今を180度変えるなんて、到底無理なんだから「今できることを、だまされてもいいからやってみる」ようにラジオ体操して、瞑想もして、早めに寝て、1日1個フルーツ食べて、散歩して・・・って身体を動かしてみたら、不安から抜け出せてきました。

でも、また何時大きな渦がやってくるか分かりません。

そのときは、また最初からやり直せばいいんです。

ダメな自分からやり直して、またいつでもスタートすればいいんです。

キレイでクリーンな人生なんて無いのだから、落ち込んだら、お風呂で独り言して、好きな香りで寝ればいい。

 

落ち込んだり不安になるのは誰にだってあります。

それを、嫌なこと悪いことだと思って、アラフォー年齢や独身であること以上にひた隠してしまうから、一人で辛さを抱えてしまう女性が多いんですよね。

独身だと話せる人もいないし、既婚者の家族持ちの友人になんて話せないと思ってこらえているときは、このブログのメールマガジンにぜひ登録してみてください。

私も悩んだり、立ち止まったりして、決してキラキラしていないネガティブな気持ちで生きています。

一人じゃないんだなって気づいてもらえたら、それだけで私はとっても嬉しいです!

 

では、今日も読んでいただいてありがとうございましたー!

 

 

もう1記事読んでみる? 離婚して人生に絶望したときに読んでほしい記事▼

その人生絶望的…夢をあきらめたアラフォーが辛いから立ち直る方法

夫も友達も断捨離。ただひたすら離婚後の生活を這うように生きた30代。疲れたって言いたい…