海に捨てるのはダメ!離婚して結婚指輪を持っている人は幸せになれないと思う3つのこと

離婚と恋愛とパートナー

こんにちは!

アラフォー独身女性のゆたんぽセラピスト・イクミです。

 

男は女以上に恋を引きずるとか、

女は次の恋へさっさと行けるとか、

離婚したらモテるとか

色々いうけど、どれも真実じゃないって知っとるけん。

 

離婚して2年経って、いろいろ思いを書いたけれど、やっぱりモノ(指輪)が残っています。

 

 

だって、どれも「自分の心1つで如何ようにも変えることができる」から。未練もモテも、気持ちを切り替えてそっぽ向くくらいの思いだったら叶うと思ったのです。

だって、私、結婚指輪3年かかってやっと手放せましたから!!!

 

遅い!遅すぎるわ!

 

きっと、まだ好きという気持ちで前の旦那さん(または恋人)からのプレゼントを大事に閉まっている人もいると思います。それって、あなたの魅力を半減させるから早々に手放したほうがいいと思うの。

離婚前の想い出の品を捨てたら絶対に幸せになれるから!!!

スポンサーリンク



結婚していた時のものを別れたあとも使うのは運気を下げる

今日は辛口です。自分のために、読んでくれているあなたのためにも!

私、捨てる女だと思っていたんです。卒業アルバム捨てちゃってるし、気に入ったCDはプラスチックケース捨てちゃったりもしています。

でも、想い出は全然捨てられない。

 

結婚していたときに使っていた、いくつかのものを独身の生活に持って来ちゃった。その気持ちはひとつ

もったいないという気持ちがダメ

第一がこれ。

 

お金が浮くから、買う手間が省けるから、気に入っていたから・・・理由はさておき「その気持ちって結局は引きずってるやん」と思った。

小物1つとっても、何かしら記憶があるわけじゃない。使った、貰った、笑ったとか。そんな気持ちをガッツリ捨てたほうがいい。たとえ、残量8割でも捨てるが勝ち。

経済的に困窮してて、1滴も残せないとかならしょうがないけどね。

 

私もこれが一番大きくて、使えるからとかで持ってきたものが結構ありました。テーブルとか、マンガとかも。

結局は、想い出を全部引っ越ししているだけで、何も新しいことが始まってないと気づいたのです。2年かかってやっとこさ。遅いぜ!

 

一番のチョモランマ(山場)結婚指輪を大事に取っておいてもいいことがないよー!というポイントを私のダメポイントを例にして3つほどご紹介です。

2度としない結婚指輪に価値なんてない

Counselling / Pixabay

 

しかもね、磨いてるっつーダメっぷりです。

 

いい加減にしろよー!と突っ込みたい。

 

私は結納とか、婚約とか全くやっていないので最初で最後の高い指輪を貰ったわけですよ。それが捨てられなかった。

だってその指輪を一緒にペアリングにしてくれる人はもう居ないのに、とっておいてどうするねん!!てわけです。磨いたってジーニー出てこないよ!どうするべ?

 

しない指輪に価値なんて全くないんです。

 

なら売って、気に入ったリングを買ったほうが毎日が楽しくなるでしょ?

 

そう思ってプラチナ相場を眺めていましたが、結局上がり幅が少なく今では「いつ売っても良かったんじゃ?」ってポカーンとしています。

貰った指輪はちゃんとしたほうがいい。これは結婚当時も怒られたこと「休日くらいつけてよ」ってよく言われていました。

 

だって、愛情がたくさんこもったプレゼント(高価)ですからね。

参考記事→大好きな人と別れる勇気があれば好きになんてならない

 

離婚したら新しい恋を始めるためにリングを捨てよ!

離婚したらモテるって聞いてたの。

 

単純な私はちょっと信じてたのです。でも全く浮いた話がない!てゆうか沈んでる??

 

で、最近ようやく結婚指輪を売ったんですよ。

そしたら、今までなかった「あの人も独身よ。どうよどうよ」っていう話が来ました。いままで全くなかったのに。

冗談な話が多くて、すぐさま恋に発展するようなことはないけれど、離婚したから恋愛の話って遠く遠く銀河系の彼方へ飛んでいってしまったと思ってたから、挙動不審になったものよ。

 

ひとつ大きなものを手放すと、何か入ってくる。

結婚指輪を売ることで、余裕を作ってあげられると思います。

アクセサリーに想いが宿る

リングに限らず、ネックレス、ピアス、ブレスレットって「肌身離さず」の言葉通り肌にぴったりと密着していますよね。

そのため、身につけている人の幸も不幸もアクセサリーが記憶していると聞いたことがあります。

 

洋服や下着は洗うことでリセットされるけれど、アクセサリーって洗いませんよね? 丁寧な人は除菌したりするのかな?

お母さんが昔使っていたピアスを譲り受けた娘さんが、ピアスをつけると体調が悪くなったりするということが稀にあるそうです。逆に陽気になったり、キレイに見えたりする。
それって、持ち主の歴史をまた投影しているからだとか。

この話をしてくれた友人は「人からアクセサリーはもらわない」「身内のはつけずに形見として保管するだけ」にしているそうです。

悲しい思いを沢山して、最後に別れてしまったペアリング。結婚指輪ならなおのこと、早めに手放したほうが良いですよね。

スポンサーリンク



いつまでも彼を繰り返し思い出さないために全部を捨てる

私はコレができてなかった。

逆に元ダンナさんはこれができてた。この違い!

 

いま、三ヶ月くらいかけて手放せなかったあれこれを捨てたり譲ったり、売ったりしています。

 

今ココで書いてるのも、私にとってひとつひとつを【さよなら】するためのこと。今、ちょうど全部を捨ててる最中で、終わったら何か変わるといいなぁーとか思ってます。

ものがあると、いつまでも過去に縛られて無限ループで思い出してしまいます。

これを買った時は○○だったなぁとか、嬉しかったなぁって思いだしたらやっぱり涙が出る。

 

そんな気持ちを繰り返していたって、何も変われないって分かった。

 

 

捨てたところは、また新しい好きなものを追加したほうが、自分の心が豊かになります。いつまでも過去にとらわれて、結婚していたときのグッズを使うのは運気を下げてしまいます。

マンネリした自分を変えたいなら捨てるを習慣化

転職だって、離婚だって、恋愛だってそうです。

 

古くなった靴を誰から「ほ〜ら」ってくれるわけじゃないし、捨てないと靴箱だって満杯になってしまいます。

時々新しいものをばーんと取り入れて、自分を替えないといつまでも同じまま。

 

ぐるぐると山手線をぐるぐるしながら「渋谷いいな〜」とか「目黒川いいな〜」って指を加えてみているだけなら、知らない駅で降りて「ヤバイ!巣鴨楽しい!」って新しい発見できたら、その日が楽しくなりませんか?

私も、捨てているつもり、だったみたいで実は何もできてなかったんだなと思えました。

好きなものを捨てたら戻ってこない

よく、捨てるを勘違いして自分が好きなものを変えてしまう人がいます。

好きなものが、もう貴方自身であるなら捨てなくてもいいんです!

 

結婚指輪も、デザインが好きすぎて今でもしてるんです〜という人がいたら、もう捨てなくてもいいかも。いないかな、そんな人。

私はおもしろTシャツが好きすぎて、これだけは捨てられませんでした。

おもしろおかしく生きていたい私のポリシー

 

しめのひとこと

離婚して2年が経って、ようやく自分の身の回りを見渡せるようになりました。

 

1年めは転職で

2年めはブログとかセラピスト復帰とかで

 

時間がないを言い訳にして、放ったらかしにしていた未来の自分とようやく向き合えるようになってきました。

だから、離婚するときは家出かってくらいの荷物のほうがいいかもと思うし、人生をリセットできるいいきっかけだと思います。

 

ちなみに結婚指輪は、ここで買い取ってもらいました。
電話もないし、宅配キットが無料というのがいいですね!

指輪買取

↑画像クリックで詳細ページへ

片耳18金ピアスも一緒に査定に出して1万円越えて現金化できました。査定が入らなかったら無料で返送してくれるサービスもありますよ。

離婚して2年も経ってようやく結婚指輪を手放せた、その処分方法を紹介しています

 

ではではー!

今日はこの辺で!!

 

スポンサーリンク