貯金箱の大量を小銭から両替するならゆうちょ!手数料無料でお札に換金!

1年ならがんばれそう
お金のタイムカプセル管理術

こんにちわ!

 

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

前回、貯金箱で約4万円を1年間で貯金できたよ!やったー!という記事を書きましたが、小銭って貯めたらどんなやり方で換金するの?

私も最初は分からなかったんです。

 

何度かトライして、最終的にはゆうちょが一番おすすめ!になりました。今回はその方法をご紹介します。

 

銀行よりもゆうちょの窓口で小銭両替するのがおすすめの理由

前回の記事「お金が貯まらない私でも貯金箱で1年に4万円小銭をゆうちょで換金できたコツ!」で、貯金初心者さんはまず貯金箱から始めてみるといいよー!と書きましたが、実際に1年も小銭を貯めているとその重量は2キロ近くにもなります。

 

お金=銀行でどうにかしよう。と私も最初思っていたんです。

小銭をお札にするときは、その口座に振り込みという形をとるのが一般的です。銀行によっても扱いは一緒。

 

しかし、銀行では両替するということになるため実は小銭を大量に持って行くと手数料が取られます。

 

それならATMの小銭でやればいいじゃない?と思うかもだけど、ATMの小銭は大量計算になれていないので、とにかく時間がかかる。

多いと3~5分待たされることもありました。これは忍耐力が必要ですね。

 

 

他にも銀行には、自動両替機というものがあります。

500枚までの小銭を読み取ってくれますが、商業施設が多い場所だと店舗の人がお札の両替に来ていたりして、長い時間いると視線を感じることも・・・

しかも設置されてない場合もあるので下見が必要だったりします。

 

銀行の窓口で小銭を出して「両替してください」とお願いすると銀行の通帳が必須です。しかも銀行によっては手数料が取られる場合もあります。

以前、三井住友銀行で両替をお願いしたところ手数料がかかりますよ?と言われてやむなく諦めました。

 

おすすめの両替なら郵便局なら手数料無料!

私がおすすめなのは、どこにでもある郵便局。ゆうちょです。

 

ゆうちょなら手数料無料!しかも早い!5分以内で終了してくれるので、待ち時間も少ないです。

銀行と違って、家の近所に郵便局があるよーという人は重い小銭を持ち歩かなくて済みますよね。

 

では、今度は郵便局での両替の方法についてご紹介します。

 

ゆうちょはATMじゃない!窓口で小銭を出すときのスムーズなやり方

annca / Pixabay

ゆうちょでは、両替というカテゴリーがありません。そのため小銭を持って行くと「ゆうちょ口座に入金」という形をとります。

郵便局にいったら、ATMでもなく、郵便窓口でもなく、貯金などの対応窓口に行きましょう。

 

郵便局に行くときに必要なものは

  • ゆうちょ銀行の通帳
  • 両替する小銭

これだけです。通帳があるので、身分証明も必要ありません。

 

窓口では「小銭を通帳に入金お願いします」というとスムーズです。

担当の方が、青い入金専用用紙をくれるので「名前」「ふりがな」を書いておしまい(電話番号を書く場合もあります)とっても簡単ですよね。

 

金額が確定すると、再び窓口に呼ばれるので金額を入金用紙に記入して、通帳が返ってくるのを待ちます。

 

窓口では、お札として出てくることはありません。

すぐに引き出したいときはATMに寄ってから帰りましょうね。

 

しめのひとこと

意外と簡単なゆうちょでの入金。

平日の日中を狙うと人が少ないので待ち時間5分で入金してくれることもあります。

銀行だと、他の業務が忙しく名前を呼ばれるまで時間がかかることを考えたら、ゆうちょがおすすです!

 

 

貯金ゼロだった私の、コツコツの始まりは貯金箱でした

関連記事>>お金が貯まらない私でも貯金箱で1年に4万円小銭をゆうちょで換金できたコツ!

 

ではでは!今日はこの辺で―!