オタク復活!同人イベントにサークル参加は準備が大変だけど超楽しかった【閃華の刻】

オタクでいいじゃない

おこんにちわ。

アラフォー独身女性のゆたんぽ(オタク)せらぴすと・イクミです。

 

去年から、じわじわオタクに復帰、復活、出戻り、おかえり!状態の私

とうとう同人イベントに復帰してしまいました!!

って言っても、今回は友だちの手伝いなんだけど、売る側(スペース)の内側はなんと12年ぶり。いやもっとかも!

何かを好きな気持ちって最高だわー!楽しいー!という話や、同人イベントってどんなもの?というのを会場からレポートしちゃいます。

世の中にはまだまだ楽しいことがあるぞ!というお話。

スポンサーリンク

同人イベントとは? コミケと何が違うの?

会場エントランスはクロークや物販販売があります

同人誌即売会といえば、コミックマーケット(通称コミケ)が有名ですね。

実は、オタクが呼称する「同人イベント(通称イベント)」とは違うものなのです。

表で比較してみましょう!

人が多い、暑い、日影が無いなどありますが、それでも増え続ける人口・・・すごいわ。

私が現役でサークル参加していた頃とは、あれこれ違ってて浦島太郎状態!

それでも、サークル参加する側は「自分の創作物を頒布する」ことに変わりはありません。同人誌、モチーフアクセサリー、小物、ポーチ、石鹸、あーもう色々売ってるんですわ!

スポンサーリンク

刀剣乱舞オンリーイベント「閃華の刻」は想像以上にすごい人・・

友人のお手伝いで、東京ビックサイトで開催された刀剣乱舞のオンリーイベントにサークル参加してきました。

オンリーというのは、歩いても歩いてもそのジャンルしかない夢のようなイベントです。

ほら、コスメストアって同じ場所に資生堂とか、メイベリンとかがギュッとしているでしょ?あれが店舗全部がちふれ!とかワンフロア全部DHCとか!のイメージです。マツキヨじゃない。

 

私は何も売らないのでお手伝い人でしたが、とうらぶモチーフアクセを作っている友人から「間に合わない!梱包手伝って!」と言われて、会場までの1時間カッターと定規が私の武器でした。(そうそう、手伝ってくれる人を「売り子」と呼ぶのもオタク用語)

 

11時の開場から、じわじわお客さんが増えます。増えます・・・すごいいる!めっちゃいる!

バーゲン!行ったことないけど、年始のラフォーレ原宿とかプランタンとか阪急デパートはこんな感じかもしれない。

売れているサークルさんは並んで本を買うし、アクセサークルさんも列が出来ているとこもちらほら。

同人イベントはオタク女子をワクワクさせる

なぜ勇気を出して買わなかった

東京ビックサイトは広いので、出張店舗や印刷会社、画材、ガムテなど売っています。

自分の買い物に出かけた時に、西ホールのアトリウムで見つけた物販には

  • 冷凍フルーツ
  • りんごあめ
  • チョコバナナ
  • おだんご
  • 大福
  • シフォンケーキ
  • ドライフルーツ(めっちゃ試食くれる)
  • ラスク
  • 画材

パパっと食べられるものが売られています。

フェスと違うのは「同人イベントはあくまでもサークル参加が主体!」なことを貫いてるんですよね。フードコーナーとかなくって、サークルスペースで食べられるものばかり。だからカレーとかビールは販売してないの。レストランのみなんですよ。

イクミ
テンション高くなって、ごはん食べなくても夜までへっちゃら!

同じ西アトリウムで、七夕への願いごとスペースがあったから、こっそりお願いしてきました。

お焚きあげしていただきたい。

短冊への願い事がサラッとかけることも、オタクな私でも許されるすごい場所です。

最後のサークル参加も東京ビックサイトでした

私が20代のころ、最後にサークル参加したときのライブドア日記が残っていました。

2004年5月3日

楽しかったー!!!!

おかげさまで、新刊完売いたしました。

合同誌も残りの分は美村くんに預けたので、夏コミと夏インテにお目見えするかと思います。また詳細はお知らせしますね~
新刊の増刷は検討します。刷るとなると50なので…

もうすごいしあわせです(T-T)

ボード書けなくて、大宮本の表紙を再利用したところ、かわいいと言って下さる方がいて、ちょうどその時はスケブを描いていて顔が上げられなかったのですが「きゃー!」ですよ!さながらアイドルです!(笑)

そのかわいいと評判な大宮本、わざわざPICO様が確認に来てくださって…なんて丁寧なんだ!

お声をかけていただいた皆様ありがとうございました!化粧くずれしていても見捨てないでください!
最後なので…とスケブを頼んで下さった方々、嬉しかったです~!

やはりイベントは楽しいね!痛感!

当時のライブドアブログより

これを最後に、私はセラピスト学校に通うためサークル参加を辞めているのです。このときの私に言ってやりたい!

「出戻るから!!」

好きなことを、15年以上ずーっと捨てようとしても投げきれなかった私。独身オタクは悩むこともあるけれど、今めっちゃ楽しいです。

しめのひとこと

イベントの空気って独特で、みんながそのジャンルが好きで、好きで表現したい、欲しい、萌えを満喫!みたいな感じになっている。カオス!!!!

自分が欲しかったサークルさんで、欲しいものが買えた時に「わー!」って高揚する気持ちを忘れていました。

 

イベントでしか会えない友達と女子高のノリになったり、準備不足で「あなやー!」となってしまったことすらも終われば楽しかったね!になるのが不思議なのです。

これが仕事でミスした時なんてもう、私一生独身で幸せなんて無理・・・って自分を追い込んでしまいます。

オタクも独身人生も、トライアンドエラー!一度手放したものを、もう1度楽しんでみることも良いと思います!

自分に勧めてもらったものを、好き嫌い言わずにまずは体験してみる。

その勇気や殻破りも引っ込み思案なアラフォー女子には大事なことですし、自分の価値観ほど揺らぐものはありませんからね。

 

知らない場所に行ってみる、そうすると「おもしろい!」ことがまた見つかるかもしれませんよー!

 

出戻り経歴はこちら▼
歴史も分からない初心者が刀剣乱舞ミュージカルでペンライト片手にオタクに返り咲いた件

スポンサーリンク