レデッカーの道具にひとめぼれしたインダストリアルデザインに失神しそうだ

あれこれ商品レビュー

【本日のお買い物】

Redecker レデッカー キッズ ダストパン ちりとり ブルー ¥200

 

この英語、レデッカーと読みます。最初レッドチェッカーって読んじゃったよ…英語力低すぎる。

ほうきとかブラシが好きです。セリアの子供用ほうきも持っています。

もしかしたら、私の前世は魔女の宅急便のキキだったのかもしれない…!(あるわけない)

その位好きですが、好きでもブランドって知らないんですよね。勉強していないからなんだけど。

というわけでお勉強も兼ねて、このかわいいちりとりをご紹介。

 

お店の改装セールも兼ねて、定価700円ほどのちり取りが200円になっていました。

色は、グリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4色展開で現在も販売しています

スポンサーリンク

ドイツの老舗ブラシブランドでもあるレデッカー

レデッカーはドイツで生産されている、ブラシをはじめとする生活雑貨のメーカーです。

北欧雑貨が人気の今、名前を地道に上げてきているメーカーでもあります。

 

形はシンプル、でもうつくしい。

天然素材にこだわって作られている、ブラシには海を越えた職人たちの愛が製品に溢れています。

シンプル、でも機能がしっかり備わっているものに惹かれます。

大人になるにつれ、シンプルさを求める傾向が強くなってきました。シンプルだけど、ちょっと変、そんなものも大好きです。

生活用品も扱っているので、洗剤のブラシや、掃除のデッキブラシなど多岐にわたります。

 

小ぶりでかわいい!ディスプレイにも実用的でもOK

DSC01245

子どもでも小さいほど!の大きさです。

3歳くらいまでならかわいいかな? 大人が持つと、小ぼうきか?!

B5ノートひとまわり小さいくらいかな? 柄のところに穴が開いていますが、デフォルトでは何もひもはついていないので、アレンジが効くかな~と思って、とりあえず麻ヒモで作っておきました。

革ひもや、リボンなどお部屋に合わせていろいろとできますよ。

トップ画像にうつっている、私のほうきは、もう10年以上前に買ってもらった卓上ほうき。

 

これで、原稿のペン入れからの消しゴムかけのカスを沢山かき集めたなぁ、青春の1ページが刻まれています。キラキラ。

実用を重視するなら、ちょっと物足りないかも。

ゴミを書き上げるところに、ゴムなどの加工がされていないので、大きな紙ごみなどしか取れないと思います。

粉や埃のような、日常で使いたいときにはしっかりとしたちり取りがベター。

お子さんのゴミに対するトレーニングにはもってこいかも!

ベランダや、ペットのゴミ取りをオシャレにするのもいいですね。

 

まとめ

これは、本当に良い買い物でした。

700円→200円なんて半額以下! 冬のセールは一般的に夏よりも値引き率が大きいので、こういった掘り出し雑貨がたくさん出てきます。

このちりとりも、セール品が並ぶ棚の、一番下の、ちょっと奥に眠っていたので、通り過ぎていたら見過ごしていたな~って思います。

いろんな商品って、めぐり合わせで自分のもとへやってくるのも、ご縁だなって。人と一緒ですね。来るべき人のところにくるのかなと、いいものを買ったときは思っています。