プロフィール

はじめまして。

ブログの中の人、イクミです。

プロフィールを開いてくださりありがとうございます!!

 

わたくし、普段は独身女性のためのゆたんぽせらぴすとをお仕事にしています。

 

離婚して3年が経ち、私も2018年5月で37歳アラフォーまっしぐら!

もう40歳を目の前にして、自由でいいね~と言われることがあります。

 

30歳の頃は家族のために働くのが当たり前。夢や目標がなく仕事ばっかりの自分は何もないダメな人間だとずっと思っていました。

今まで当たり前の生活が無くなり、初めてお金、将来のこと、働くことを考えました。

 

めちゃくちゃ凹みながらも、少しずつ好きな仕事と生活スタイルを作りながら、好きなものに囲まれるオタク道をひた走っています。

 

結婚生活3年目で破局。おひとりさまに…

10年以上お付き合いした人と、2011年に結婚して3年で離婚しました。

多分、人生で親の次に一緒に居た人ではないかと思います。

 

原因は私。

離婚を言いだしたのも私。

彼を追いつめたのも私。

先に家を出たのも私。

 

春になると、離婚届を持って行った市役所の風景を思い出します。

隣同士で順番を待ち、窓口で一緒に紙切れを出して、ものの3分で終わってしまった事務的な瞬間は一生忘れません。

 

友達以上の家族になったのに、なにひとつ自分の気持ちや思いをぶつけたことがなかった仮面夫婦でした。

ケンカをしたことがなかった私たちがした、最大のケンカは離婚直前のダイニングテーブル。

すぐに黙る私に「そういうところ、ちゃんと言えよ」と温厚な人から言われた荒い言葉はいまでも覚えています。

 

気持ちが泥のように重くなった私の支えは仕事だけ。

仕事をしている間はモヤモヤした気持ちを忘れさせてくれました。

職場でも仲が良かった男友達は、何かと面倒見がよくてオタクな話をしてもノリが合う人でした。

優しいと思って寄りかかった私は、どんどん彼に心惹かれていったのです。

 

 

私が離婚した後も、何度か会い体の関係もありました。

あるとき、ふと見たら左の薬指に指輪「結婚したんだ」ってまるで罪がなかったかのように告げられたのです。

 

あー、体の関係はもはやセフレレベルだったんだと思ったら、ものすごい落ち込んで開き直るまでに1年かかりました。

「君と彼女と天秤にかけてた」とか「イイ女だよね」なんて!

恋愛経験の少ない私はまんまと嵌められたわけですよ。

 

このどす黒い感情、なかなか口にすることが出来なかったけど言ってしまうとラクになりました。

 

そんなことがあって、

「結婚しない人生」

を考える時間が増えました。

 

もちろん、大切にしたいパートナーがいてくれたら幸せだと思います。

一度、人を失う経験をしたからこそ今度は泣いたり怒ったり感情を出して誰かを好きになりたいです。

 

でも、今は一人。

 

毎日一人きりの人生に重い不安しかなかった

mohamed_hassan / Pixabay

離婚したときは、とにかく自分が生活するお金が必要。

「ちゃんとしている仕事」をしようと、派遣事務に転職しました。

毎日デスクに行きエクセルを叩いて定時に帰る一般職は安定しているように見えたけど、実際は34歳で簡単なことも覚えられない自分がイヤでした。

好きでもない数字と、言葉遣いの悪い女上司、1円の間違えも許されない月末処理や売掛計算に疲弊して毎日が本当に憂鬱で「このまま生きてていいんだろうか」と何も楽しむことが出来なかった日々です。

 

今までは、家族のため将来のためって思いながら仕事を選んでいました。

派遣の雇用って、今は無期限雇用もあるけれど3年が限度です。

3年経ったらどうするの?と、ずっと不安が隣の席にいるんです。

 

貯金はどうするの?

税金は払えるの?

 

お金のことや将来のことを真剣に考え始めたのが34歳でした。

 

不安なままドアを開けた向こう側には○○があった

Free-Photos / Pixabay

そんな憂鬱な毎日を変えてくれたのが、ブログを書くことでした。

元々デザイン学校出身ということもあり、自分でホームページを作っていたこともあります。

 

このブログを始めたころに、2人の先生と出会いました。

1人は、まるで陽だまりの縁側で冷たい氷麦茶を飲みながら語らう様に寄り添ってくれる先生。

もう1人は、オタクでネガティブな私を絶賛してくれる先生。私が一人でコソコソ楽しんでいたおもちゃな趣味をバカにせずに、そのままでいいと言ってくれました。

 

ドアを開けると、自分で歩いて次の場所に行くことが出来ます。

ブログを書く仲間から聞く違う職場の話は、平凡な私をぐいぐい引き込んでくれました。

ブラック企業、漫画家、引きこもり、音楽の話、塗装の話、子育て・・・パソコンの向こう側の仲間と実際に会うことで、1人で過ごしていた部屋も明るく見えるようになりました。

 

ブログを書きながら、何もなかった私にも小さな夢が芽吹いたのがこの頃です。

「ずっとやりたかったマッサージに復帰する」

28歳のとき、店舗とケンカをして二度と復帰しないと封印したセラピストに戻ることでした。

 

たった1人の女性のために、オーダーメイドのマッサージをしたい。

 

でも、そんなこと叶うのだろうか?

資金もないし、独身だし、こんな私でいいのかっていつもいつも不安でたまりません。

それでも、やってみよう!と開店したのが「いろり会」です。

 

オタクな私にしか出来ないマッサージをする

過去の自分を記事にするたびに

「自分みたいにオタクなんだけど言えなかったり、おひとり様の女性って不安ばっかりだな」って考えることが増えました。

 

私もお金や将来のパートナー、独身である不安は同じようにあります。

その気持ちを抱えているから、同じように悩む人の気持ちがわかります。

 

そんなオタクの私だからこそ、趣味や好きなものがある女性を応援したいし、

和室で一緒にお茶を飲んで笑ったり、マッサージに行きたいけど怖い・・そんなアラフォー女性のこころとからだをほぐせる時間を届けたいと思っていろり会を始めました。

緑や花が見える縁側でマッサージする時間は、きっと最高の癒しになるはずです。

 

以前の私はすぐに

独身だから・・・

私はオタクだし変な奴だから・・・

おしゃれでもかわいくもないし・・・

と自分のダメな部分を、おひとり様という枠から出したくなくてもがいていました。

 

いろり会を毎月開店していくうちに、

やってみたいことは、とりあえずやってみたら?

怖いまま進めば何かある

隣の芝生は青くて、キラキラしてても平気

ネガティブに考えたっていい

オタクなままで40歳を迎えていい

 

こんな風に考えることができたのは、このブログや読者さん、支えてくれる先生や仲間があってこそです。

 

オタクを捨てなきゃ変われないと思っていた

独身女性のための「いろり会」も、最初はお客さんがきませんでした。

やっぱり、笑顔でキラキラした人じゃないとだめなのかな? と日々不安だけが募ります。

ブログでは好きなことや、オタクなことを記事にしているけれど、ダメダメなな自分が変わらないといけない、オタクよりもかっこよい人の方がいいのかなとか余計なことばかり考えます。

 

元夫と一緒で影響を受けた大好きなアニメやガチャガチャ、カルチャーや音楽も全部捨てなくちゃいけない。

そうしないと、自分が変われないと思っていたからです。

 

でも、いろり会に来てくれたお客さんは違ってしました。

「私もオタクでイベント行ってます!」

「婚活で悩んでいたけど、好きなことに一生懸命なイクミさんを見ると元気がでます」

すると、いろり会にもリピーターさんが少しずつ増え始めてきたんです。

 

元夫との昔を思い出して辛かったオタクな部分も次第に許せるようになってきました。

今となっては、離婚したからこそ「アラフォーでオタク」な自分らしさを出すことができました。

そして、好きなことで仕事をする時間も今までよりずっと増えています。

 

ブログやいろり会に来てくださるお客様のおかげで、私は独身な自分を後ろめたく思わずに、趣味を楽しみながら生活できています。

一人きりだったら、絶対できなかったことです。

私は書きたいブログや、一度捨てたマッサージやオタクな趣味を大事にできることが人生を豊かにできるし「引き寄せ」や「偶然」も起きると思います!

 

アラフォーという年齢や会社のめんどくさい人間関係に悩んで、疲れて、戸惑って・・・ぐるぐるしている私と同じアラフォー独身のあなたが、自分を捨ててしまうなら「いろり会」に来てほしいです。

自分に厳しくてもいいけれど、素直じゃないと経済的な自立も、目の前の幸せも、これから出会う素敵なことも遠ざけてしまいそう。

「あと人生3回やりなおしたい!」と思わず言ってしまいたくなるような時間を、私のブログとマッサージでぜひ一緒に作りましょう!

 

 

まだまだ不安もあるけれど、そんな風に少しずつ自分らしくいられる練習方法をブログでお伝えしています。

1人きりで悩んだ時には、このブログとマッサージがあなたに寄り添えたらとっても嬉しいです。

 

独身女性のための「いろり会」が気になったらこちら

 

 最後に、私が捨てられなかった「好きなモノ」をどーんと紹介します

マンガ・雑誌・本・アニメ

マンガは宝物。

人生に影響を受けた作品は、姉の結婚、スラムダンク、幽遊白書、らんま1/2、うる星やつら、のだめカンタービレ、ハチミツとクローバー、すごいよマサルさん、日常、ガンダムウイング、谷川史子先生作品

庵野秀明監督と安野モヨコさんのような夫婦が夢。

おすすめ記事▼

もういなくなりたい…最低な人生になったとき、泣くも笑うも教えてくれたのはいつもアニメとホモでした

3次元アイドル

ずっとTOKIOが一番です。辛かった時もあるけどずっと好きだと思う。

最近は2.5次元ミュージカルにも行き始めています。

おかげで刀剣乱舞にどっぷり。アラフォーになってもオタクが楽しいです。毎日が雅にじじいに楽しい(NOT審神者)

おすすめ記事▼

歴史も分からない初心者が刀剣乱舞ミュージカルでペンライト片手にオタクに返り咲いた件【つわものどもがゆめのあと】

ガチャガチャやサブカル

銀座博品館や、ロフト、東急ハンズ、おもちゃ売り場、秋葉原であれこれ見るのが好きです。

ビレッジヴァンガードも長時間いられます。こっそりラーメンズが好き。

おすすめ記事▼

大人の本気!ガチャガチャのミニチュアスナイパーを設置したら1人暮らしでも寂しくないよ

手書きが好き

写真にも手書きで文字を書きます。

同人サークル活動も20歳くらいまでやっていました。

セミナーや勉強会では手持ちのパソコンを開かず、手でずっと何か書いています。

ブログの手書きは全て自作しています。

おすすめ記事▼

たくさん書かない方が良い!見やすいA5マンスリー手帳を手書きで作るためのすぐにできる簡単な書き方のコツ

 

 

最後に、私の経歴をちょっとだけ公開します。

 

ファッション雑誌の編集者

印刷会社でDTPをやりながらお金を貯めて整体学校に通う

24歳でタイ式マッサージ店

足踏み台湾式マッサージ店

某駅のボディケア店

一個前に逆戻り

大手ファッション通販サイトの倉庫

リクルート派遣事務

単発バイト

あっというまの37歳

タイ式マッサージ店で働きながら、週末はいろり会のゆたんぽせらぴすと、手書きデザインコンサルタント、こっそりネットライターをやっています。

 

 メールマガジンも配信しています(無料)

アラフォー独身女性がぶち当たる3つの悩みを電子書籍にしてプレゼント中です!

  • ひとりで出来るずぼらストレッチブック
    現役セラピストの私がこっそりやっている、ずぼらさんでもできるストレッチで体の中から「嫌なもの」を出しましょう
  • 行動できる私になれる4つのルールブック
    お金や女の年齢を言い訳にしない、転職や勉強ができるようになるアラフォー行動学
  • すべて実体験!経験値がたまる派遣の働き方Q&A
    派遣でお仕事するのが恥ずかしい?そんなことは絶対ありません!これを読めば人間関係も円滑になる!

登録はこちらから