最低な離婚をした女性へ…引越しと転職は同時か先にするか?タイミングは○○!

35歳からの仕事・転職

こんにちわ。

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

私、33歳のとき最低な離婚をしています。

だから今、バツイチです。

 

自分が離婚したってことを、笑顔で言える人は、多分少ないと思うんです。

恥ずかしいことだと思っているし、私は今でこそ言えるけれど・・1年くらいは人を選んでいました。怖かった。

 

離婚すると女性も男性も住む所が別々になります。

悩みで多いのが

  • 引越しと離婚どっちを先?
  • 離婚と転職は同時じゃダメ?

これが、意外と決められないし誰にも相談ができない。そして個人の生活に左右されるから正解もないんです。

今回は書類とか細かいことではなく、私が経験した中で見つけた離婚と転職のバランスについてです。

スポンサーリンク

離婚が決まったら最初にやること→引越しの準備

哀しいけれど別れたら直ぐに次のステップ

私は、元旦那さんと離婚が決まったらすぐに住むところを探しました。

仕事をしていたので、辞めずにいれば多少でも収入が入ってくるし、社会保険も大丈夫。

2人で住んでいた家の更新が迫っていたし、私は先に出ようと決めていたので毎度の仕事の休みを利用して物件探しをしていました。

元旦那さんも同時期に物件探していたのを覚えています。

2人の会話はあったから、どんな家?とか聞いて新築なのに嫉妬したり。

 

仕事がある人は、まずは職場に甘えて継続して就業させてもらいましょう。

夫と別れてもお金があれば何とかなる

どれだけ好きだった人でも、すれ違いはあるし別れはきます。

自分の離婚で痛いほど思い知りました。

別れで泣いてたって毎日はやってきます。

 

しかし、収入が途切れると生活ができません。

これからは自分のための収入です。

先に転職活動をして、派遣やアルバイトも採用されない日々がきたら、今度は引越しができなくなります。

 

家を出れなくなれば、離婚したのに…?となるかもだし、お金がないまま家を出ると生活が苦しくなるし、貯金もなかったら誰かに借りることになるんです。

たとえば、引っ越し資金が無くって親に借りた時に転職活動までしてたら、そりゃ心配しない訳がない!

 

私は大丈夫のお守り代わりにも、しばらく仕事は続けることをおすすめします。

スポンサーリンク

立ち直れない離婚でも職場を変えたい…転職するタイミング

KateCox / Pixabay

 

当時の私はアルバイトで時給1200円。

福利厚生の整った会社にいたので、生活がガックリ傾くことはまだ大丈夫でした(結局、精神的にダメになって半年後に退職していますが)

関連記事>>35歳で離婚後アルバイトを辞めて派遣事務になったら大変で弱音を吐いていました

 

離婚してもしばらくは18万円の生活費の確保ができたので辞めることは考えませんでした。

立ち直れなくなるほど相手を傷つける離婚だったので、自分に寂しさや悲しみが来るのが遅かったんです。

だから仕事に夢中になれたし、自分の生活リズムを崩さずに移行することができました。

 

30代女性が離婚で独身になったときに泣くよりも考えるべきこと

女性だって感情を吐き出したい。だからガンガン泣こう

20代と違って、30代~40代のアラフォー、アラサー世代は転職が思う様に進まないなど、自分に不利な状況もあります。

だから私は離婚も慎重になってほしいと思います。

一度にすべてを失うと、自分が死んでしまえばいいと絶対に思ってしまうから。

 

私って何のために居るの?

 

その寂しい泣きたい気持ちを仕事で埋める、そんな期間もあっていいと思うんです。

 

離婚した後の引っ越しは、本当に辛いです。

 

いままで24時間2人で過ごしてきた部屋を出ていくときの光景は今でも忘れられません。

きっと私よりも元ダンナさんの方が数十倍辛かったと思う(後から引っ越ししたから)だから一時のスパークした感情で「別れる」決断をしないでほしい。

 

そのためには、別居とか実家に帰るとか旅行とか冷静になる時間を作って離れて考える。

私はその期間を作れなかったからダメになってしまった。最後まで本当のことを話さずに終わりを迎えました。

30代の女性が精神面で辛いときに引越しをすると

引越しには荷造り、新居、手続き・・・体力と精神力を一人で背負うことになる

転職は面接に落ちた時のダメージや、アラフォーの現実を目の当たりにして一人で立ち向かわなくちゃいけない

この2つをがんばれる自分を想像できたら離婚してください。

引越しの作業は本当に大変です。最初の難関かもしれない

自分一人で生きていくことのスタートダッシュができるかどうかの関門です。

 

離婚して転職活動を始めるまでの期間は短い方が得?

これは、置かれた環境や地域によって様々です。

落ち着いてからってよくあるけど、離婚したばっかりで何に落ち着くのだろう?

私の体験を言うなら、半分以上の変更手続きが完了してから転職活動したほうがいいです。

 

転職活動で「離婚したばっかり」なんて話はしたくない。

そのためにも氏名と住所は変更が終わっていたほうが面接で突っ込まれなくていいと思うのです。

変更が早くできるような銀行口座は即変更手続きしたほうがいいし、転職活動に必要な派遣サイトも全部名前の更新しなくちゃ。

そう思うと、アラフォーで別れるってめちゃくちゃ大変だね・・・いや、アラサーもか。

離婚した女性は、みんなすごい。

いま働いている会社にバレずに転職活動

私は7月に引っ越しをして、翌年の2月に転職しています。その期間およそ5カ月。

離婚してから、すぐに転職サイトを見ていたけど面接とか求人応募を始めたのは4ヵ月以上後でした。

正社員ではなくて、派遣で堅実な事務職もその時からの視野でした。

関連記事→ 35歳でも事務職に就くことが出来たコツ

 

職場の人に「離婚したから転職活動してる」って思われたくなかった。

管理職なったことで夫婦仲が悪くなったことを悟られたくなかったんだろうなぁ。

今思えば、なんか完璧主義な自分がいたと思えるけど当時は必至に立場を守ろうとしてました。

新しい出発をしたい人は、誰にも知らせずに転職活動をしたほうがいいかも。

 

しめのひとこと

長々と書いてしまいましたが、要点をいうとね。

 

別れることが決まったら、とにかく最初に新居探しをすること。

 

そして、引っ越しを手伝ってくれる人を募集すること。

居なかったらここで業者の見積もりとか、自分でやるならレンタカーの手配があるから大変だよ。

今、仕事をして収入があるなら絶対そこは守るべきところ。お金の道がなくなったら、引っ越ししても生活できません。

 

転職は慌てたら転びます。だから少しずつネットで探したり、派遣会社に登録して様子を見るのがおすすめ。

私は当時3つ程の転職サイトや、派遣会社に登録して情報収集していました。

 

33歳で離婚、大卒資格のないアラフォーの私でも「@type女性の転職」サイトを使って情報収集しながら未経験で事務に転職できました。

@type女性の転職の体験口コミはこちらから読めます

コメント

タイトルとURLをコピーしました