セラピストに向いてない会話苦手なアラフォーが業界に出戻りして夢を叶える【まとめ】

完全まとめシリーズ

実は私「セラピストには向いていないわね」と言われたことがあります。

ずどーん。ショックでした。

インドの伝統医学、アーユルヴェーダでは人の性質を4つに区分けしつつ体調を分析するんだけど、私はその中でも

  • せっかち
  • 施術のリズムが早い
  • じっとしてられない

風の性質が強くて、あまりセラピスト向きではなくって、どちらかといえば営業とか外に行くタイプらしい。

 

とは言っても統計学だからね、向いてないと言われても10年です。

自分が嫌になって、仕事を辞めたいと思っていた私がセラピストとして生きていけるようになった考え方。

タイ式を通じてマッサージをまだ受けたことのない独身女性に伝えたいこと。

現在地に来るまでの挫折、苦悩をセキララに語ったまとめページです。

スポンサーリンク



アラフォーでセラピストの生き方を選ぶ決心

セラピストは指名があるとぐーんと成長できます。でも、会話が超苦手だった私は店長だったのに指名ゼロでした・・・

指名のないセラピストの私が人間関係が苦手だと割り切ったら数が増えた話
こんにちは!アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。 初めて就職したマッサージ店で店長になったときから10年経った今まで私には大きなトラウマがありました。 それは、指名がないセラピストだということ。 ...

 

それでも、会話を大事にするということを学んで技術よりも人柄だと気付いたのは個人開業してからでした。

週末副業はセラピストです。転職を繰り返した私だから「会話」を大事にしたい想いを話します
週末副業でせらぴすと活動をしている私が、他のどこでもやっていない「アラフォーで独身女子のためのサロン」作りのために大事にしている会話についてあつく語っております。他の誰にも出せない、自分の人生に共感してもらえる普通だけど、普通がわからなくなった人に届けたい記事です。

セラピストに向いてないを決めるのは自分ではない

ずっと指名をくれたオジサマがずっと我慢してきたことを聞いて、私は何をやっていたんだ・・と辞めたくなった

自分に自信がないセラピストがお客様との信頼関係を上手につくる方法
おこんにちわ。 アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミですよ。 とっても凹むことがありました。 私はなんて身勝手なマッサージをしていたんだろうと、頭を大太刀でどかーんとはたかれたような感じ。 そんなお仕事での...

 

挫折して泣きながらごはんを食べたことだってあります。印刷業していたときもご飯食べながら泣きまくったっけなぁ・・(遠目)

1億回仕事を辞めたい。セラピストの仕事で経験した挫折を話そう
こんにちわー。 アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです! 今月の特集は、セラピストとして仕事をしていること、また今まで書いていない海外修行の話とか、普段のタイマッサージに関しての考えを記事にしていきます。 接客業は...

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました