SNSの人間関係に疲れても「スマホが手放せない」独身女性が壊れてく…自分らしい生き方はどこ?

SNSとのつきあい方

おこんにちわ。

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです!

 

前回、facebookを退会した記事を書きました。

本音を言うとね、アカウント削除は、大丈夫かな・・嫌われたりしないかなって考えたりしました。

削除の決意に至るまで、本当にたくさん悩んで迷って、毒を吐いて、人と比較しては落ち込んでを繰り返してきました。

 

この記事は、今SNSでのコミュニケーションに悩んでいたり、優しくしたいけれど傷ついている自分をダメだと思っている人に、読んでほしいです。

スポンサーリンク

人から良く見られたい、だからSNSを辞められないんだ

自分はちっぽけだってわかってる

私がfacebookを辞めようと思ったのは、いくつかの理由がありました。

一番は、とにかく人と比較してしまうことで、どんどん自分を追い込んでしまったことでした。

facebookを見ると落ち込む

誰も悪いわけじゃないんです。

だけど、どんどん先へ行く友人たちや充実している日常を覗いていると、本当にどうしようもない黒い気持ちがぐるぐるしてきました

「なぜ、そんな気持ちになるの?」と言われても、言葉で共有するのは難しいんです。

キラキラした海外旅行とか、お客様が増えている、いいな・・・

宣言できる夢があって、私は○○がしたいと話せばいいねがたくさんついている・・・

比べて私はいつもコツコツブログ書いて、メルマガ書いて、写真加工して・・でも収入が増えたとかなくって、なんで生きてるんだろうって落ち込む。

周りから言われる「がんばってるよ」も聞こえなかった

一番しんどかったのが、2017年の12月くらい。

離婚の原因や、過去を振り切れてない自分、笑顔とリア充ばかりのfacebook・・それに比べて何の実績もない自分に行き止まりを迎えていました。

ちょうど、ブログ仲間との月イチ食事会だったときに、自分が情けなくて顔を上げられなくて、ずーっと下を向いたままで、暗くて「心配してくれ」オーラも出ていたと思うのです。

 

私の周りはとにかく黒い状態で、もうダメです、ブログ辞めますって思ってた。

 

周りから見たら「イクミさんは頑張ってるよ」と言われても、私の視界はワタシ中心になっていて思う様にいかない自分しか見えていなかったんです。

どうしようもない状態から浮上できたのは、信頼している先生に黒い気持ちを全部吐き出したことです。

facebookをやめようって考え始めたのは、誰かに言われたわけじゃなくて、その方がスッキリすると思ったから。

スポンサーリンク

facebookをやめたら「自己満足度」が上がった

ガマンしても辛いだけ

フェイスブックをやめて、ちょっとだけ身軽になりました。

ただ、どのモバイルでも見れないから時々やってしまう「のぞき見」をして勝手に自分で落ち込むことは、きっとないでしょう!

「どんな生き方しててもいいのか」と人を気にしない自分で居られるようになりました。

その思いは前からあったけれど、SNSに疲れて辞める決意をしたことで「自分らしい」ことにオッケーを出せるようになったんです。

そんな時に、ブログ仲間が贈ってくれた文面がすごく響いたんですよ。それはね・・

いやー、SNSの変なエネルギー、あれは良くないねw

自分らしく、心わくわくさせながら
誰になんと言われても
好きなことをしながら
大切な人を大切にしながら
そんな自己満足な人生がいいんじゃないかと
心から思うね。

人に見られることは、刺激になって良いものだけど「誰かになんか言われたら」「嫌われたくない」から、いつも笑顔ばかり。

本当は悩んで迷って、毒を吐くくらいが人間らしいのに・・!って。

いつのまにかfacebookが、ポジティブフィールドになってて引きこもり人見知りな私には眩しすぎたんですね。

こうして、年齢は違ってても同じ気持ちを通ってきた人がいることが何よりも私は嬉しいのです。

SNSを辞めても会える人こそ大切にする

私がよく伝えているのは、SNSという狭いフィールドよりもリアルで会える友達や同僚、恋人をもっと大事にしてほしいということ。

SNSはツールのひとつに過ぎないんです。

 

本当に大事なのは、会って話すこと。声を聞くこと。

 

話したら笑えること、まじめな話も恋愛も言える関係って素晴らしい! 

いくつになっても、ファミレスのドリンクバーで何時間も話せるって実はすごい。

すぐに携帯をいじってしまうのは、その場にいる意味がもったいないし、なぜ居るんだろう・・と問いてみたい(私も時々やってしまいますが)

30代後半になって、周りが結婚出産と変わっていく中でも連絡を取り合ったりできるのは、大事にしなくちゃなと思います。

 

しめのひとこと

昔は誕生日や年末年始になると、facebookを開きたくありませんでした。

誰にも反応してもらえない自分が哀しくて、投稿するようなキラキラしたネタもないしで辛かったな。

私は人間関係に辛いというよりも、フェイスブックとの距離が上手に取れなくて困っちゃった人です。

プライドが高いから、どこかでは1番になりたくてチヤホヤされたい私が写真を見ては落ち込んでたんですよね。

 

独身だから、結婚式のお写真バンバンタイムラインに流すのは「いいね」じゃなくて、やっぱり落ちるんです。

 

フリーランスだから、ワークショップやったり楽しそうな仕事風景をみても、やっぱり落ちてくんです。

 

でも、その気持ちに嘘はつかないほうがいい。無理やりポジティブにしなくてもいい。

アラフォー独身女性なら、誰にだって起こる感情だもの。

いいなーと思っていいし、しあわせになりたーいと思ったっていい。

そういうデスブラックな感情を持っている自分を受け入れてあげるのが何より特効薬だと私は思います。

 

思いきれるならSNSを辞めてみるのもいいし、アプリを消すのもアリです。

感情の向こうにある行動こそ、自分が変わっていくために必要なことだし、言える相手がいるならどんどん吐き出した方がいいです。

疲れるまでSNSに依存しないことが一番!!

振り回されるのは時間がもったいないですよー!!

読んでいただきありがとうございましたー!

 

 

もう1つ読んでみる? SNSに疲れた時に寄り添いながら癒す記事はこちら▼

SNS依存で悩んで疲れたアラフォー独身女性が1日スマホをしまってみて変わったこと。面倒なこと。

その人生絶望的…夢をあきらめたアラフォーが辛いから立ち直る方法