単発派遣というスポット副業の働き方をアラフォー独身の私が選んだ5つの孤独な理由

派遣ではたらく

おこんにちわ!

 

冬の好きな食べ物はぜんざい!おもち!おもち!の独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

 

私、本業他に副業もやっています。いくつかやっている中でアラフォー女性にもおすすめしたいのが副業の単発派遣。

今日は、アラフォー独身の私がなぜ正社員にならずに本業+副業単発派遣をやっているのかそのお話し。

 

アラフォーの転職が進まない、そんな時はスポット派遣という働き方で生活の危険を回避

日雇い・スポット・単発派遣に対する「ワーキングプア」の冷たい目

最初に伝えたいのは、正社員をしていると派遣よりも下に見られるのが単発派遣というもの。

 

アラフォー世代、30代後半の人はうっすら覚えているでしょうか?「ワーキングプア」という言葉。

ワーキングプアとは

正規雇用者 (正社員) と同じようにフルタイムで働いても貧困から抜け出せない就業者。
「働いても豊かになれない。どんなに頑張っても報われない」という、「働く貧困層」のこと。

実は、ワーキングプアは失業率が問題になったアメリカで生まれた言葉だそうです。

 

日本では、日雇いや失業率の問題の時に話題になった言葉ですよね。私も当時は契約社員だったので特に気にすることはなかったのですが、ふと日雇い派遣をやるときに思い出しました。

 

最初にお話ししておきたいのが、

 

単発派遣で生活するのは危険!

 

社会保障も何もない、独身女性で正社員からの生活水準高めできた女性たちにとってはキツイです。ほんとほんと。

 

36歳なのに、正社員にならずスポット派遣で働くのは不安な将来にケリつけるため

annca / Pixabay

 

私がスポット派遣でお仕事をするのは、生活費のためではありません。

始めは生活費のためだったんだけどね。私にとって1年間で家賃の次に大きい投資のお金が足りなかった。ギリギリまで続けるか悩んだけど、1年かかってもコツコツお金を貯めて勉強しようとおもったのが大きなきっかけです。

 

生活費のためだと、終わりのない毎日にハマってしまうから、独身女性がスポット派遣をするときはできたら明確な目的があるといいです。

 

そんな私は今でもスポット派遣を続けています。その理由を5つに分けてみました。

1 決められた仕事をやる方がよかった

接客業は、自分から考えて主体的な動きが求められます。

マッサージは、お客さんの「痛み」「疲れ」「不足しているエネルギー」を復活させるのに、与えられた時間で考えて施術をしています。これが意外と頭使うんです笑

 

倉庫業のときにもあったけど、1日が大きなルーティンワークになっていて体力は使うけど、感覚的にする仕事が多いのです。

行けば「この仕事です」と言って渡されるのが、結構ラクなんです。考えたり質問したり勇気のいることも多いけど、楽な面があるのは本当です。

 

2 空いた時間で自分の予定に合わせた仕事ができる

時間に縛られない仕事ができるのは、本当に大きいです。

 

来週は、生理で体が動かないからちょっとここは頑張らないでおこうとか、来週はがんばらないと!とか自分の時間にあった仕事ができます。

仕事が決定するまで、派遣先の名称が分からないのは不安だけど慣れてしまえば、同じ場所に通って名前を覚えてもらうとちょっと嬉しいんですよね。

 

3 電話がイヤな人に!アプリで勤務管理ができるのが良い!

私は電話が苦手です。通話だけプリペイドにしたいくらい。

 

そんな、見知らぬ人からの電話が苦手な人にも朗報。私が登録しているランスタッドは、アプリで勤怠管理ができます。これがものすごいよい!

 

応募から勤務報告書の提出まで、一貫してアプリで行うことができます。

 

メールでしか応募ができない、緊急の求人も多いのですがアプリでも十分使える!他の単発派遣会社さんでは、まだまだ開発が進んでいないアプリ。ランスタットでは使い方で楽なスポット派遣が叶います。

4 大手会社で仕事をすることができる

私が通勤できる範囲には、大手ECサイトが多い地域です。

楽天、アマゾン、ゾゾタウン・・・テレビで見るような大きな大きな倉庫でお仕事することができるんです。

 

これは一般派遣でも言えることですが、正社員やバイトでは難しいところを派遣会社を仲介して、憧れの企業にこっそり行くことができるんです。

 

この商品はこんな感じ?とかモノの流れをみると、ちょっと世界が変わりますよ。

5 めんどくさい人間関係に苦しまない

これ!

 

会社の人間関係に疲れちゃった、独身女性にはこれがちょうどいいのです。

いわば、1日限りの人間関係。

 

 

気に入ったら、継続的に勤務すればいいし、無理してもたった1日だけの人間関係だと思えばちょっと楽になりませんか?

 

私も、あーいやだいやだと思った現場もあります。

反面、すごく良いお仕事が出来てて継続的にお世話になっている場所もあります。それを選びながら、リハビリしながらお仕事が出来るメリットは大きいですね。

 

ランスタッドの派遣に登録している人は単発お仕事がすぐできる?

実は、ここが勘違いしやすいところで私も困っていました。

 

ランスタッドの単発派遣がやりたい!そう思って最初から登録会に参加していれば、問題ありませんが、私のように先に普通の一般派遣(事務とかの)の登録を済ませている場合は新しく登録が必要になります。

 

その理由はこの記事アラフォー女が働けなくなる日がくる!? 日雇い派遣を週末副業でおすすめしたいのに難しいよー!で書いているけど、普通の派遣よりも条件や提出書類があるため、新たに登録会に出なくちゃいけないのです。

 

もちろん、スタッフNOなどは今まで使っていたものを利用できるので、書類を書いて終わりなんだけど、最初分からなくて困りました。

その逆は、簡単に行くと思うのでスポットで登録していたら、支店などに電話して聞いてみるのが良いですよ。

 

しめのひとこと

ランスタッドのスポット派遣は、他の大手スポットに比べると業種も少ないかもしれません。

 

でも、なかなか出来ないような面白いお仕事もあるんですよ。

試験監督や、行政の資料まとめ、おもちゃのピッキングやテレビで見たことある商品を手にできるという、普段のデスクワークからちょっと体を動かせるお仕事で、気分転換できるのもおすすめです。

 

色々な働き方を知っていると、正社員が特別と思わなくなったり、アルバイトでもスポット派遣でもアラフォーの働き方は色々選択肢があることに気づくことができるんです。

 

社会的にどういわれても、自分の一番体を壊さない働き方でいたいですよね。

 

ランスタッドの単発派遣についてはこちらから

単発・短期のバイト派遣求人はランスタッド