今年こそ引き寄せたい!100個の夢を叶える手帳で願いをリスト化した中身を大公開

手帳の活用方法

こんにちわ!ゆたんぽせらぴすと・イクミです。

 

実は、2018年に入ってからコッソリ続けていることがあります。今まで恥ずかしくてブログでは公開できなかった、夢手帳というのを作っています。

昨年は途中で書かなくなってしまったので、今年こそ!!とトライアゲインしたのが今年。

引き寄せや、新月のデクラレーションなどをバカにしていた私でしたが、何を改心したのか急に目覚めてしまいました。

半年経って、リスト化している夢はいくつ叶ったのか、中身の写真と共に報告します。

スポンサーリンク

夢をかなえる手帳は100円? ラッキーカラーがおすすめ

セリアで購入した手帳

夢をかなえる手帳は、セリアで買いました。

普段持ち歩く手帳は無印良品で購入しているので、この夢を書く手帳は家に置きっぱななし。そのため値段は関係なく、色だけを重視して買いました。

色はどうしてもラッキーカラーの白が欲しかったので、パールがほんのり入った編み風ビニール表紙の手帳をセリアで購入。108円。

 

自分の七曜が一白水星なので、白かブルーを探していました。

2017年の手帳をラッキーカラーにしたことで仕事運が上がったので、自分の中で白じゃぁぁぁー!と思い込みしています。思い込みも大事ね。

とにかく書くこと、シンプルで1年持ち続けられるものをキーワードに選びました。

書いたら叶うは自分次第。手帳を活用した100の夢リストの書き方

実際の目標は多く書きすぎず。たまに見直す。

夢をかなえる手帳の書き方を私は2つ、3つくらいに手帳の中で区分けしています。

月の目標は超具体的に数字や名前を出す

夢かな手帳なので、夢でいいんです。

マンスリーページには、毎月の目標を数字で書くことが多いです。例えばね

  • ブログ記事300達成
  • 貯金100万円達成
  • 収入が3万円増えている
  • メルマガ読者200人

などなど目標をちょーっと高めに設定しています。

数字を出すのは、夢に具体性を持たせるためにわざと出しています。ただ○○がしたい、とか、△△に行きたいだけだとフワッとしているので「○円溜めて遊びに行く」とか「ライブ2公演行く!」とかですね。

書き方は「~したい」じゃなくて「~できてる」と叶ってること前提で書いています。

新月のデクラレーションも手帳残しています

毎月訪れる新月。新月のある時間帯に願い事をすると高確率で叶うと言われています。

書くことで脳がインプットして、効果が上がると本で読んだりブログ仲間に教えてもらいながら、実践しています。

ネガティブな考え方を全て肯定的に書き換える「アファメーション」と言われる方法に、占星術や潜在意識などへのアプローチを盛り込んだのがデクラレーションという開運法です。

新月という、空に関わる開運法は毎月訪れる星座にちなんだ願い事をすると叶うと言われています・・・

が、私はデクラレーションが苦手なの・・・

2ヵ月に1回くらいのズボラ周期で書いていますが、なんとまぁぼんやりした夢で書きにくいのです。

書き方もあいまいだから、願いが叶っているの?という不安が見え隠れしています。でもやってみないと始まらないので、ズボラに続けています。

理想の恋愛についても願いを書いてみる

何かの本で読んだ「理想の恋愛(彼)の特徴を書くことで、引き寄せが起きて書いた人がやってくる」というのを読んだ単純な独身女性は、これはやってみたいとこの白いセリアの手帳に書き留めました。

絶対人には見せられない、デスノートかというくらい悪の教典ですが、この理想の人についてはまだ願いが1個も叶っていません。チーン。

スポンサーリンク

100個の夢をかなえるためには、手帳にコツコツ書くことが重要

実際の100の夢リスト

セリアの手帳は、後ろに100リストが書きやすいフリーページがあったので活用しました。

100個の夢リストは本当にかくのが大変で、今年初めて書いたけれど全部書くのに2ヵ月近くかかりました。

書き上げたら放置しておいて、7月に入った時に何個叶っているかな?とチェックしてみました。

結果、23/100

思ったより叶ってないですね・・・でも中には、仲間の猫に会いに行くなんて書いてあったり、合同ワークショップがやりたいと叶ったことがあります。

 

何個叶うか、ではなくて、夢見ていた憧れが現実になってるんだよ!という事実にもっと喜ばなくちゃいけませんね。

100の夢をかなえるリストは、捨てたいモノとか行きたい場所、食べたいものを書いています。

例えば、駅弁を食べるとか、お好み焼き屋に行きたいとか書いてある。自分の欲のままに書いていいと思うし、この夢リストは年始じゃなくてもいつからでも書けるのが良い所。

 

しめのひとこと

夢手帳は書いても、見返すようなことはほとんどしません。

まず書きだすことで脳にインプットさせるのが目的なので、バッと書きだしたらそっと寝かせておきます。

今まで、自分はダメな女で夢とか明るいことを妄想したって無駄なんだ・・と思っていたけれど、手帳に願望を書くくらいは誰だって許されていると思うのよ。

今年の夢が叶った中に「離婚を後悔しない自分になる」というのがあったのね。

これも、書いたから・・ではなくて、書くことで気持ちの変化を半年でゆっくり引き寄せたのかもしれないな。

 

宇宙の法則があるよと雑誌や本に書かれているけれど、法則よりも「すべては言ったもん勝ち」だと思う。

言わないでうじうじ悩んで、結局何もやらずにハンカチ噛んでみているなら、やってみればいい。失敗したり、合わないならすぐに辞めることが出来るのが手帳のいいとことろ。

お金もほとんどかからずに、信じられなかった引き寄せが起きると「おおお!」と自分を誉めたくなります。

そんな経験、いろんな人にしてもらいたいなー!

 

スポンサーリンク