たった1人で生きる独身女性にこそタイ式マッサージを受けてほしい。いろり会のヒミツ。

マッサージへの想い

アラフォーになると、汗がべとべとします。

おこんにちは。

アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです。

私がアラフォー女性にお届けしているマッサージは大きく分けて2種類あります。

  • タイ式マッサージ
  • ふむふむセラピー

どっちも気軽に行けない、おっとこれは何だ?という気持ちになりますよね。

マッサージを扱うテレビとか雑誌って、ダイジェスト版で悪いところを印象付けてしまうことが多いのが悲しい。

私なら「マッサージ行きたいけど、苦手なんだよなー」というアラフォー女性の疲れた気持ちを一緒に解決していきます!

ここで、私がやっているタイ式マッサージについて語らせていただきます!

※マッサージという行為は、基本的に国家資格保持者に認められている単語です。

ここではセラピーよりも馴染みやすい言葉として引用しています。ご理解くださいませ。

 

 

  • 仕事が終わるといつもグッタリして電車にのる
  • また怒られた・・・
  • 将来が不安で狭い箱の中にいる感じ
  • タイ式ってなんか変なイメージがあるんだけど・・・
  • マッサージに行きたいけど、めっちゃ怖い!
  • 知らない人やられるのは嫌だなぁ
  • イクミさんのタイマッサージなら受けてみたいなぁ~

こんな思いがちらちらする人は、このまま読んでください!

スポンサーリンク

狭いところで窮屈な人生を解放したいから「和室」にこだわってる

私が普通のボディケアのお店にお仕事に行かない理由もここにあります。

私のタイ式は、床でやっています!

しかも和室なので、家の部屋でくつろいでいるような安心感があります。

 

アラフォー世代なら、昔の家に和室があって、ふっと香るイグサで脳裏によぎる思い出なんかもあったりしませんか?

私がとにかくおすすめしたいのはこのポイントです。

普通の30分のお店って、ほとんどが自分の身幅よりちょっとあるベッドなんですよね。地面よりも上がるから、気持ちが良いんですがなにせ

 

寝返りが打てない

 

顔がかゆいときガマンしなくちゃならない(私だけ?)

 

くしゃみするのも、ドッキドキ・・・

 

私のマッサージのポイントに「しゃべれるゆとり」があります。

まるで、縁側でうたたねするような気分って、独身1人暮らしだと味わえませんよね。

実家でそんなことしたら、もう「あんた!帰ってきてまで~」と怒られること間違いなし!笑

 

SNSとか職場の人付き合いに疲れ切った独身女性こそタイ式を受けてほしい理由

120分=「     」

このカッコに入るものを考えてください。

 

映画1本分?

ディズニーの待ち時間?

東京駅から岐阜羽島まで?

お昼休憩まで?

実は、この120分がタイ式の基本マッサージ時間なのです!

私もはじめは2時間なんて、できるの?と思って勉強していくと2時間なんてあっという間なんですよね。

私自身は90分~120分の間という形でご案内をしていますが、120分になっちゃう理由がちゃんとあります。

人生に追われる独身女性のために、時間を忘れることを覚えてほしい

普通のマッサージは時間に追われています。

実際に行くと、

「そうなんですね~じゃあ上半身多めにやりますね」

こんなやり取りで、肩ばっかりやってもらって気持ちよい~にはなるものの、あだだだだ!と翌日痛みが出ることも。

辛いところをやるのはごもっとも!私も好きですもん!

 

でもね、ちょっと頭をひねってください。

あなたの体って肩だけで出来ていますか?

肩人間?はぁ?

それそれ!それが正解です。

 

有名なヘアメイクアップアーティストさんが言っていたのが

「顔って言ったって、1枚の皮で繋がってるのよ」

私たちのカラダも同じこと。

頭も足も腕も、独立している部分じゃなくてぜーんぶが繋がって「私」なんですから、肩こった~っていつも肩ばっかり「かわいそうに」としてあげたら、他の部分がそっぽ向いてしまうんです。

だから、タイ式マッサージでは「全身の調和」を120分かけてやります。

スポンサーリンク

素直に言える信頼関係をコツコツ作っていきます

いろり会でも、お話ししているんですが独身女性は本当に我慢強いんです!

だって、周りが結婚していく背中を見ても泣かないし、自分の決断した答えが間違ってるか不安で家に帰ったら途端に涙したり、生活のために働いてても文句は言いたいことの半分くらい。

本当は叫び出したい日だってあるのにね。

 

私も、1時とか2時に家に帰ってくるんですよ。

駅のホームの電気が消えるのを見ちゃうと「私ってなにやってんだろう。このままでいいんかな」と思って、でもまた働かなくちゃいけない。その気持ちは誰にも言えなかったりしませんか?

そんな時にマッサージを受けると、大抵無言になる。

 

「痛くないですかぁ~」

「大丈夫です~」

 

本当は痛いのに!

めっちゃゴリゴリされてるのに!

でも、痛いって言ったら相手を困らせてしまう

ああ、でも痛いなぁ

(寝る)

みたいなね!

 

だから、私のマッサージを受ける人には「絶対痛いって言ってください!むしろ痛くなくても言ってください!」なんて冗談ぽく言っています。

これをやってほしくて、会話の時間を多く取っていると言ってもいいくらい。

転職を繰り返した私だから「会話」を大事にしたい想いを話します

辛いとき、嬉しいときの感情をぐっとこらえない

痛い!これはとってもストレス発散になります。

普通に暮らしていて「痛さ」をガマンする機会の方が多くないですか?例えばインフルエンザの注射とかね・・・

もちろん、痛くしようぜイヒヒ!と悪代官風にやっていませんのでご安心を!袖の下も何も隠してませんから!

 

今、どんな風に感じているのかを口にすると自分の五感がね安心するんですよ。

そっかー今気持ちいいんだねーって。想うのも大事ですが、痛いとか、眠りそうとか、寒いとか言ってあげるのは私も嬉しいです。

そうしないと、信頼関係が気付けませんもの!

 

これからの更年期に気付ける大事なマッサージの時間

マッサージって、自分のカラダの不調に気付く良い時間だと思います。

眠れなかった人がぐーぐ―いびきをかいているのを見ると、安心します。

 

タイ式はアクロバティックな動きがあるのでは?と思いますが、どこで間違ったんだろうか・・・程よく体を伸ばすストレッチと指圧を組み合わせているから、体が硬くても大丈夫なのです。

私もカラダ固いのです。恥ずかしいけど・・・

 

マッサージ=痛いもの=イヤだ

 

これがあったり、どうしても合わないこともあります。

体質だったり、相性もあると思うので私がいくら「良いですよー」と言ってもやっぱり合わないなーという方もいます。

その想いも話して下さったら、私も嬉しいのです。

 

もちろん、最初からは大変です。

35年以上かけて作られた体を、数時間で何とかすることはできません。

でも、ちょっとずつ何かが変わるお手伝いができたらと「いろり会」を通じてお伝えしています。

 

しめのひとこと

この文章、書くのに勇気がいりました。

自分のセラピスト人生って10年くらいになるんですね、

ブランクがあってもやりたいと思ったことを文章にするのってとっても難しくて、でも10年やってきてやっと「理念」のような、ちいさな塊が出来て、人に話せるようになりました。

 

10年前、24歳の時にタイ式を覚えてデビューしたときと今と、まったく違う気持ちで向き合っています。

数じゃなくて、私を必要としてくれる人にどれだけのおもてなしが出来るかどうか。

見た目じゃなくて、想いを大事にして「いろり会」を毎月やっています。

 

今一歩踏み出すことができない、でも何か変わりたい。仕事でも暮らしでも。

私と同じようなアラフォー独身女性のために、毎月マンツーマンの時間で話したり、笑ったりしています。

 

いろり会は、メールマガジンに登録いただくと優先的にご予約ができます。

ウラ話や、アラフォーのリアル生活などもメルマガでこっそり伝えています。

メルマガ登録してプレゼントをもらう!

 

 

もう1記事読むならこれがおすすめ!タイ式マッサージや想いを書きました▼

仕事とも同級生とも違う、和室でごろごろマッサージで癒しの時間【8月いろり会】

人生に仕事に疲れきった30代女性こそタイマッサージがおすすめの歴史的な理由