何から見ればいい?の前に知っておきたい。刀剣乱舞アニメと舞台メディア関係図

オタクでいいじゃない

おこんにちわ、アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです!

アラフォー世代の私たちがアニメやマンガを好きになった時は、2.5次元舞台もなかったし、小説やドラマCDに騒いでました。カセットテープとかあったなぁ。

今では、映画、ゲーム、舞台派生が多くて何がなんだかわからない!追いきれないyoooo・・・刀剣乱舞もまさに追いきれないしお金も足りないオタク要素のひとつ。

しかも配給会社が違うから、リリース形態や宣伝方法も色々あって初めて好きになるときは「何から見ればいいの」?って困ってしまいます。

 

これから刀剣乱舞を好きになりそう、好きになったばっかりの人にぜひ読んで欲しい、2.5舞台やアニメなどのメディア関係性について解説です。

あくまでも一個人の考え方です。刀剣乱舞は想像することがとても面白いので、それぞれの考え方があります。その点をご理解くださいませ!

スポンサーリンク

刀剣乱舞の人気の理由はなんだろう。相関図から考えてみた。

拡大すると良く見えます!

上の手書きの図が、刀剣乱舞の大きな4つの派生ものについて書きました。

このそれぞれについて解説しますね。

「すべての始まり」DMM.comの刀剣乱舞オンライン

DMMでの刀剣乱舞はゲームであり、一番最初の源流です。

DMMありがとうけんらんぶ!

元々はパソコン用ゲームとして始まったのが発端で、その数年後にスマホ用ゲーム「刀剣乱舞Pocket」がリリースされ大注目されます。

派生するための母体のようなもので、他のアニメや舞台に登場する刀剣男士は必ずこのゲームで顕現(リリース)されています。

同時という稀なこともあるけれど、基本的に最初はゲームでキャラクターが出てくる感じです。

そのため、アニメや舞台のクレジットには必ず「原案:刀剣乱舞-ONLINE-DMM/ニトロプラス」のような記載が書かれています。キャラクター設定は引き継いでいるのでこのような表記なのです。

元々DMMというサイトは、オンライン動画の販売やゲームが主体だったので、ミュージカル刀剣乱舞、舞台刀剣乱舞のライブ配信やアーカイブ配信などもやってくれる素晴らしいサービスもやってます!!

審神者(さにわ)はプレイヤー自身なので特に喋ったりはしません。審神者についての用語解説はこちらの記事で詳しく解説しています

 

PCブラウザ用「刀剣乱舞オンライン」をプレイする

刀剣乱舞-ONLINE- Pocket

刀剣乱舞-ONLINE- Pocket
開発元:DMM GAMES LLC.
無料
posted withアプリーチ

アニメ:刀剣乱舞-花丸-

アニメのうち1つは、ハッピーエンディング! 常に波風も愛おしく、穏やかな気持ちで見れる「花丸」です。

最終回の手前になると急に不穏な空気になって、視聴者をビビらせてくるけど大丈夫。怖くない怖くないよと思ってます。

オープニングが可愛い、エンディングもキャラソンで可愛い、そう全部が可愛いで出来ているシュガーアニメ。

花丸は伝説のミュージカル回があり、その後語り継がれることが多いです。ぜひyoutubeで「長谷部 うどん」で検索すると面白いものが見れます。

画面に入り切るだけ刀剣男士をつめこんでくる、出来るだけ出してあげようというスタッフの心意気が好き。

アニメDVDやキャラソンの販売はTOHOアニメーション。

アニメ続『刀剣乱舞-花丸-』公式サイト

アニメ:活劇 刀剣乱舞

花丸より少し遅れて始まったのが「活劇」シリーズ。アニメFateシリーズでおなじみのufotableが制作を手掛けています。

OPカッコいい、アクションシーンで思わずコマ送りで見てしまう(7話)とにかく陸奥守と和泉守にハマるアニメだと思っています。

花丸に比べて、刀剣男士が少なくメインは6振り。話はシリアスで、アクションシーンはいい。

私は全体を見る前に7話の戦闘シーンだけ先行して布教されました。どーん。

堀川君の下半身が割としっかり書かれているので、私的にはたまりません。むふーん。でも色々解せないところもあったりする。

決定的に他の舞台やアニメとの違いは、活劇の本丸(刀剣男士たちが顕現する場所)は審神者が顔出しして活躍します。

刀剣乱舞に置いて、審神者というのはプレイヤー自身という原案があるので受け入れられない人も結構多いけど、私は大丈夫でしたよ。

声優はゲーム、花丸アニメと同一。山姥切の振り幅がすごい(活劇はシリアスだから)

映画化が決定していますが、一体いつ公開なのか全くわからない。

アニメ『活劇刀剣乱舞』公式サイト

2.5次元舞台:ミュージカル刀剣乱舞

別名ジャニーズ本丸。通称:刀ミュ(とうみゅ)、ミュ

歌って踊れる精鋭ぞろいの刀剣男士があなたのお越しを待っています。

審神者が喋ります。加州を「清光」と呼ぶ声が優しすぎてちょっとこわい。好きだよね?すごい好きだよね?

 

2.5次元なので、舞台で急に歌いだすことがあります。慣れない間は心の準備ができないので、急に近くにくるとかハートが崩壊して俳優沼にはまります。

全体的に軽めのテーマ。歴史を知らない私の入り口は刀ミュからでした。

歴史改変を阻むのが刀剣男士の使命(全てにおいて共通のテーマ)なので、思いっきり元の主(歴史上の人物)と絡んでいる。でもそこがフワッとよさみ。

1部ストーリ→ 休憩→ 2部ライブパートの流れが鉄板。

アイドルターンが襲ってくる2部パートは、ファンサービス(ファンサ)がすごい。役者のなりきり度合いも最初からカーテンコールまで貫いているので役者としての挨拶は全くなく「巴形薙刀だ!」というあいさつになる。徹底ぶりがすごい。

時間遡行軍も踊る(おそらくバイト代が出ている)

背中も脇も出すのに半裸にはならないというチラ見せ商売に鳥肌が立つ。脇処理の徹底ぶりがすごい。

舞台上の刀剣男士キャストさんは、明らかにお客さんを意識して掌で転がしているので「ほれほれ見たいだんろう?近う寄れ」感がある。ありがとう最高です。

ということもあって、ジャニーズみたいなファンサうちわが大流行しているが、キンブレと共に胸の前が定位置。むしろショータイムも立ち上がることが許されないのでジャニオタは最初うずうずする。

歌によって掛け声が若干存在するけど覚えなくても大丈夫。えおえおあ覚えなくても今剣に怒られません。きっと・・・

CDデビュー、紅白歌合戦にも出ていて年間通して役者もファンも忙しい。

毎年「真剣乱舞祭」というのを開催されていて、どんなつわものでも「目が足りない」「何度見ても全員追えない」と言わせるほどの再生回数を叩きだせる公演。

ミュージカルの制作会社はネルケプランニング。情熱大陸にも出演された2.5次元の仕掛人松田さんがプロデューサーとして動いています。

真剣乱舞祭2018レポはこちら

2.5次元舞台:舞台 刀剣乱舞

全ての公演において、ひとつに繋がる伏線が張られていて本気でメンタルアタックが止まらず泣いてしまう。

通称:刀ステ(とうすて)、ステ

審神者は完全にしゃべらない(存在はある)悲伝上演時に審神者が出てくるけど、基本的には刀剣男士が一人芝居で会話をする。

全体的に重めのテーマ、原作に忠実なキャラクター設定なので「刀剣破壊」「折れる」というキーワードが常に見る側にちらついてくる。

とにかく全員の殺陣がすごいのに、汗が見えない。どうなってんの?

ミュと違い、刀剣男士はこちらを意識していないので、舞台上で生きている感じがある。自然、すっごい自然。

歴史が好き、ある程度の見解がある、ミステリー要素や考察が好きな人は刀ステから入っても良いと思います。

ある程度の完結がされているけれど、2019年に新作上演が決まっているので「あの人がどうなるの?」という不安がぬぐえない。

歌は1曲か2曲、オープニング程度でダンスも少ないです。しかし、上演時間がとても長いため腰痛持ちの人は必ず整体に行ってから来た方がいい。舞台は4時間近くあって、マチソワ(昼夜)あるとキャストの人が休む時間が2時間ほどしかないこともあって、ファンの間で体力やケガが心配されていた。

ミュでは死ぬ=折れる=刀剣破壊ということについて深く考えないけれど、刀ステでは禁断のテーマにガッツリ触れてくるので気持ちが破壊される。

重いテーマなので、日替わりコーナーで笑いのクッションを入れてくる。伝説の「長谷部 おはぎ」は何度見ても好き。

制作は2.5次元舞台を多く手掛けるマーベラス。脚本はシリーズ通して末満健一さんがやっています。そう、アニメ版ハイキューやボールルームへようこそなどプロダクションIGの脚本もやっている方。

悲伝 結の目の不如帰ライビュ・グッズレポはこちら

 

しめのひとこと

刀剣乱舞のすごいところって、すべてのジャンルで制作会社や配給会社が違うということ。

私は、アニメも舞台でも制作会社とか音楽作っている人は誰かなとか、変な視点で見ているので刀剣乱舞のメディアの上演期間、告知期間が被らないようになっている仕組みもすごいと思った。

全部を網羅したいファンが、年間予定を立てやすいように組んでいるのです。

実際、2018年にあった大規模な京都博覧会(刀剣展示)もステやミュの公演はなく、ファンが展覧会に集中できるようにしてくれていますしね。

制作会社間のやりとりをDMMがチェックしているのか分からないけれど、そういった連携が取れているからこそできるワザではないでしょうか。

 

今回の記事は、私が刀剣乱舞に興味を持ち始めた時に友人からもらった言葉が随所に盛り込まれています。

初めて読んだ時は、ステ?ミュ?破壊?なにそれ?と分からないことだらけだったのに、今では名前も俳優名も言えるようになってしまいました!

自分でも成長っぷりがすさまじいと思うし、まだまだ知らないことがたくさんなので探検状態で楽しいです!!

 

では、今日はこの辺で!

読んでいただきありがとうございましたー!

つづきの記事はこちら▼

刀剣乱舞、何から見ると面白い?アニオタが2.5沼落ちした楽しみ方

 

 

 

 

読めば好きになる!刀剣乱舞「完全まとめ」はこちら!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました