元ジャニオタおすすめペンライト!通販ですぐ買える2.5舞台必携キンブレ

刀剣乱舞

::: 最 新 記 事 :::

おこんにちわ、アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミです!

ミュージカル刀剣乱舞は

1部:ストーリーパート(演劇)

2部:ライブパート(歌)

の2部構成です。

1部と2部の間には休憩があり、その間にお客さんはカバンの中からハンカチの代わりにアレを準備します。

光る棒・・・ペンライトです!

最初ってペンライトは何色を振ればいいのかわからないし、振り方も揃えないと恥ずかしいって思いますよね。

この記事では、初めてミュージカル刀剣乱舞や真剣乱舞祭を見に行く方に分かりやすくペンライトの使い方、おすすめペンライトについてペンライト歴20年の元ジャニオタ、アイドルオタのイクミがお伝えします!

ではレッツ「棒振らNight!!」

スポンサーリンク

ミュージカル刀剣乱舞を初めて見るなら公式グッズのペンライトがおすすめ!

奥の2本が公式ペンライト(手前は市販のもの)

ミュージカルでは、毎公演グッズ販売にペンライトが必ずあります。

価格は1,500~3,500円ほどですが、これがめちゃくちゃ便利です!(真剣乱舞祭では色数が増えるためペンライト価格が高くなります)

公式ペンライトのメリットは

  • 出陣(出演)している刀剣男士のイメージカラーがセットされている
  • ストラップがオシャレ、毎公演違う
  • ミュージカル刀剣乱舞のロゴ付き
  • 非常時のライト代わりになる(特にホワイト)

デメリットとして

  • 毎公演買わなくてはいけない(出演者が変わるため)
  • グッズが増えていく、収納に困る

初めてミュージカル刀剣乱舞を見に行くなら、公式ペンライトを1本購入するのがおすすめです!!

ロングストラップは首からかけられるタイプなので、手汗でペンライトが吹っ飛ぶこともありません(私は過去につるんと飛ばしたことがあります)

全ての刀剣男士にはイメージカラーがあります。

ミュージカル刀剣乱舞では、刀剣男士が歌っているときにイメージカラーを振るため、公式ペンライトには初めから出演者すべての色がセットしてあります。あわてて色を探す手間がなくなります!

公式ペンライトを買うには? 事前通販はある?

ミュージカル刀剣乱舞のグッズはインターネットでの事前販売はありません。(2019年2月現在)

通販はすべての公演が終わったあと、公式サイトから申込ができます。これは、大量購入による転売防止策かなと思います。

公演の会場では、前日に「事前グッズ販売」があります。時間に余裕があるときは、事前販売を利用しても良いですね。

公式ペンライトを買うなら、会場で実物を見て買うのが一番です。

 

これでライブは完璧! ペンライトの振り方と刀剣男士のイメージカラー

刀剣乱舞に出るキャラクターたちには、それぞれイメージカラーがあります。

公式で「この色!」と公言されているのはミュージカル刀剣乱舞のみですが、公式グッズや刀剣男士の服装から推測するのも楽しいです。

刀剣男士のイメージカラー

ミュージカル刀剣乱舞に出演しているキャラクターには、ペンライトに使うイメージカラーが発表されています。

その一例はこちら

三日月宗近:ブルー
小狐丸:イエロー
石切丸:グリーン
岩融:パープル
今剣:ピンク

男士が増えていくと・・

物吉貞宗:コーラルピンク
髭切:ペールイエロー
膝丸:ペールグリーン
蜻蛉切:パープルピンク
和泉守兼定:ペールブルーグリーン

だんだん分からない色合いに・・!

ペールでブルーでグリーンってなんだろうとなりますよね!

この小さな色の変化を作ってくれるのが公式ペンライトなのですー!

何色を振れば良いのか分からない

公式ペンライトを買ったけれど、一体何色を振ればいいのか最初はオロオロしますよね。私はなりました!

ミュージカル初心者さんが抑えておきたいコツは3つだけ!

  • 歌っている刀剣男士のイメージカラーを振る
  • 好きなキャラのイメージカラーを貫く(あくまで出演者から)
  • 曲に乗ってリズムを打つ感じで縦に振る!(胸の前で)

基本は舞台で歌っている刀剣男士のカラーを振るのがいいですね。

[voice icon=”https://jyoshinokaimono.xyz/wp-content/uploads/2018/05/s128_f_object_174_0bg.jpg” name=”” type=”l”]刀剣男子の名前や色が覚えられていない場合、周りの人を見れば大丈夫でしょうか??[/voice]

周りの人に合わせて色を変えても大丈夫です! 色の変更に慣れていない時は、最初に出た色のままずっとペンライトを振っていても大丈夫です。

会場を見ていると、ずっと同じ色のまま振っている人もいますし、100均一のペンライトは単色なので私も最初に見た時はずっと紫振っていましたよ。

[voice icon=”https://jyoshinokaimono.xyz/wp-content/uploads/2018/05/s128_f_object_174_0bg.jpg” name=”” type=”l”]多少他の人と色が違っても大丈夫でしょうか??[/voice]

色も振り方も人と違っても大丈夫です。特にペンライトは市販のものを使っている人も多く、会社によって色味に多少の差があります。

応援する気持ちがあれば大丈夫です!! 案外お客さんは見ることに必死で周りのカラーについては気にしていません!!

振り方は周りを見ながら。タイミングは休憩を狙って

1部のストーリー、演劇中にはペンライトはしまっておきましょう。

出すタイミングは1部と2部の休憩中がベストです。その間に点灯チェックもできますし、落ち着いて色の設定もできます。

そして、気になるペンライトの振り方はリズムに乗って振っていれば大丈夫。

ライブパートは基本座って見るものです。ペンライトは振り上げずに胸の前で、周りの人を見ながら振りましょう。

初めて観劇する人でも、とりあえず振っておけば楽しめます!!

合いの手、コールアンドレスポンス曲はある?

他の2.5次元や、声優ライブには掛け声・合いの手を入れる曲がありますが、ミュージカル刀剣乱舞では少ないですね。キャーは沢山あるけれど!

例として挙げると、

♪獣→ Say 押忍!(オッス!)

♪えおえおあ→ サビ部分

コールアンドレスポンスは、曲中にこうやるんだよーとキャストさんが教えてくれるので、知らなくてもライブを楽しめます!

掛け声は必須ではないので、曲を覚え始めたらで良いと思いますよ!

ライブビューイングでペンライトは必要?

初めてミュージカル刀剣乱舞を見たのが、ライブビューイング「真剣乱舞祭2017」大千秋楽公演でした。

それまで演劇はあったけれど、2.5次元モノは初めてだったのですが、友人が「ペンライトを持って行くとより楽しめる!」と勧めてくれたのでダイソーで2本買って行きました。

ライブビューイングは、ずっと座っているし無くても良いけどあると楽しいというのが私の意見です。

会場に居なくても、会場と繋がってる・・そんな気持ちにさせてくれるのがペンライトだったりします。

初めて買ったペンライトはこちら(画像あり)

 

お金をかけない人におすすめ! 公式ペンライトを買わない方法

さて、ここで気になるのが公式ペンライトを買う必要ってあるの?という疑問。

実は私、公式ペンライトを買っていないのです・・いつか欲しいけど公演に行くお金で精一杯なのです・・!

初めてペンライトを購入したときは、ミュージカル刀剣乱舞「つわものどもがゆめのあと」ライブビューイングでした。その時はこんなにハマるとは思わずに・・・100均一で買ってしまい大後悔!

公式だと色数が限られてしまうのと、100均一は1回使うとゴミになってしまう問題を解決してくれた商品がありました!

 

もし、市販品を買うなら絶対におすすめしたいのがキングブレード!通称キンブレです。(以下キンブレと呼びます)

キンブレは株式会社ルイファンジャパンから発売しているペンライトです。

[box class=”yellow_box” title=”キングブレードおすすめポイント”]

  • 公式ペンライトと同じ棒状
  • よく光る!
  • 最新は自分で色を作ることもできる
  • 好みの色でセットリストが作れる
  • 1度購入すれば他のライブでも使える [/box]

公式ペンライトと同じ棒状なので、見た目に違和感もありません!

キンブレは、めちゃくちゃ発光が良いので2.5次元舞台ではロングセラー商品ですし、アイドルや声優ライブなど色々な場所で使われています。

キングブレードで自分好みのペンライトを作ろう

ミュージカル刀剣乱舞では、出陣する刀剣男士の数も増えてきてカラーチェンジが多くなりました。

キンブレはデフォルトカラーが15色入っています。

光り方も色々あり、すんごく光らせたい!目立ちたい!ときは「シャイニング」タイプ。

私のように光りすぎて目に残像が残って疲れてしまう人や、視力が弱い人は「スモーク」タイプがおすすめです。

色のチェンジも、持ち手下のボタンで前後に戻れる機能があるので15色で行き過ぎた!戻りたい!という時でもサッと操作できます。

色のメモリー機能が全種類についているので、公演ごとに色分けしてセットしておけば公式ペンライトと同じように使えてお得です!

キンブレやペンライトの電池が切れるタイミングは?

キングブレードもペンライトも、電池で動いているので1年に1度ほど電池交換が必要です。

そこで気になるのが、電池の切れるタイミングです。

突然消えてしまうのか、徐々に光が弱くなるのか・・・それを刀ミュトライアル公演から応援している三日月推しの友人に聞いたところ

[voice icon=”https://jyoshinokaimono.xyz/wp-content/uploads/2018/05/s128_f_object_174_0bg.jpg” type=”r”]淡い色の調光が出来なくなってきたらヤバイ合図[/voice]

と教えてもらいました!

淡い色は、例えばペールグリーンとか、ホワイトイエローみたいなパール系、パステル系の色って作りこまないとできないので電池の消耗が激しいんだそうです。

その色ができづらくなってくると、原色に近いハッキリとした色が出てくるので、そうすると電池の寿命間近だということ。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

キンブレの光り方を動画でチェック!

【キンブレ】100均サイリウムよりも使えるおすすめペンライトはキングブレード!

 

しめのひとこと

実は、私は一度キンブレを手放したことがあります。

水樹奈々様のファンクラブを辞めた時に、もう2度とライブでコレを使うことはないなぁと思って売りました。

一緒に奈々様オタクしてくれた友人とも疎遠になって、オフ会とかオタ会でキンブレ振り回すことなんてないと思っていたけれど・・

 

刀剣乱舞をミュージカルから好きになって、曲を好きになって、舞台を見て真剣乱舞祭に行くようになって、いつの間にか私の手元には離れたはずのキンブレがありました。

やっぱり私にはライブやペンライト曲って人生に無くてはならないものなのかもしれません!!

もちろん買うときは迷いましたよ。

キンブレも安い買い物ではないし、100均一でいいんじゃない?と何度も自問自答しました。

ペンライトを買うと、配信やライブビューイングで持っているだけで気持ちが盛り上がるんです!!

周りの濃いファンの人と一緒だという共感もあるし、何よりも私も振っていいのねー!わーい!という素直に楽しめることが本当に嬉しい。

 

ミュージカル刀剣乱舞って、年代関係なく推しの名前を叫んだり「キャー!」って言っても恥ずかしくない場所だと思います。

それはファンの人の年齢幅が広くて、劇場に行くとアラフォーの私でも「私だけじゃない」と安心できる。

曲を予習するよりも、簡単にできるのがペンライトを買って応援することです!

ペンライトを振るだけで、本当に舞台は12倍は楽しくなります!

ぜひマイペンライトを持って一緒に劇場に行きましょうー!

 

私が愛用している「目に痛くない」キングブレードはこちら▼

created by Rinker
ルイファン ジャパン(RUIFAN JAPAN)

キラキラ光るタイプが好きな方はこちら▼

 

 

[box class=”pink_box” title=”待ってたよ!”]

DMM.comで真剣乱舞祭2018の動画アーカイブ配信がはじまります!

スタートは2019年3月4日(月)13時から

DMMだけの特典は、キャストコメント! 楽しみですね〜!

アーカイブ配信の特設ページはこちら

[/box]

 

 

 

もっと好きになる!刀剣乱舞「完全まとめ」はこちら!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました