刀ミュ史上かわいく、美しい。加州清光こと佐藤流司のトップを走り続けるプロフィール

オタクでいいじゃない

刀剣乱舞、超初心者なアラフォーオタクせらぴすと・イクミです。

刀剣キャストさんにスポットを当てた連載も5回目です。

毎回長文にお付き合いいただきありがとうございます!

 

恥ずかしい話、刀ミュを好きになってから1年経っても、ずっと加州清光だけは何も私に引っかかってこなかったんです。

加州清光って、人気ありすぎだし歌はうまいし赤は似合うし「ふーん」くらいしか思ってなかった。

でも、ミュージカル刀剣乱舞の阿津賀志山異聞を見たんですよ。出遅れ感満載でね。

でもいまは、何見ても思えるんですよ

KMK(清光カワイイ!)

ヘイホー!

と夜な夜なツイッターに壁打ちし、妄想をして未だ見ぬ本物の加州清光に心動かされています。

と、いうわけで加州クラスタという言葉も生まれている程の人気を持つ、加州清光役、佐藤流司くんのプロフィールに大接近します!

 

2.5次元舞台からアジアツアーや歌手活動も!佐藤流司くんは本気だ

この4枚目のお写真の横顔が良すぎる。崎山丸さんのポジションにヒィ・・!

ミュージカル刀剣乱舞での加州清光って、主に愛されたい、そのためにキレイにしてるねって設定があるんです。舞台でもちゃんと赤のネイルアートまでしててめちゃくちゃ細かいんですよね。

そしてかわいいとカッコいいを併せ持つ、小悪魔。小悪魔。KOA★KUMA!YEAH!!

「ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣 アジアツアー Blu-ray&DVD 発売告知動画」

飼い猫の名前やNARUTO出演歴まで!佐藤流司くんのプロフィール

本名:同じ

生年月日:1995年1月17日(24歳)

出身地:宮城県

身長:172センチ

血液型:B型

デビュー:2011年(仮面ライダーフォーゼ)

事務所:劇団ひまわり

バンド名:The Blow Beat(2018-)

主な舞台:NARUTO(うちはサスケ)ミュージカルテニスの王子様2nd(財前光)御茶ノ水ロック(片山始)

飼い猫:ぷにお、もちお

使用SNS:ブログ、Twitter、Instagram

ミュージカル刀剣乱舞って、歌とお芝居があるから歌唱力の高い人が多くて(三浦宏規くんやspiさん)佐藤流司くんもその一人。

刀剣乱舞に出演が決まった時にはもう結構人気があったので、私が彼を知った時には「佐藤流司の名前が載ると、チケット倍率が20倍は上がる」の異名が流れていました。

音外さない、踊りながら歌えるという歌唱力が評価されて、2017年には単騎出陣=ソロライブを全国で開催しました。

そして2018年1月にはThe Blow BeatのRyujiとしてCDデビュー! アルバムや配信シングルなどコンスタントに活動しています。

 

刀剣乱舞の舞台だけでも相当忙しいのに、どこにそんな余力があるのか不思議です・・めちゃくちゃ忙しい人なのにすごい。

忙しいのかSNSの更新頻度は少なめ。しかし、最近インスタグラムを始めたと公式ツイッターで告知がありましたね!

佐藤流司くん公式インスタグラムはこちら

 

忙しくて家に帰ったとき、ひとりが寂しくなって猫を飼い始めたのはファンの間でも有名な話。

最初に飼い始めたのが、ゴールドカラーのぷにお。ぷにおが一人だと寂しいからって、マンチカンのもちおがやってきます。

流司くんだって可愛いのに、猫も可愛いよ・・・罪だ。

自分が家を空けるときは、同じ刀剣乱舞キャストで小狐丸役の北園涼くんにお世話を頼んでいたようですね。お家が近所なのかな?

 

佐藤流司くんの人気が爆発的になったのは、刀剣乱舞の加州清光役ですが、それ以前にも2.5次元舞台の登竜門「テニスの王子様」に出演経験もあります。

人気が出たのはテニプリだけでなく、ジャンプで人気のNARUTOシリーズでサスケを演じたのも記憶に新しいですよね。

2019年には、また流司くんがサスケにカムバックしてくれるので楽しみです!

幼少期より芸能界に憧れていたようで、早い時期からバンド活動していたりオーディションを受けたりして人前に出る経験や歌唱力を磨いていたようですね。

今は劇団ひまわり所属ですが、売れてきたら事務所が変わることも予想できそうです。

 

刀剣男士よりヤバい!佐藤流司くんのバンドThe Blow Beatのライブはガチロック

2018年にデビューした、佐藤流司くんがボーカルを務めるバンドThe Blow Beatは元ペニシリンのHAKUEIさんがプロデュースしているガチロックのバンドです。

バンドの衣装とか、ジャケ写は基本流司くんソロなんだけど、世界観がゴスロリというかヴィジュアル系っぽくて加州清光が好きな人は割とリンクして好きになりやすいと思うの。

The Brow Beat 「The Brow Beat Live Tour 2019 “Hameln” at Toyosu PIT 2019.02.07」DVD発売告知映像

佐藤くんの顔って、ちょっと大きめの猫目で愛らしくもきつくも見えるユニセックスな顔立ちなんだよね。

役に入っているときは、ガハハって笑った顔がほとんど出ないからクールなイメージ。

 

でもオフショットで笑っているのをみると、めちゃくちゃ高校生みたいで幼く見える、歌っていると割と低音で来るからささやくように歌われたら落ちてしまう・・という多面性を持っている役者さんだと思います。

身長が172センチになっているけれど、刀剣乱舞の舞台では180センチの俳優がゴロゴロいるので佐藤流司くんの身長が小さく見える・・・小さくないんだけど顔立ちのせいもあって小柄に見えます。

舞台に死ぬ気で立っている佐藤流司から目が離せない

刀剣乱舞のソロライブ、加州清光単騎出陣は90分ずっと踊りっぱなし歌いっぱなしは大きな体験だったようで、初めて通し稽古をやった日に倒れたとエピソードで語ってくれていました。

2.5次元だとメイクばっちりだし、アイラインも引いているから素顔との差が大きいんだけど、佐藤流司くんてなんとなく加州清光とリンクするところがあると勝手に私は思っています。

赤が似合うし、完璧主義っぽいところがありそうだし。

何より人前に立ってお芝居を見せるために、ものすごい努力している。

素顔を見ても、俺はやってやる!って想いがめっちゃありそうな目をしていて、お姉さんはストイックなその魅力にグイグイ引き込まれてます。おおこわい。

スポンサーリンク

しめのひとこと

2019年には刀剣乱舞、加州清光として初のアジアツアーも完走。

世界規模の可愛いかしゅうになってしまうよ・・と驚きを隠せません(しかも佐藤清光クラスタ勢がパリより近い!と言っていることにも驚いた・・みんな財閥?)

音楽劇や映画、リアルフェイクやHigh&Lowへのドラマ出演も増えてきて、ファンが流司くんを見ることが出来るのがテレビだけ?ええーと思っていても、きっと彼は舞台や音楽で私たちの前に出てきてくれるはず!!

 

大学進学はせずに芸能の道に進んできた佐藤流司くん、その決心がテレビや舞台で開花し始めているのを見れて本当に楽しいです!

いつか本物の流司くんを見てみたい!と願わずにはいられない私でありました!

では、今回も読んでいただきありがとうございましたー!

 

 

キャストまとめ記事も熱量ハンパないです。

刀剣乱舞人気キャストをオタク視点で書いた愛の変態記事はこちら

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました