フィリピン旅行1週間の旅費はいくら?お金はどのくらい必要か大公開【お金まとめ】

完全まとめシリーズ

おこんにちわ、アラフォー独身女性のゆたんぽせらぴすと・イクミでっす!

フィリピン、ドゥマゲッティ旅行が終わってしまいました・・。でも写真や動画が手元に残っているので、まだまだ思い出は近くにあります!

 

初めてのフィリピン、セブ、ドゥマゲッティ旅行は約1週間滞在して、たくさんのことを感じてきました。

その中でも一番気になるのが、お金事情ではないでしょうか?

  • 日本円との両替レート
  • 旅費は全部でいくら?何が一番お金かかる?
  • クレジットカードは必要?
  • 買い物は安い?

など、フィリピン、セブ、ドゥマゲッティ旅行で感じたお金事情をまとめてみました。

英語が苦手な私が1週間海外行けた!英会話まとめ記事はこちら!

 

スポンサーリンク

フィリピン旅行でかかる旅費のすべて!個人旅行でも安く行けるコツ

島国は移動が大変!日程は余裕をもって

今回のフィリピン、ドゥマゲッティ旅行は、アテンドを現地に移住しているドゥマゲッティウォーカー高野さんに全てお願いしました。

フィリピン全体はレートが安く、日本円の約5分の1ほどと言われています。

しかし、飛行機だけは別モノ。どんな宿泊よりも一番高かったのはやはり飛行機チケット代でした。

  • 成田→セブ島(往復)
  • セブ島→ドゥマゲッティ(ネグロス島片道)

これだけで7万円以上はチケット代がかかりました。

現地でのホテル宿泊代は日本より安いです。ドゥマゲッティ市内のホテルでシングルルームなら2000円~4000円ほどで泊まることが出来ました。

セブ島の中心地でも一泊5000円以内だし、朝食やサービスも充実していましたよ!安すぎる!

フィリピン旅行でセブ島を経由、旅費はいくら?

日本円で、トータルで13万円くらいかなぁと思います(日本国内の空港までのアクセスなどは除く)

私は予算を18万~20万円くらいで組んでいたのですが、ドゥマッゲティやセブ市内での食費やお土産代がかからなかったのが安く旅費を抑えられたコツかなと思います。

もちろん、水着購入やパスポート申請もあったので色々入れると15万円でおつりくる程ですが、予想より安いですね!

なぜお金が安くすんだのか、ちょっと考えてみたら、一人旅やスーパーマーケットが大好きな女子には嬉しいことがたくさんありました!

クレジットカードは必須。海外旅行付帯のエポスカードがおすすめ

ホテルの決済もできる、クレジットカードが1枚あると色々便利です。

私は、楽天とエポスカードか迷っていて相談したところ、海外旅行保険がクレジットカードについているエポスカードを持って行きました。

実際にホテルで決済もできたし、空港での支払いも楽チンです。

ドゥマゲッティの街中では現金だったので、クレカの出番はほぼありませんでした。

 

初めての一人旅にフィリピンをおすすめしたい「お金事情」

写真はユーロだけど、フィリピンの通貨はペソだよ

予算よりも数万円安くなった、その理由はフィリピンの物価が安いお金事情がありました。

一人旅でも観光や食事代が安い

海外に行ったら、現地の美味しい食事は楽しみの一つですよね。

今回もちょっとおしゃれなパスタ屋さん、フィリピン料理レストラン、ファーストフード、フードコートなど色々行きましたが1食あたりは500円以下でした。

サンズリーバルで食べたパスタプレートも500円以下

日本なら800円以上は出費しそうな、写真のようなデザートドリンク付きパスタプレートも500円以下ですし、パスタ単体ですと200円ほどです。

この安さでやっていけるのだろうかと、経済状況も心配になりますよね・・・フィリピンは貧富の差があるため平均月収が安定しませんが、日本円で1万~4万くらいの月収くらい。まだまだ発展途上だなぁという感じ。

カップラーメンをお昼にした時は1食100円未満ということもありました。安すぎる(日本が高すぎることもあるけど)

ホテルに宿泊の場合、朝食が付いていることが多いので、旅行の中でも重要な食費は1週間いても4000円でおつりが来るほどです。

【ごはんまとめ】もチェック(準備中)

セブマクタン空港で買うおみやげは高すぎるので注意

休暇した勤務先や、実家、友人数名にお土産を買いました。

オタクで変態な私なので、普通のお土産では済まされません!

海外で買うインスタントラーメンや、謎のお菓子、カップめん、調味料が好きです。スーパーで狂喜乱舞した話は旅行記のなかで叫んでいますが、お土産は現地のディスカウントスーパで買いました。

ショップでかごいっぱいに、ジャンクフードを持った私をみてアテンドの高野さんがレジ越しに苦笑していたのを私は知っているのよ。見られた!と思って笑い合うのも楽しい思い出です。

約12人分のお土産をちまちま購入したけれど、400ペソ、日本円で800円くらい。

お土産は結局余るくらいになって、自分でも食べたりしているほどたーくさん購入できました。

これが日本なら、箱代とか包装代で12個入り850円とかだものね。

 

しかし、この安さには落とし穴がありました!

最後のセブマクタン空港では、倍額かかってしまったんですね。値札もなく、商品にドル価格のシールがあるだけ。

そこでちょこっとお土産買ったら、3000円くらい飛びました・・・!手持ちペソがなくてクレジットカードで支払ったけど、本当にクレジットカード合って良かった!

スポンサーリンク

 

 

しめのひとこと

おみやげといえば、5日目くらいに高野さんから「ドゥマゲッティに来てくれたお礼に」とひとつキーホルダーを頂いたんですよ。

それは、旅行に行った私と千聖さん、そして今回来ることができなかった仲間の1人へお揃いのキーホルダーでした。飾ってないシンプルなやつ。

これが本当に嬉しくて・・・高野さんは男性の方ですが「なんて素敵な心遣いができる方なんだろう!」と感動しちゃったんですよね。

大人になって、年齢を重ねるうちに色々なお土産やプレゼントをもらうけれど、こんなに想いのこもったモノを貰って嬉しすぎて、いつも使うリュックに付けました。

私もこんな風に人を招くような生活してみたいなぁと思ってみたり。

 

まとめのテーマである、お金の件も固定概念が抜けなくて《海外旅行=お金かかる・安すぎは危険》のような気持ちがありました。

行く前に、何度も「予算はいくらですか?」って聞いたし、投資できる金額が少ないことも事前に伝えておきました。

ありがたかったのは、一緒に行く人たちが「高級志向、リア充志向」ではなかったこと。

人より贅沢して、それを自慢するような人達ではなかったし、雰囲気やその場を楽しむことが好きな人ばかりだったので、本当にお金のことをも気楽に打ち明けられてよかったです。

 

やっぱり一緒に行く人は重要ですね!

好きな人と、好きな場所へ行くことができたのが何よりも私にとって財産になりました。

 

と、いうわけで今回はこのへんで!ありがとうございましたー!

旅で私を助けてくれた高野さんはこんな方です!女性の一人旅について色々聞きました!

高野さん イクミさん対談 セブにて

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました