39歳、生活の柱は2つの仕事。働いたっていいじゃないを大公開

アラフォーの仕事・転職

こんにちわ、ニニコです。
このブログを書き始めて5年以上が経ちましたが、その間に3回?4回?転職しています。
自分で書いててビックリを通り越して破滅的に怖いんですけど、ホント1カ所に落ち着かない女なんですよね。

占いとかだと、土の性質があってどっしりとか根付くのイメージなんですが、アーユルヴェーダというインド伝統医学によると私は「風(ヴァータ)」の性質を持っていて、一カ所に落ち着かない風来坊なんですって。当たりすぎてる!

そんな落ち着かない私のお仕事は、現在2つあります。
派遣事務と副業。この2つと他の色々な収入源について、自己紹介も兼ねながらつらつら書いていきます。
良かったら、読んでくださいませ。

[お仕事1] 在宅勤務なしのフルタイム派遣事務

生活費を支えているのは、派遣事務です。

4年前にも派遣事務を経験しているのですが、その時は暇な時間も多いしマインドも幼くて辛かったです。

4年前とは派遣会社を変え、仕事の目的も変えました。

仕事の目的:Excelが使えるようになること、一般的な事務仕事を1年続けること
時間:月曜~金曜のフルタイム、9時から17時半
時給;1,450円(交通費別)
残業:ほどほど

コロナ騒ぎになっても、仕事量も内容も変わらずに毎日通勤しています。リモートが難しい業務なので、他部署が在宅中も通い続けました。おかげで給与は減らずに、交通費ももらえているのでありがたいです。

派遣は完全に生活のためと割り切って仕事しているし、幸いにも職場に恵まれていて、失敗も素直に謝れるしエクセルも使えるようになりました。

正社員も探してみたのですが、長く接客業に就き事務経験が浅いアラフォーには正社員の道は狭すぎましたね。
派遣もそろそろ1年になるので、がんばったなぁと思っています。

しかし、1日座ってばかりなので腰痛と運動不足がヤバい。

[お仕事2] 週末だけのサロンセラピストが副業

セラピスト(マッサージ屋)を10年以上やっているので、友人が店主のお店に土日祝ヘルプで通っています。

副業だけど自分らしく楽しく仕事できる場所があるなら、間違いなくココです。

何と言っても店の雰囲気が私は大好きで、働かせてもらう上にお金まで貰って本当に(感動)ありがとう!って思ったのは初めてです。

月に5日、多いときで10日くらい働いています。15時から終電くらいまでパタパタと忙しくしている分、普段の派遣事務とは違う脳で考えるのですごくリフレッシュできるのです。

タイ式マッサージや足ふみをメインに施術しているので、今までの技術をフルで使うことができるし、何よりお客さんと話ができる楽しさもあります。

仕事が残業続きの時はお休みもしていますし、店主の友人とは同じ1981年生まれなので、たわいもない話をして笑えるのも嬉しい。

副業したいから派遣事務をしている、そう言っても過言ではないかもしれないですね。

こちらの収入は投資や現金貯金に回しています。その辺はお金ブログに書くつもり。

[お仕事3] ブログ収入

毎月微々たるものですが、このブログからレビューを読んで楽天やAmazonで商品を買ってくれると私に数パーセントリターンがあるシステムを利用して、おこずかいを得ています。

一時期よりは減りましたが、それでも年間の維持費は軽く出ているので私がキーを打てる限り続けたいですね。

今はやっていないお仕事

フリーランスだった頃は、私1人でお客さんを呼んでマッサージもしていましたが現在は時間と場所に制限ができてしまい行っていません。

いつかはまた「いろりや」を再開できたらいいなぁと思っています。

ウェブライターも目指していたけど、きちんと勉強しないとにわかでは難しいですね。表現したいものが多岐にわたる私には気ままなほうがいいかなと。

そんなわけで、今2020年現在のお仕事について書いてみました。

副業を本業にしない理由

よく「どうしてセラピストを本業にしないの?」と聞かれます。

その答えは、セラピストだけになると視野が狭くなって、つまらなくなるからです。

逆にセラピストを辞めてしまうと、絶対戻りたくなるので細々と続けたい気持ちも持っているから辞められないんです。

戻りたくなる気持ちは4年前に体験しているので、細く長く続けたいと思っていた矢先に友人が誘ってくれたことが、私の転機になりました。

 

時代が変わって、1つの仕事が揺らいだ時に全て失ってしまう昔の会社依存では、私のような人間は貧困層まっしぐらです。

だから柔軟に対応できるよう、複業にして収入が伸ばせる働き方をいくつか武器にしておくと焦らずに生きていけます。

事務も接客も、単発派遣もアルバイトも、すべては自分の生きる道を広げるために使う武器です。

私は「働かない自由」は憧れがなくって、働いて人と関わり社会貢献を実感できると思っています。

まだ独身だし、将来どうなるか分からないし、1人で生きるために色んな職種を経験しておけば何かの役に立てるといいな。

40歳も近いし体力的に限界があるから、もう仕事は増やさない分、お金を増やすほうへ舵切りしていくつもりです!

ではでは、今日はこのへんで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました